ホーム > >

Google版のAir Drop、「Nearby Share」(周辺ユーザーとの共有)を体験する

Android 10ではAndroid Beam機能が削除されてから、ファイル転送サービスがAndroidプラットフォームで約一年間空白のままでした。

ベンダーレベルの相互転送標準に加えて、Googleのプラットフォームレベルのファイル転送サービス「Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)」も、昨年6月に初めて公開されて以来、大きな注目を集めています。 数回の名前の変更を経って、この機能は本当に「Android版のAirDrop」と言え、ようやく次々とユーザーに薦め始めました。

Mobile Direct Fast ExchangeとAirDropと比較して、GoogleのNearby Share(周辺ユーザーとの共有)での使用体験との違いは何ですか?そしてそのメリットは何ですか?

(ほぼ)すべてのプラットフォームで、古いデバイスと新しいデバイスの両方を使用できます

Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)のようなサービスについては、どのデバイスが利用可能であるかは、多くの人々が気にかける主要な問題になるはずです。

アンドロイドデバイスでは、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能はGoogle Playサービスフレームワークに依存しています。以前のA / Bテストでは、Nearby Share機能をGoogle Playサービスのベータ版に参加した少数のユーザーのみを対象としたものでした。最近、対象範囲がベータ版から 安定版に変わりました。

したがって、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能は完全にソフトウェアサービスに基づく機能であり、Android Beamのような伝送両方のデバイスはフNFCハードウェアのサポートを必要としません。、Googleサポートページの説明によると、理論上では、完全な最新バージョンのGoogleサービスフレームワークがサポートしています。同時に、Android 6.0以上のシステムバージョンを搭載したAndroidデバイスは、この機能を使用できます。

現在、手元のデバイスがNearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能を受信しているかどうかを2つの方法で確認できます。

ステータスバーを下にスワイプして、クイックパネルを開き、通知パネルが表示されたら左下の編集アイコンをタップします。追加リストにNearby Share(周辺ユーザーとの共有)クイック設定スイッチがあるかどうかを確認してください。あれば「ニアバイシェア」をドラッグ&ドロップしてクイック設定パネルに追加します。

[設定]> [Google]> [デバイス接続] オプションをクリックし、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)オプションがあるかどうかを確認します。あれば、それをタップして、オンをクリックします。

Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)の場所(電話の種類によって、場所も異なる場合がある)

現在のフィードバックから、ノキアとサムスンはNearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能の更新を受け取ったと報告してされてます。 上記の場所で関連する更新が見つからない場合は、Google Play開発者サービスを手動で最新バージョンに更新してから、サーバーからのプッシュをしばらくお待ちください。

Chromiumブラウザーにより、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能の適用性は、将来的にMac、Windows、Linux、Chrome OSプラットフォームにさらに拡張される見込みがあります。Chromiumから従来のChromeとも、Microsoftの新入りのEgdeでとも、ブラウザに組み込まれているNearby Share(周辺ユーザーとの共有)を使用して、携帯電話間でのファイルの直接転送が実現できます。

Chrome OS上のNearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能

柔軟な公開設定により、知人との共有が容易になる

クイックパネルでNearby Share(周辺ユーザーとの共有)スイッチをクリックすると、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能を開くためのガイドインターフェイスが表示されます。 ここでデバイス名とデバイスの公開設定を設定した後、この機能を使用することができます。

Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能スタートガイド

送信や受信での操作の違いにより、この機能のエクスペリエンスを送信者と受信者に分けて紹介しますます。

Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能をオンにすると、対応するNearby Share(周辺ユーザーとの共有)オプションがAndroidシステムの共有メニューにも表示されます。 Android 10及びその以上のシステムバージョンで、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能オプションは、共有メニューに統合され、共有コンテンツのプレビューのすぐ下にこの機能のボタンが表示されます。

Android 10以降のOSでは、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能の使用がより便利

受信機としての状況は少し複雑です。

まず、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能機能には、フォアグラウンドでの受信とバックグラウンドでのスタンバイの2つがあります。

