Googleスマートホームの新しいパートナーが登場! Android 11の新しいスマートコントロール

COVID-19の流行の影響によりキャンセルされたGoogle I / O 2020カンファレンスは、「Hey Google」スマートホームサミットの形で開催されます。

今回のサミットは、以前とは少し異なりました。会社の高層部の登場も、熱狂的な観客の歓声もありませんでした。代わりに、世界各地域のGoogleスマートホームのビジネスチームの責任者が交代で挨拶しました。

サミットの重点内容に関しては、GoogleのスマートホームエコシステムのプロダクトディレクターであるMichelle Turnerが発表しました。

GoogleのスマートホームエコシステムのプロダクトディレクターMichelle Turner

このスマートホームサミットは、開発者と機器ベンダーを対象としています。主に、「Google Assistant support」エコシステム、「Works With Nest」移行計画、「IP Connected Home Project」、および 計画の進捗状況についてです。

たとえば、Android 11は専用のスマートホームコントロールを追加し、スマートホームエンターテイメント(SHED)はデバイスのタイプと機能を更新し、光の変化をシミュレートする新しい「Gnetle Sleep &Wake」機能と、毎日のスケジュールを自動的にトリガーする「Home&Away」機能を追加します。

同じサミットではありませんが、おなじみの内容です。 Googleはさらに多くのユーザーの日常生活シーンにGoogleアシスタントを浸透させていますが、「プライバシー」は今でもよく語られるキーワードです。

Android 11は、スマートホームコントロールを追加し、リモートデバイスの自動化を実現

Android 11は正式にはリリースされていませんが、Michelle Turnerは新機能の1つであるスマートホームコントロールを暴露しました。

Googleは永続的に使用できるスマートホームコントロールをAndroid 11に追加し、スマートホームのタッチ機能をAndroidオペレーティングシステムにさらに拡張しました。

同時に、GoogleはAndroid 11のパワーメニューを再設計し、ボタン1つでスマートホームデバイスをGoogleアシスタントに接続できるようにしました。

Homeアプリケーションを使用する場合は、お気に入りのコントロールを追加することもできます。

このコントロールにより、スマートホーム機器の遠隔操作が実現できます。 たとえば、ユーザーが家に帰ろうとしているときに、ドアロックとルームライトを自動的にオンにすることができます。

さらに、Googleはコントロール用のスライダーも設計しました。これにより、ユーザーは朝のサーモスタットの温度や、ユーザーが特定の距離範囲に入るとブラインドが自動的に開くなど、家庭用機器のパラメーターをより簡単に調整および設定できます。

Michelle Turner氏によると、オペレーティングシステム全体の体験は、Google Homeに実現されている基本機能に基づいていることです。ユーザーはHomeアプリケーションにすばやく戻り、より詳細なデバイス制御、毎日のスケジューリングやその他の高度な機能を実行できます。 Android 11を使用すると、ユーザーはホームのメインデバイスを簡単に確認または調整することもできます。

プライバシーの観点から、Android 11システムが更新された後、ユーザーはスマートホームコントロールを使用する前に携帯電話の認証にパスする必要があります。同時に、デバイスが認証される前にコントロールを完全に非表示にすることもできます。

この新機能は、今年の9月8日に完全にリリースされます。

スマートホームAPIがより多くのエンターテイメントデバイスをサポート

グーグルは、コロナウイルス流行の間、人々がより多くの時間を家で過ごすにつれて、スマートホームデバイスの使用が増加したことを発見しました。 その中で最も高い成長率は、エンターテインメントデバイス、スマートスピーカー、ディスプレイスクリーンですが、インターネットTVも新しいポイントになっています。

これに基づいて、GoogleはSmart Home APIを介してエンターテインメントデバイスをサポートし、新しい特徴と機能のSHEDデバイスをリリースしました。これにより、ユーザーは任意のアシスタントインターフェイスを介してデバイスとメディアコントロールにアクセスできます。

その中でも、SHEDはアシスタント機能を拡張して、携帯電話、スピーカー、ディスプレイ、オーディオレシーバーなどのより多くのスマートエンターテイメントデバイスをサポートします。今年4月にGoogleがリリースしたオリジナル機器をさらに補足し、スマートホームメディアおよびゲームデバイスにより完全なソリューションを提供しています。

「実際には、デジタルテレビが接続されている世帯の40%が毎日これらのデバイスを使用しており、家に居る時間が増加につれ、これらのデバイスの使用も増加の見込みです」と”Michelle Turner氏は述べています。

さらに、Googleはすべてのテレビ、セットトップボックス、ゲーム開発者向けのAPIの公開すると発表しました。新しくリリースされたSHED機能により、ユーザーは簡単な音声コマンドでゲームやテレビの電源を入れ、音量などの関連パラメータが調整できます。 エンターテインメント機器メーカーは、SHEDドキュメントを参照して、関連機器をすばやく構築することもできます。

