22 September, 2020

Google Pixel 4評価:完璧でない現在、期待される未来

GoogleのPixel 4はおそらく間違いなく史上発売前から情報漏れが最もひどい携帯電話の1つです。市場のさまざまな情報で仕様を早期に晒しただけでなく、Google自体もたまに直接参加で、一番手の情報漏れ主です。 編集者のからすると、これは実際にGoogleが斬新な外観や仕様の利点を完全に追求しなくなって、主なソフトウェアとAI関連の機能に完全に転向したことを意味します。

これはPixel 4発売イベントでほぼ確認されました。発売イベント全体で、Pixel 4の外観について全く時間を費やさず、最後まで、Googleはほとんどの携帯電話の仕様についてすら何も述べていません。 Pixel 3時代と比較して、Googleが表現したいことはより明確です。私たちはユーザー体験を売りポイントとしており、より高速で魅力的なハードウェアを追求していません。

この哲学をPixel 4にうまく反映できますか? 一緒に見てみましょう。

新しい外観

Googleは携帯電話の外観を気にしませんが、マネして完全に言及しないことはできません。現代で人気のあるさまざまな派手なバックテクスチャと比較すると、Pixel 4はシンプルしすぎてしょうがありません。Pixel 3の特徴といえる背面の上半分と下半分で材質がはっきり異なる点もPixel 4でなくなりました。「ホワイト」と限定版「オレンジ」の2色は、基本的に指紋が付かないマットガラス素材を使用しています。理由はわかりませんが、黒色バージョンはミラーガラスを使用しています。指紋の汚れはすぐつくし、目立ちます。ただし、ほとんどのユーザーは保護カバーを購入するため、この部分の影響はそれほど大きくないはずです。

巨大な黒いカメラの正方形については…実際、さまざまなレンズの配置と配列方が今日、メーカーによって何度も試みられています。Pixel4の黒い正方形よりもっと奇妙な配列仕方はないこともないです。ですから、著者のわたしでは、 Pixel 4のこのデザインが必ずだめとはいいません。一目で認識できるPixel 4の特色と考えましょう。

Pixel 4のミドルフレームはアルミニウム製ですが、滑りにくいマット処理が施されているため、Pixel 3の滑らかな側面よりも握る際の安定性に優れています。下側にはUSB-Cインターフェースとスピーカーがあり、SIMカードスロットは左側に移動しており、右側には通常のスイッチとボリュームキーがあります。残念ながら、Pixel 4は、Pixel 3aのように3.5mmヘッドフォンジャックを追加しませんでした。また、USB-CヘッドセットまたはUSB-C-3.5mmアダプターを同梱していませんでした。狙いは、 Pixel Budsを購入させることでしょう。

最後に正面です。これは、Pixel 4の最も”伝統的な”部分でもあります。前髪画面、水滴画面は言うまでもなく、細いフレームのサーフェイス(曲面)画面すらありません。Pixel4はシンプルで従来の5.7インチFHD +解像度19:9の長いパネルです。Pixel 4 XLは6.3インチQHD +です(元はPixel 3XLの「前髪」も消えました)。ただし、Pixel 4では、Pixel 3の元「あご」にあるスピーカーを下側に移動したため、見た目はPixel 3とほぼ同じサイズですが、画面が少し長くなり、スペースが増しています。それでも、Pixel 4の画面サイズと本体サイズの比率は、今年の多くの新しいスマートフォンには比較にならないものです。

表示

外観上での「成長」はそれほどありませんが、Googleは画面の表示については取り組んでいました。 OLEDディスプレイによってもたらされる豊かでフルカラーに加えて、Googleは初めて携帯電話にAmbient EQと呼ばれるインテリジェントな色調整機能を導入しました。これは、フロントレンズによって感知される環境光に応じて色を調節し、最高のカラーディスプレイ効果を保証するために画面を調整することを意味します。全体的見ると、 Ambient EQ の効果はわずかであり、その存在は日常の使用では簡単には感じられないはずですが、これはAmbient EQ機能が達成すべき効果です。

もう1つのセールスポイントは、90Hzの更新率です。高い更新率の画面を備えた携帯電話は、特にゲーム機能をセールスポイントとしている携帯電話では珍しくありませんが、高い更新率が一般機能としている多くの携帯電話とは異なり、Pixel 4画面は必要に応じて即座に更新率を変更できます。 サポートされているゲームまたはアプリでのみ有効になり、それ以外の場合は低い更新率で更新されます。この機能は、以前はRazer Phone 2でしか見られなかったもので、Pixelスマートフォンのバッテリー寿命を少し長くすることができます。

