25 September, 2020

Days Gone(デイズゴーン)・評価、ゾンビの世界で生き残るための方法を見つける!

SIE Bend Studioのゾンビの傑作について著者個人的には非常に好きで、ここでのプレー経験を共有したいと思います。 「Days Gone」はあなたの期待に応えたのでしょうか? さて、まずはゲームの動画紹介を見てみましょう!

ストーリー紹介

「Days Gone」は、PS4プラットフォーム専用のソニーのBend Studioが開発した、第三者シューティングサンドボックスアドベンチャーゾンビサバイバルゲームです。 ゲームは太平洋北西部の火山高原,砂漠地帯に設定されています。世界は混乱、危険、弱肉強食に満ちています。「絶望的な人々は生き残るために手段を選ばず」そして、ゲームの中の深い絶望感を味わうことができます。

ゲームの細かい部分に関してはちょうどいいです

「Days Gone」は「Last Of Us」と似ていると言う人もいれば、「Far Cry」のようだと言う人もいますが、私は「Red Dead Redemption」と似たように感じます。ゲームストーリーの推進でもゲームモードでも、よくまねされています。ただ「Days Gone」は制作水準に関しては「Red Dead Redemption」に差がありますが、全体的には悪くありません。著者のコラム(おそらく誰もこの習慣がない…)をフォローすると、おそらく「Red Dead Redemption2」の操作が細かすぎてゲーム体験に過度の影響を与えたと批判したことを覚えているかもしれませんが、「Days Gone」にはこの種の問題はまったくありません。沢山の細かい部分が簡略化されました。たとえば、近くに有る小道具を一度に拾うことができ、武器のUIルーレットは比較的簡単に操作できます。コントロールの小さなミスによって、「村全体」があなたと戦うことはありません。

形は整っていますが、エッセンスはありません

しかし、プレイを続けると、ゲームが「きめ細かすぎない」というのは、実は開発チームが「していないのではない」ではなく「できない」という可能性が大きいです! ゲームのオープンワールドに実際には多くの粗い部分や欠陥があるためです。たとえば、NPCはあなたに攻撃しないのは基本的なA.I.よりも優れていないため、単なる背景です。 ゲームには必要でない動作の相互作用はないのは、実際には動作の相互作用がある、あるいはないといったオプションは元々ありません。ゲーム全体がいくつかのゾンビを配置するために作成されているようで、形は整っていますが、エッセンスはありません。 地図は、プレイヤーが待ち伏せキャンプ、感染地域、NEROチェック辻番などのステージで設定されたタスクを実行するためのものであり、このゾンビの世界については詳しく表現していません。 ゲームが多くの対話を使用して物語を語るが、それは世界全体を取り上げてつなぐことができません。

小さな欠点と欠陥

ゲームの欠点や欠陥については、オートバイと環境の不整合(多くの場合、地面から飛び立つ)、ゾンビに打つときに段ボールを打っているような薄い感じで、テクスチャと背景の分離など、これらすべてが人々を劣っているように感じさせます。 特に「Red Dead Redemption」と比較するときです。もちろん、SIE Bend StudioとRockstarsを比較するのは本当に不適切です。後者は資本、技術、経験の点ではるかに優れています。 そのため、上と比較して劣るが、下に比較したら余りがあります。CAPCOMの「Dead Rising」を除けば、「WWZ」はもちろんのこと、これほど広大なゾンビの世界はなかったです。 したがって、一部のプレイヤーは商品を喜んで受け入れますが、上記の粗さや欠陥はゲームの小さな欠点にすぎず、本当の致命傷は「設定の不適切」ことです。

設定の不適切が致命傷です

ゲームの1つの致命的な欠陥は、キャンプの設定が不適切であることです。明らかに、キャンプは広いがオプションがほとんどありません。基本的には信頼度の引き換えと弾薬の買い補う店としてのみ使用されます。それらの中で、武器と道具バーは私が数時間プレイしてまだ何もできなくて、睡眠でさえ生命値を補充することもできません。これは、ゲームのバランスをとるために開発者が下した決定であることを理解していますが、この考慮の欠如はゲームをあきらめるほどです。

ゲームが元あるべき爽快感は、迷惑な設定によって完全に中断されます

特に、武器ボックスには武器を拾って保存できないという点です。開発者は購入システムを通じてRPGフレームでゲームを維持したいと考えています。野外で取得した銃は保存できないため、一度に多くの武器を持つことはできません。そうなるとなぜ荒野を探索する必要があるのですか?これは最も逆効果的な設定と言えます。また、キャンプ内のアイテムショップではアイテムの販売数が少なすぎるため、回復薬の材料を見つけるために野に出向かなければならないことがよくあり、非常に面倒です。開発者は、この設定はサバイバル感を高めると考えていますが、これらの些細なことに時間を無駄にしたくありません。感染地域のゾンビと戦ってできるだけ早く本線に駆けつけたいと思っていたのですが、残念ながら初期の迷惑な設定で、引きずり込まれていました。