24時間で光の変化により、室内の「小さな太陽」をシミュレート

一日24時間の自然光の変化をより現実的にシミュレートし、ユーザーの睡眠を改善する効果を達成するために、Googleは「Gnetle Sleep &Wake」機能をリリースしました。

Wake機能は、朝にアラームが鳴る前に室内の照明をゆっくり明るくし、柔らかな光を使用して日の出効果をシミュレートし、ユーザーが自然に睡眠から目覚めるのに役立ちます。

これとは対照的に、Sleep機能は、ユーザーが選択した時間内に自動的に屋内の光を徐々に暗くして、眠気を引き起こします。

Michelle Turner氏によると、この機能は簡単な設定でユーザーの朝の目覚まし時計と完璧に統合し、光を即座に明るくしたり暗くしたりすることもできます。 この機能も今年後半にリリースされます。

「Home&Away」機能が追加され、家のデバイス全体がスマートハウスキーパーに変身

ユーザーの生活をよりインテリジェントにするために、Googleは今年後半にGoogleアシスタントに「Home&Away」機能を導入します。これにより、Nestデバイスとサードパーティのエコシステム製品は、ユーザーの自宅と外出の状態を確認することにより、デバイス自ら自身の設定を調節します。

たとえば、センサーがユーザーが外出したを検出すると、サーモスタットのオフ、ライトのオフ、部屋の掃除のためのスマート掃除機の起動など、毎日の「外出」スケジュールが開始されます。

ユーザーが自宅にいるかどうかを判断するために使用するNestデバイスまたはモバイルデバイスが選択できます。 同時に、ユーザーはGoogle HomeおよびGoogleアシスタントアプリケーションで毎日の新しい取り決めを設定することもできます。

開発者向けに、Googleはパートナーが日常の設定をカスタマイズし構築することを許可し、クリーニング、フィットネス、エンターテイメント、安全などに基づいてユーザー向けのさまざまなソリューションを作成することもできます。

このプロセスでは、ユーザーは毎日のスケジュールを自由に参照して選択し、関連するNestデバイスを選択して応答、参加させることができます。

もちろん、セキュリティとプライバシーの観点から、パートナーは、ユーザーの個人情報やデバイスデータにアクセスしたり使用したりすることなく、デベロッパー機能を構築するときにGoogleアシスタントを介して処理するだけで済みます。 「Home&Away」機能に関する詳細情報も、今後数週間でリリースされます。

デバイスのアクセス許可プランをリリースし、ユーザーは個人のプライバシーを自由に制御

Googleは昨年、「Works With Nest」から「Google Assistant Support」エコシステムへの移行計画を発表しました。プライバシーとデータセキュリティの保護に基づいて、ユーザーは自分のデータ共有状況及び開発者をホームオートメーション機能を提供する際よりシンプルな体験の獲得をより完全に制御および監視できます。

現段階で確立されたスマートホームプラットフォーム、およびエコシステムの「Works With Nest」パートナーをさらにサポートするために、Googleはデバイスアクセス許可プランをリリースすることを決定しました。

ミシェルターナー氏は、パートナーがGoogle APIを介してアプリケーションやソリューション内でNestデバイスへの安全なアクセスと制御を要求でき、それにより共通の顧客にスマートホーム制御方法のより多くのオプションを提供すると述べました。

たとえば、セキュリティシステムのユーザーは、Nestサーモスタットやその他のスマートホームデバイスをシステムに追加し、関連するアプリケーションを介してデバイスをチェックおよび制御することができます。 このプロセスでは、ユーザーは常にデバイスを制御し、パートナーと共有するNest製品が選択できます。

同時に、デバイスアクセス許可プランをサポートするために、個人および商用の開発者が使用できるデバイスアクセス許可コンソールもリリースします。

その中で、商用開発者はコンソールを通じてさまざまなプロジェクトを管理および統合し、Nestデバイスの開発ガイドと機能ドキュメントが使用でき、コンソールのガイダンスの下で、開発、認定、 パイロットテストと最終的な公式リリースなどの異なる段階のお仕事をよりよく完成させます。

開発者コンソールの新しいクイック関連付け機能

早くも今年の4月、GoogleはLocal Home SDKを通じてローカル実行ソリューションをリリースしました。

ローカル実行機能は、Googleのスマートホームプラットフォームの一部として、ローカルネットワークを介してスマートホーム操作とROOTコマンドをデバイスに拡張し、追加のクラウドジャンプ操作を排除して、ユーザーがより低い遅延と高い信頼性を体験できるようにします。