意外なことに、Pixel 4の画面はそれほど明るくはありません。最大で450 nitしかなく、これはNote 10 / Note 10 Plusが主張するほぼ700nitよりも低く、iPhone 11 Proの800ニットよりはかなり少ないです。これは日常の使用には影響しないと思います。強い太陽光の下でも画面の内容をはっきりと見ることができますが、仕様の点では、Pixel 4は一流ではありません。

カメラ

Pixel 3は常に「単一レンズで世界に勝つ」を誇りに思っていましたが、Pixel 4になって、Googleはようやくマルチレンズがマルチレンズの利点を持っていることを認めました。元の単一広角レンズから12.2MP、f / 1.7広角レンズと16MP、f / 2.4二倍望遠レンズの組み合わせにしました。 公式仕様によると、メインレンズの視野角は77度、望遠レンズは52度で、スーパー解像度ズーム(Super Res Zoom)で8倍ズームが可能です。 著者が比較すると、ソフトウェアで直接ズームインするよりも、スーパー解像度ズームのほうがシャープなフィルターをつけたように感じられます。線ははっきりしているように見えますが、実際には詳細は追加されていません。

左:2倍ズームソフトウェアズーム/右:8倍Super Resズーム

今回のカメラのPixel 4の主な機能は「ライブHDR +」と呼ばれています。つまり、AIの進歩により、ビューファインダーでHDRの効果を直接プレビューし、HDRの効果細かい調整をしています。では、ライブHDRをオンにしてオフにすると、大きな違いがわかりますか?答えは…わかりません。Pixel4には、LiveHDR以外のカメラモードはありません。

当初、著者はHDR機能が未知の場所に隠されていると考えていましたが、実際にはHDRが標準のカメラモードになっています。表示されているすべての画像と撮影した写真はすべてPixel 4によって色調節されています。RAWファイルを開いた場合でも露光が調整されたものになります(すべてのPixelの写真はマルチフレームの重ね合わせの結果なので、重ね合わせる方法を決定するとき、通常のカメラの各ピクセルの露光同じことと異なります)。これは、携帯電話の写真撮影について前例のない開発であり、HDRの使用に長年慣れてきた(基本的にはオフにしない)が、私たちの心の中ではまだ「モード」の一つです。フィルターのような存在で、実際の写真ではありませんが、Pixelがここで伝えたいことは、HDRとAIの効果の結果はPixel 4の写真であり、それを使用しないことに自体ありません。 携帯電話で写真を撮影するには、ほとんど影響しませんが、普通のユーザーではおそらくそれを受け入れるでしょうが、写真を撮ったり写真を編集したりしている人にとって、そうすることはある程度の自由度が奪われることになります。

HDRシャドウ(暗い部分)調整の違い

HDRが「標準化」になった後、同時に露光コントロールも1つのスライダーから2つに変更され、露光と「コントラスト」を個別にコントロールできるようになります、つまりHDRダイナミック範囲の圧縮程度あるいは暗い部分の強調の度合いと理解してもよいです。 2つそれぞれの意味を理解していて、写真などを達成したい効果についてイメージを持っているユーザーにとって、これら2つのスライダーは柔軟性が高く、画像のさまざまな要素の露光を調整できます。あまり多くの選択をする必要はありません。しかし、普通のユーザーにとって、そのようなデザインは必ずしもことを容易にしたとは言いません。代わりに、ユーザーは2つのスライダーを微調整し、どちらの組み合わせが良いかを試すことに多くの時間を費やすようになります。ユーザー使用体験の簡素化と合理化を常に追求してきた(HDRがなくなるまで簡素化されました)Googleにとって、これは本当に予期しない決定です。

HDRに加えて、Googleはカメラインターフェースも大幅に変更しました。主な変化は、一番上の左端にあるさまざまな機能を表示するスイッチのを非表示にし、クリックして初めて展開されるメニューに変えることです。以前のライブカメラ、タイマー、フラッシュなどの機能に加えて、Googleはここにカメラ縦横比機能を配置しました。「4:3」と「16:9」の2つのオプションを提供しました。つまり、Pixel 4カメラではインターフェースに「ピクセル数」がまったく表示されなくなり、カメラの縦横比に加えて、オプションで「全画面」と「中解像度」のみを選択できます。最後に、Googleはメニューに元々隠されていた「ナイト」モードを外側の「パノラマ」モードと入れ替えて、「ナイト」モードを通常モードにしましたが、パノラマはグレードダウンされました。おそらくこれは、Googleが今後パノラマモードを強化するつもりであることを意味するかもしれません。