送信者がNearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能を使用してファイルを送信する間、受信者はクイックパネルにあるNearby Share(周辺ユーザーとの共有)スイッチで受信インターフェイスを有効にできます。このとき、ファイルの送信は送信者と受信者両方が確認すればよいです。

受信者がNearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能のフォアグラウンドインターフェイスを手動で開かない場合(つまり、近くの共有機能がバックグラウンドスタンバイ状態である場合)、、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能の公開設定によって異なります。表示設定には、次のものが含まれています。

  • すべての連絡先する
  • 一部の連絡先する
  • 非公開

ここの連絡先は、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能が使用されるGoogleアカウントの連絡先です。表示範囲が「すべての連絡先」として設定されている場合、条件に満たしているNearby Share(周辺ユーザーとの共有)は、受信者の携帯電話にGoogle Playサービス通知を送信するか、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)パネルを直接ポップアップして、受信者にNearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能が開始していることを通知します。受信者は その時の状況に応じて受け取るかどうかを選択できます。

バックグラウンドとフォアグラウンドでの通知

ただし、受信者が「非公開」にした場合、2人の当事者が直接話し合って確認した後、受信者がNearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能のクイック設定スイッチをクリックする必要があります。 そうしないと、送信者はデバイスを見つけることができません。

以前、AirDropが嫌がらせのツールとして使用されることがあり、Googleは、Googleアカウントと連絡先に基づいて、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能を「知り合いの共有」ツールにしました。 デこの機能のために嫌がらせを受けたくないユーザーの場合は、フォルトでは、表示設定で送信者の範囲を特定の連絡先に制限するか、非表示にするのがお勧めです。クイック設定スイッチを使用して、不定期のファイル転送シナリオに対処するのに十分です。

Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能の設定とニアバイシェア設定

データ使用については、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能が「データ通信を併用」、「Wi-Fiのみ」、「インターネットを使用しない」3つの送信方法を提供します。「 データ通信を併用」をオンにすると、一部のサイズの小さいファイルにはデータ通信の使用を許可します。Wi-Fiのみは、送信デバイスと受信デバイスが同じWi-Fiネットワーク上にある場合にのみ適用されます。「インターネットを使用しない」は、デバイスが比較的安定したネットワークとモバイルデータ接続を備えていない場合、ホットスポットやBluetoothなどのポイントツーポイント接続方法を使用して、送信プロセスの完了をサポートします。

な送信方法の選択

現在の使用体験に関して言えば、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)の実際伝送速度は、日常のオフィスと共有の場面に十分に対応しています。単一のボリュームが約10Mの一部の高解像度壁紙は、数秒で送信できます。Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)の伝送原理はMobile Direct Fast Exchangeと類似で、Mobile Direct Fast Exchangeが宣伝されている20M / s速度を、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)の伝送速度の参照値として考えてもよいです。

ほとんどの場合、写真は数秒で送信する

しかし、2G程度のビデオファイルなど、いくつかの大きなファイルを試してみると、伝送速度が異常と予期しない伝送プロセスの終了という状況が発生しました。 Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能は両方のデバイスの接続に要件が満たす必要があることを考えると、データがすぐに伝送されない場合は、一旦現在実行しているアプリに十分なメモリがなければ、バックグラウンドで、スタンバイしているNearby Share(周辺ユーザーとの共有)のデータが消されてしまう恐れがあります。

Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)か、それともファイル転送か?

要約すると、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)の機能は、Google PlayサービスとChromiumブラウザに基づいて、ハードウェアの制限はほとんどありません。

この機能自体はサーバーによって更新され、表示設定はGoogleの連絡先に基づいています。これら2つの設計により、GoogleアカウントにログインせずにNearby Share(周辺ユーザーとの共有)を使用することはほとんど不可能であると考えられますしています。

また、転送原理は似ていますが、ファイル転送サービスごとの表示/非表示判定条件が異なるため、当初の噂ではNearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能は他のファイル転送サービス(AirDropを含む)と互換性があるとのことですが、試してみた結果、Nearby Share(周辺ユーザーとの共有)機能とWindowsの近くの共有と、他のAndroidメーカー間のファイル転送とは互換性がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です