Michelle Turnerの見解では、このソリューションは、スマートホームプラットフォームがリアルタイム制御と完璧に統合された開発者体験を確実にサポートできるようにします。Googleのパートナーの多くは、Philips HueやNanoleaf、Yeelightを含め、このソリューションを通じて自社のデバイスにローカル実行を実現しました。

現在、Googleとパートナーはデベロッパーコンソールの開発を進めています。

その中でも、高品質な統合を実現するために、アプリケーションのクイック関連付け機能をコンソールに追加します。 この機能に基づいて、開発者はログインする必要がなく、ユーザーをGoogle Homeアプリケーションからパートナーアプリケーションにすばやく関連付けることができます。

スマートホーム統合行動洞察の効率を向上させる

開発者がスマートホームの統合動作をより効率的に把握し、作業効率を向上できるようにするため、GoogleはGoogle Cloud Platformの監視ツールとトラブルシューティングツールを統合して、スマートホームプロジェクトの詳細なイベントログと使用状況インジケーターを提供します。

Googleは、Local Home SDK、アカウントの関連付け、アシスタントイベントの3つの側面からプロジェクト記録を改善し、開発者がGoogle Cloudログを使用してすばやく調整して問題を解決できるようにしています。

その中でも、開発者は開発者コンソールでログエントリを直接チェックして分析したり、ログベースのインジケーターを作成したりできます。

指標に関しては、Googleは新しいスマートホーム分析情報センターも立ち上げ、開発者がコンソールから直接アクセスできるようにしました。 同時に、開発者が統合動作の全体的な概要をより簡単に理解できるように、Googleは、1日のアクティブユーザーの数やリクエストの内訳などの一般的な指標グラフも事前に入力しました。

スマートホーム分析情報センターは、Google Cloud Monitoringの新しい使用状況とパフォーマンスのインジケーターを介して監視します。開発者は、統合の問題が発生したときにタイムリーな通知を受け取るようにアラームを設定するだけで済みます。

IPに基づく広範な互換性のための統合基準

最後に、Michelle Turnerは「Project Connected Home over IP」の最新の進捗状況を共有しました。彼女の見解では、スマートホームデバイスはますます増えていますが、それらは業界で認められた接続標準に欠けています。昨年12月、Google、Amazon、Apple、およびZIGBEE同盟は共同で「Project Connected Home over IP」ワーキンググループを設立し、業界が新しいスマートホーム接続規格を採用するように推進することによって、現在の基準の乱れを解決することを望んでいます。

このプログラムを使用すると、ユーザーは、Googleアシスタント、ALEXA、HOMEKIT、その他のスマートアシスタントなど、コネクテッドホームシステムと相互接続するスマートホーム製品を自由に選択できます。 これは、機器メーカーが統一規格に基づいて単一の製品を構築するだけでよいことを意味し、開発コストを節約し、市場投入までの時間を短縮します。

「このプロジェクトの鍵は、IPを標準の基本的な構成要素として使用することです。」ミシェルターナー氏は、スマートホームの分野では、現在IPに基づく広く採用されているオープンスタンダードは存在しないと述べています。IPは、家庭やオフィスで 最も一般的に使用されているネットワーク層のインターネットプロトコルです。独立したネットワークテクノロジーと独自の機能を備えているだけでなく、エンドツーエンドの安全な接続を実現しています。

したがって、IPに基づく幅広い互換性を持つ統一基準が「Project Connected Home over IP」の方向になります。

Michelle Turnerは、このプロトコルはWi-Fi、低電力メッシュTHREAD、BluetoothなどのIPネットワークで動作します。 同時に、プロジェクトの暫定仕様は今年後半にリリースされる予定です。その際、「Googleアシスタント」との統合方法について詳しく紹介します。

結論:Googleアシスタントに基づくスマートホームエコロジカルシステム

長年にわたるソフトウェアテクノロジーの革新と世代交代を経て、今日のGoogleのスマートホームサミットは、Google Assistantに基づいて、ユーザーの生活に密着し、開発者の利便性を高める機能と製品を徐々に開発し、自社のスマートホームコロジカルシステムを完成させる方法を私たちに再び示してくれました。

GoogleのCEOであるSundar Pichaiは、「Googleはソリューションを見つけるのを支援するだけでなく、私たちが構築するすべての製品を通じてユーザーが業務を完了するのを支援することに焦点を当てています。」と述べています。

同時に、世界的なCOVID-19の蔓延が人々の生活にさまざまな影響を及ぼしていることから、このサミットから、COVID-19の流行に基づく人々のスマートな生活に対するGoogleの考え方と解決策を見えてきました。

ユーザーから開発者に至るまで、Googleのスマートホームエコロジーはより完全で豊かになってきています。 将来的には、Googleのスマートホームのエコロジーコンセプトは、世界中の業界のパイオニアとも協力して、この業界をより遠くまで促進すると信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です