「ナイト」モード:2倍ズーム、手持ち時間約約4秒

「ナイト」モードといえば、今回は「ナイト」モードがさらに進化し、「星空写真」の機能が加わりました。 厳密に言うと、これは実用的な新機能というよりは見栄のようなものですが、その効果は驚くべきものです。 台北の深刻な汚染のある空でも、星を効果的に区別し、星座を簡単に識別できる写真がとれます。2倍ズーム(上の図)でも非常に高い安定性を得ることができます。 でも、星の写真を撮る日は年間何日行くことがありますか?いくつ汚染のない素晴らしい星空を見ることができますか? GoogleはNight Sightを進化させ続けており、テクノロジーの限界を押し上げることは良いことですが、一般の消費者にとって、これは主要な機能ではないでしょう。

HDRスライダーは、ナイトモードで適用される効果。 真ん中がデフォルト、左側へと右側へ調整することができます。

「ナイト」モード自体は、Pixel 3と同じです。想像を超える鮮明で明るい夜間写真を提供できます。 さらに優れた点として、Live HDR +の2つの露光スライダーはナイトビジョンモードにも適用できるため、写真の効果をある程度コントロールでき、ナイトショットを日中のようにすることができます。 ただし、 Live HDR +と同様に、最高の写真を完全に表現するにはいくつかの実験が必要であり、事前にビョンファインダーで「ナイト」モードをプレビューすることはできません。設定が合うかどうかを確認するには、撮影する必要があります。

写真を撮ると、写真のプレビューのボタンの上に小さな矢印が表示され、ボタンを押すと、ソーシャルアプリに直接共有するオプションが表示されます。 デフォルトでは「メッセージ」アプリのみですが、設定で3つまで増減したり、追加したりできます。

全体として、Pixel 4カメラは依然として一流であり、iPhone 11のカメラと比べるとそれぞれに独自のメリットがあります。 iPhone 11側は、細かい部分の表現についての優位になっていますが、色はよりリアリティであまりきれいなとは感じません。Pixel 4側には色、特に明るい部分と暗い部分のバランスについて非常に優れていて、さらにスーパー強いナイトモードも加えました。 本当に言うと、Pixel 4の最大の欠点は超広角レンズがないことです。ソフトウェアはズームを支援できます。たとえ細かい部分が少しでも失われたとしても、電話画面またはIMソフトウェアに写真をアップロードするだけのユーザーはあまり気にしません。しかし、画像を広く撮りたい場合は、不安定なパノラマ写真を除いて、簡単で実現可能な解決策はありません。

Motion Sense(Project Soli)

次に、Pixel 4の間違いなく主要な機能である「モーションセンス(Motion Sense)」を紹介していきます。コードネームが「Project Soli」と言います。 Motion Senseは、Pixel 4イヤホンの横にある小さな送信装置を使用して、電磁波を全方向に放射します。物体に触れると、電磁波が跳ね返され、受信装置で受信されます。 Soliチップは、受信機が”見たシーン”を分析することで、電話の近くで何をしているのかを知ることができます。リリース時のビデオから、 Soliは時計のの時刻を調整するボタンを引っ張ったり回したりするなどの非常に些細な動きを区別できることがわかりますが、Pixel 4に組み込まれている動きは、実際には比較的粗い「振る」などの動きにすぎません。 主にMotion Senseを3か所に応用しています。

最初は顔でロックを解除することです。手がPixel 4に近づくと、Motion Senseが意図を感知します。画面をオンにするだけでなく、顔のロック解除に備えて、フロントレンズを事前にアクティブにします。したがって、スマートフォンを手に取り、顔がフロントレンズの検知範囲に入ると、Pixel 4のロックが解除されます。このロック解除の速度は、私が使用した携帯電話の中で一番二番ぐらい速いです。基本的には、携帯電話を持ち上げてロックを解除できる程度です。さらに、別に手で携帯電話をスライドする動作をする必要はありません。全体的な使用体験は印象的、心地よいです。ただし、ロック解除の速度は問題ありませんが、この機能自体には欠陥があります。これについては、後で別のセクションで説明します。

