Google Chromeが「組織によって管理されている」と表示される原因と解決策

最近、多くのChromeブラウザーユーザーは、設定オプションが「組織によって管理されています」と表示され、この通知がコントロールセンターに表示されるか、「ダウンロード」ページに表示されるか、「Google Chrome(G)について」のページに表示されます。 この通知を受け取ったのが企業ユーザーである場合、それは理解できるかもしれませんが、多くの個人ユーザーも、企業バージョンのGoogle Chromeを使用せずにこの状況に遭遇します。

Chromeがホストされている場合、管理者は特定の機能を設定または制限したり、一部のアプリをインストールしたり、活動を監視したり、ご使用をコントロールしたりできます。

ホストされているかどうかを知る方法:

1、Chromeを開きます。
2、右上隅にある[その他]アイコンを選択します。
3、メニューの下部を見てください。 「組織によって管理されている」と表示されている場合、ブラウザはホストされている状態です。 そうでない場合は、ブラウザがホストされていないことを意味します。

如下图 下の図が示したように

グーグルは下のように発表しました。

「組織によって管理されている」とは、企業マネージャーなどのデバイスまたはアカウント管理者がGoogle Chromeの設定を強制的に変更するために使用される企業レベルのポリシーを指します。たとえば、リモートですべての管理対象ユーザーにブックマークを直接追加でき、管理者がそのような操作を実行すると、「組織によって管理されている」と表示されます。

ホーム、個人ユーザーがこの問題に遭遇すると、主にサードパーティソフトウェアによって引き起こされます。これらのサードパーティソフトウェアがGoogle Chromeの企業ポリシーを変更する可能性もあります。 ただし、ここに表示される通知は「ユーザーに管理されている」のはずですが、上述の原因で、すべてのユーザーに表示される通知は「組織によって管理されている」でした。

Chromeブラウザがホストされているかどうかを確認する

学校や職場でChromeを使用している場合、Chromeブラウザがホストされているか、学校、会社、またはその他のグループによって設定および管理されている可能性があります。

Chromeブラウザがホストされている場合、管理者は特定の機能の設定または制限、拡張機能のインストール、活動の監視、Chromeの使用のコントロールを行うことができます。

Chromebookを使用している場合は、Chromebookが管理されているかどうかを確認してください。

ポリシーを確認

ブラウザーがホストされた状態にある場合、組織によって設定された関連ポリシーを見つけることができます。
Chrome Chromeを開きます。
アドレスバーに「chrome:// policy」と入力し、Enterキーを押します。
応用されたポリシーが非常に疑わしいと思われる場合は、マルウェアであるとを当社のチームに報告することをお勧めします。
管理者の方であれば、企業や学校向けのChrome 企業バージョンの詳細をご確認ください。

犯人を手動で見つける

グーグルは公式でホームや個人ユーザーがホストされているのはサードパーティのソフトウェアが原因であると述べたので、調べてみましょう!
Google ChromeブラウザーのアドレスバーにChrome:// policyと入力すると、企業ポリシー使用されているサードパーティソフトウェアとユーザーがインストールしたサードパーティ拡張機能が表示されます。

ここでは、企業ポリシーを有効にしているプラグインがあることがわかります。これらのソフトウェアが、企業ポリシーの設定とその使用目的を明確にユーザーに伝えない限り、説明なしでプラグインにアクセス許可を付与してはいけません。

・「組織によって管理されている」機能オプションを削除するための承認を解除する

1、Windowsシステムで、WIN + Rを押して「RegEdit」と入力し、レジストリエディターを実行します。

2、レジストリ\ HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Policies \ Google \の下の対応するフォルダを削除します(Chromeディレクトリ全体を削除します)。

以下は削除後の結果です。

3、ブラウザを再起動します。

注:chrome:// flags /#show-managed-uiをDisabledに設定する方法は、表示しないだけで、問題を解決できません。

すべきことは次のとおりです。

1、Google Chromeのアドレスバーに「chrome:// policy」と入力し、Enterキーを押して、Chromeを管理しているユーザーを確認します。

2、次に、削除してレジストリエディターを開き、レジストリ\ HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Policies \ Google \ Chromeの下の対応するフォルダを削除します。

3、ブラウザを再起動して完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です