64ビットバージョンのGoogle Chrome Portableをダウンロードと使用方法

Google ChromeはGoogleが設計開発されたデザインがシンプルで操作が効率的で、拡張機能をサポートするブラウザです。高速WebKit / Blinkコアと高性能JavaScript V8エンジンに基づいており、マルチタブブラウジングのサポートに基づいてスムーズなブラウザを利用する体験を提供します。 また、各タブブラウジングは独立したサンドボックスで実行されるため、安全性が大幅に向上します。

64ビットバージョンのGoogle Chrome Portableをダウンロードする方法

Portableapps.comのGoogle Chrome Portableダウンロードページで、Google Chrome 64 Testリンクを見つけ、Download from PortableApps.com をクリックしたらChrome Portableをダウンロードします。

Google Chromeの主な機能

*タブページのグループ化機能をサポートし、マウスの右ボタンで異なるグループを並べ替え、異なる色を割り当てることができます。
*プライバシーとセキュリティの設定インターフェースの改善をしました。
*Cookie、サイト設定、ブラウジングデータ消去などの機能をさらに改善します。
*フォーム要素とコントロールスタイルを更新されました。
* DOMはTrusted typesに対応するため、クロスサイトスクリプティング攻撃を回避することができます。
*隠すモードはサードパーティのCookieをサポートしています。
*LCP、FID、CLSおよびその他のWebサイト品質パラメーターをサポートします。
*38項目のセキュリティ項目を修復します。

Chrome PortableをWindows 10のデフォルトのブラウザーとして設定ます。
Windows 10でデフォルトのブラウザーとしてChrome Portableを設定する場合、追加操作を行う必要があります。

まず、管理者権限なしでChromePortable.batスクリプトを実行し、操作プロンプトに従います。
次に、Windows 10に移動し、[設定]> [アプリ]> [黙認アプリ]> [ウェブブラウザ]の順に移動し、Google Chrome Portableを選択して確認します。

Chromeに付属するデフォルトのブラウザの設定機能を「使用しない」ことに注意してください。

Chrome Windows 10のデフォルトのブラウザー
次に、「やはり切り替える」をクリックして選択します。

Chrome Portableのコマンドライン起動パラメーターをカスタマイズします。
Chrome Portableには、デフォルトで3つのパラメーターが設定されています:user-data-dir、no-first-run、およびno-default-browser-checkです。

user-data-dirをカスタマイズする場合、現在2つの方法があります。
ChromePortable.iniファイルで–user-data-dirの値を設定し、有効なパスを追加します。
ChromePortable.exeへのショートカットを作成し、ショートカットに–user-data-dir = path \ to \ your \ profileパラメータを追加します。

ショートカットに–user-data-dirパラメータが含まれている場合、組み込みパラメータとChromePortable.iniファイルの設定は無視されます。
ショートカットで–user-data-dirが指定されていない場合、組み込みパラメーターとChromePortable.iniファイルの設定が使用されます。
ChromePortable.exeのショートカットをいくつでも作成でき、Chromeの独立したグリーンバージョンをいくつでも実行できます。

user-data-dirを除く他のコマンドライン起動パラメーターを追加します。
ChromePortable.iniファイルでcustom-switchesの値を設定します。必要なパラメータを追加できますが、正しいパラメータ形式を使用する必要です。
または、ChromePortable.exeへのショートカットを作成し、必要なパラメータを追加することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です