2つ目は、音楽再生のコントロールです。 音楽の再生中に、スマートフォンの上部に手をかざすと、前の曲または次の曲にジャンプできます。前の曲へ、次の曲へは、左から右へまたは右から左に振ふることが設定できます。 この機能は非常に直感的で操作が簡単です。基本的に、手を振る速度が速すぎたり遅すぎたりしない限り、スマートフォンで感知できます。 視覚的な補助として、手が電話の上部に近くにあると、受話口の下の位置に小さいライトが付きます。手が左右に動くと、この「小さなライト」も左右に動き、 ソリが手の位置を判断しているのがわかります。 Motion Sense機能が効かない場合は、ライトの位置を見て、少しだけ練習すればよいです。 この機能の最高の部分は、画面がロックされているときでも機能します。電話をリモートデバイスとして音楽を再生している場合、電話をロック解除してアプリでコントロールせず、電話を「リモートコントロール」として使用できます。

3つ目は、目覚まし時計のコントロールです。アラームが鳴っているときは、電話に手をかざすことで、アラームが消され、10分後に再びなることになります。音楽のコントロールと比較して、この目覚まし時計の機能は少し微妙であると著者は感じます。なぜなら、アラームに起こされた瞬間ぼやけている状態であって、電話の正確な位置を実際に知ることは困難であり、上から振るのが難しいためです。実際、使用した初日の朝、ベッドどこにスマートフォンを置いたかを忘れてしまい、しばらく捜したところ音は消えましたが、目が覚めました。

Motion Senseが提供した3つの公式機能のうち、顔のロック解除する機能は、実際には加速度センサーを使用して電話が持ち上げたことを検出し、フロントカメラを起動するほうがそれほど遅くありません。手を近づけると、携帯電話が「準備」しているのが本当に面白いことですが、それがどれほど重要であるかを言うのは難しいです。残りの2つの機能の中で、目覚まし時計をオフにする実用性は疑問に思います。音楽の再生をコントロールするのは素晴らしいですが、再生/一時停止のジェスチャーやボリュームコントロールのジェスチャーはありません。 Motion Senseの力まだ十分に活用されていません。

まとめると、Pixel 4の主な機能として、Motion Senseは以前に見られた類似機能(LGがフロントレンズを使用して手の位置を光学的に認識するバージョンなど)よりもシンプルで、認識率ははるかに高くなりますが、実際に活用できることは非常に限られています。GoogleがPixel 4にMotion Senseを使用する機能を引き続き追加できることを願っています。特にもう1つ言及する必要があるのは、Motion Senseセンサーが電話の前面にあるため、これらのすべての機能を使用する前に電話を表向きにする必要があります。したがって、スマートフォンを下向きにすることに慣れている友達、またスマートフォンを適当に置く友達の場合は、Motion Senseのために習慣を改める必要があります。

上記はすべて「公式機能」ですが、Motion Senseはサードパーティアプリケーションに応用する可能性もあります。ここでは、会社ポケモンと協力して「ポケモンウェーブハロー(Pokemon Wave Hello)」とustwo games によって開発された「Headed South」の2つのゲームを提案しました。ポケモンウェーブハローは非常にシンプルです(シンプルすぎると言うべきです)。基本的に、「振る」と「画面の前にキープ」の2つのジェスチャーを使用して、ポケモンの5つのニーズに対応します。ニーズに満たされたら新しい仲間を呼んできます。一つのゲームというより、 Motion Senseジェスチャーの練習かつ「ポケモン 剣盾」の広告と言ったほうが妥当です。

相対的に言えば、Motion Sense で「Headed South」のプレイする価値ははるかに高いです。Monument Valleyの開発チームとGoogleによって開発したゲームで、テーマは3D環境で飛行し、前に飛んでいる鳥の飛行経路に追いつき、あなたと一緒に南へ飛ぶといったゲームです。残念ながら、「ルートをたどる」という部分は画面上でタッチして行うので、追いかけようとしているときだけ画面上部を振るジェスチャーで最後のスパートができます。小さなゲームですが、実際にはとても楽しいです。残念ながらMotion Sense は補佐メカニズムになっています。Motion Senseを直接使用して鳥の飛行をコントロールできれば、もっと面白いでしょう。

最後に、Pixel 4はまた、Motion Senseで使用できる一連の限定ライブ壁紙も発表しました。これらの壁紙のほとんどは、画面の前で手を振ると、画面の要素がそれに伴って揺れます。まるで手で振った風に吹かれているようです。唯一の例外は、ポケモンの壁紙です。これは、ほぼロック画面に移動した「ポケモンWave Hello」の「シンプルバージョン」です。 5つのポケモンをデスクトップに呼び出すだけでなく、手を振って頭を触ることもできます。ポケモンは、夜眠るだけでなく、周辺環境も昼夜、天候によって変化します。

今、Motion Senseはできることはさほど多くありませんが、著者とGoogleスタッフの間の話の結果によると、Googleは一度に多くの機能を持ち出すことを望んでいません。一度多数の機能を出して消費者を困らせているようです。 ユーザーと開発者の最初のフィードバックを収集した後、GoogleはSenseの開発方向を決定するつもりです。これが事実である場合、悪いことではありません。ただ、MotionSenseが誰もそれを使用しないことで、開発者に減り、開発者いないと、Motion Senseはさらに誰も使用しない悪循環に陥る心配があります。 Motion Senseはほかのハードウェアと合わせて使用する必要があるため、他の多くのメーカーが短期的に採用することは困難です。

もちろん、「レーダー」として使用される電磁波の帯域がすべての国で承認されているわけではないため、Motion Senseはすべての場所で利用できるわけではありません。 公式ではすでに、日本は販売されているが使用できない唯一の国であることを述べています(関連するサポートは2020年の春に到着する予定です)。販売していないところでの使用は難しいでしょう。

その他のAI機能

Pixel 4はMotion Senseに加えて、音声認識に関連する2つの新しいAI機能も提供しています。1つは「リアルタイム字幕」、もう1つは新しい「録音ツール」です。

リアルタイム字幕は、携帯電話の音源出力信号から直接テキストを識別するシステムレベルの音声認識ツールです。そのため、使用するアプリの影響を受けません。動画を見ているときや電話で話しているときでも、リアルタイム字幕を楽しむことができます。 使用中は、音量ボタンを押すと、インスタント字幕のスイッチが表示されます。起動後、小さな黒いバーが画面に表示され、Google AIの聞き取りの結果が黒いバーに表示され始めます。 この黒いバーは必要に応じて画面内で自由に上下に調整でき、画面の下部から押し出すことで閉じることができます。

著者の実際のテストによると、リアルタイム字幕の効果は話者の話す速度とアクセントに大きく依存しますが、話のスピードは遅く、アクセントが標準語に近ければ近いほど認識率は高いです。しかし、高速な日常会話であっても、リアルタイム字幕は7割、8割ぐらい聞き取ることができ、たまに間違いがあっても、視聴者は簡単に修正できるはずです。唯一の問題は、現在は英語しかサポートされておらず、翻訳機能がないため、英語を練習したい人を除いて、ローカルユーザーにはほとんど役に立たないはずです。

新しい「録音ツール」は、類似機能を備えたもう1つの応用です。今回は、テキストとして即座に入力します。現在電話で聞いている音(音楽、話、拍手など)のタイプを自動的に分析します。テキストと録音ファイルは時間上では直接対応しているため、テキスト検索によって録音内の特定のセグメントをすばやく見つけることができます。また、プログラムはタイムラインを使用して、録音のどの部分が話であるか。どの部分は音楽であるかを示します。

著者は、いくつかの異なる外国のYouTuberビデオを記録することにしました。その中で、話が早かったり、話のアクセントが方言っぽかったり、言語障害者の音声すらありました。全体として、Googleの認識率は95%を超えています。つまり、20文字ごとに一つ誤りが発生します。しかし、短いテスト期間中、編集者は日常生活で英語のスピーチの状況に遭遇せず、実際の環境で認識性能をテストすることができませんでした。それにしても、生徒がクラスのコンテンツを記録したり、記者がインタビューを記録したりするには便利なツールです。現時点では英語しかサポートしていないため、実用性が大幅に低下します。

顔認証

以前の顔認証機能にいくつかの問題がありますが。まず、Pixel 4の顔認識では、目が開いているかどうかが検出されないため、眠っている場合、他の人が簡単にあなたの前にスマートフォンをかざして、スマートフォンを使用できます。これは明らかに大きなセキュリティ問題です。Googleはまた、「目が開いているかどうかを確認する」オプションを増やすと約束しましたが、それが数か月にかかる理由はわかりません。その前に、睡眠中にスマートフォンのプライバシーが心配な場合は、保証として「パスワードまたはパターンを必要とする画面ロック機能を有効にする」ことはGoogleが提案しましたが、そうすると高速の顔認証を楽しむことができなくなります。

次に、顔認証は現在、一つ顔情報の入力のみをサポートしています。 Pixel 4の顔のロック解除はかなり厳しくて、だまされるのは簡単ではありませんが、それが厳しすぎる可能性もあります。著者は、化粧を施すだけでは顔のロック解除があなたを認識できない可能性があることを発見しました。顔認証で複数の情報がサポートされている場合は、すっぴんと化粧の両方を保存すればよいですが、現在のところ、できないためPixel 4の顔認証の実用性が大幅に下がります。

最後に、Pixel 4には、顔認証以外の生体認証方法はありません。アプリ内認証にTouchIDの代わりにFaceIDを使用することを選択できるiOSとは異なり、銀行などにログインする場合、Pixel 4でパスワードを入力することになり、指紋を使用してロックを解除することはできません。この違いがどの程度影響を与えるかは、個人の使用習慣によって異なりますが、Pixel 3と比較すると、少し後退したともは言えないでしょうか?

その他の使用体験

上記の「主要でポイント機能」に加えて、Pixel 4および4 XLには、Android 10では一般的に利用できないいくつかのユニークな機能もあります。 たとえば、ディスプレイ設定では、Pixel 4はスタイルをデスクトップと統合し、フォント、アイコン、色、アイコンの形、壁紙の設定を一連のカスタムプリセットに設定して、すばやく切り替えられるようにします。著者は、一旦外観が決まれば、ずっと変わらないタイプなので、あまり実用的ではありませんが、気分で頻繁に外観を変える人にとっては、この新機能は大満足するはずです。

これまでソフトウェアについて説明してきましたが、これはPixel 4がフラッグシップのSnapdragon 855プロセッサとハードウェアの背後にある6GBのRAMでサポートされているため、ユーザーエクスペリエンスが非常に優れているためです。 それが一般的な使用でもゲームをしていても関係なく、スムーズな使用体験が実現できます。基本的にそれは他のAndroidの機種と大差はありません。

しかし、Pixel 4には大きな弱点があります。それはバッテリーです。 Pixel 3の2,915mAhバッテリー(XLは3,430mAh)はすでに大きすぎず、Pixel 4は消費電力の大きいハードウェアを追加していますが、バッテリーは再び2,800mAhに縮小されています(XLは少し大きい、3,700mAh)。これは、実際の使用にも直接反映されています。著者は、午前12時にフル充電のPixel 4を持って出かけ、途中にインターネットを共有して使用し、さらに、約50枚の写真を撮りました(ゲームはしませんでした)。午後の約4時間までに、電力は58%までに低下しました。

このデータから見ると、一日中の使用は問題になることはおそらくありませんが、気楽に過ごしたい場合は、通常の出かけの場所で充電する方法があるか、モバイル充電器を手持ちにする必要があります。しかし、それで、1〜2年使用し、バッテリーが劣化し始めた後、著者のPixel 4の状況は少し微妙になる可能性があります。したがって、バッテリーのみの観点からは、バッテリーが少し大きいPixel 4 XLの方が適しています。

最後に、Pixel 4ではフルサイズ写真の無料アップロードサービスが提供されなくなり、新しい会員には3か月分のGoogle One 100GB無料試用サービスしか提供していません。もちろん、フルサイズの写真をアップロードすることもできますが、これはお金で購入したストレージスペースを消費します。

結論

Pixel 4は、評価しにくい携帯電話の一つです。一方では、新しいLive HDR +調整レバーから、高速顔認証、Motion Sense、さらにはAIリアルタイム字幕や新しい録音機能まで、ほぼすべての機能が気に入っています。しかし問題は、これらの各機能には、多少の残念な部分があります。例えば星空モードがほとんど役に立たなく、顔のロック解除にセキュリティ上の懸念があり、利用可能なMotion Senseの範囲が狭い、AIリアルタイム字幕や新しい録音機能は英語のみが対応などです。

これにより、Pixel 4は、少なくとも現状では、大きな可能性が秘めた宝庫のように感じられますが、どこにから入ればよいかはわかりません。あるいは、未来の携帯電話と現代の携帯電話間の中間製品のようなものです。ただし、Pixelスマートフォンを購入する重要な意味の1つは、Googleの新機能と新しいソフトウェアをできるだけ早く入手できることです。これらの欠点の多くは、アップデートによってGoogleが簡単に解決されます。Googleも Pixelスマートフォンに新機能を追加するのに人、モノ、お金が惜しいことはありません(ナイトモードなどは後で追加されました)。

したがって、現在のPixel 4は完璧ではありませんが、これからです。すべてのPixelスマートフォンと同様に、購入するのは外観、仕様、ソフトウェアだけではなく、Googleと一緒にスマートフォンの最先端アプリケーションを探索する機会です。これこそPixel 4の真の魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です