銃丸、十字弓、ガソリン銃丸

武器について話しましょう。まだゲームの序盤にいるのかもしれません。弾丸は十分にあるが、保存できないため、「銃丸があるが拾えない、使用する際足りない」ことが多いです。また、ゲーム画面に銃丸の残量が明確に表示されていないため、残っている銃丸の数を発射数から推定するしかありません。また、銃丸がないときに特殊な武器として使用する十字弓に切り替えられるようですが、運が悪かったのか設定が間違っていたのかわかりませんが、補給用のやりは見つかりません。さらに、ゾンビの巣穴を燃やすために使用されるガソリン爆弾は、初期段階では3つしか作成できません。ただし、巣は4〜6つ燃焼することがよくあります。合成する材料を探して巣に戻るたびに、頻繁に2〜3回往復しなければなりません。モーターサイクルにはバッテリーがありません。ガソリンを見つかるために再び出かけます…それは本当に疲れます。ただの迷惑で楽しいものではありません。

ゲームの特徴とゲームのプレイ方法

「Days Gone」では、プレイヤーはDeaconという主人公を演じ、傭兵としてゲーム内の世界を探索し、さまざまなタスクを引き受けます。 このゲームは、第三者視点に基づいき、通常のゾンビゲームとは異なります。「Days Gone」はサバイバルゾンビゲームであるため、薬物や燃焼瓶などを合成するための素材を常に探す必要があります 。消耗品、さらには環境への警戒意識を高めます。 ただし、素材を探すときは、一部の素材を探し漏れたことをあまり気にしないでください。 なぜなら、プレイヤーはR3を押すだけでSurvival Senseをオンにして、リソースを簡単に見つけることができます。Freakersからの待ち伏せも発見できます。

Freakersと言えば、Freakersはゲームではゾンビと呼ばれます。あるいは、フリーカーを変異モンスターと呼ぶ方が適切です。 もともと人間だった変異モンスターは、ゲーム内で最も致命的な敵の1つですが、最も致命的なのは人間の知恵部分です。 Freakersは多くの場合、大グループに現れ、いくつかのタイプに分けられます。 ただし、ゲームでは弾丸が限られているため、プレイヤーは頻繁に銃器を使って突撃つことはできません。 したがって、多くの場合、プレーヤーは望遠鏡を使用して、遠くからFreakersの位置をマークして、プレイヤーはステルス暗殺を実行するためのフリーカーのおおよその位置を知ることができます。 プレイヤーがステルス暗殺を好きではない場合、それは問題ではありません。プレイヤーは、さまざまな小道具、爆破用道具、またはシーントラップを使用して殺すこともできます。 プレイヤーが覚えておくべき最も重要なことは、Freakerは非常に火を恐れていることです。そのため、プレイヤーは普段燃焼瓶を慎重に使用する必要があります。

さらに、ゲームのFreakersも巣を作ります。 プレイヤーは、これらのFreakersの巣を燃やすかどうかを選択できます。追加の資源を取得するだけでなく、Freakersの巣穴が削除された場所は、高速移動のポイントになり、非常に便利です。移動に関しては、プレーヤーのバイクが 大地図ですばやく移動する手段になりますが、アーカイブ可能なツールでもあります。 したがって、プレーヤーが敵のキャンプを攻撃したり、Freakersグループを攻撃したりする前には、バイクが破壊されないように、バイクを駐車位置を見つける必要があります。 しかし、プレイヤーが途中で探索しているときは、敵の待ち伏せに遭遇する可能性があり、この部分についてはは著者は非常にリアルに感じます。

プレーヤーは、さまざまなタスクを完成して、さまざまな安全領域に到達することによって購入できます。 このようにして、プレイヤーはバイクの速度と耐久性を向上させることができるため、プレイヤーはバイクを使用してFreakersのグループに衝突することができ、バイクはわずかなダメージしか受けません。 タスクに関しては、ストーリーに加えて、プレイヤーは記憶タスクや報酬ハンターなどのさまざまなタスクを引き受けることができます。 そして、それぞれのタスクは、退屈ではない異なるテクニックやゲームプレイを使用して完了することができます。 もちろん、報酬ハンタータスクを完了すると、NPCの信頼度が高まり、購入できる武器やアイテムのロックが解除されます。 さらに、これらのキャラクターはこの章の冒頭ですでに目の前にあり、これらのタスクを完成する順序はプレーヤーが決め、非常に自由です。

優れたサバイバル要素に加えて、ゲームにはキャラクターをアップグレードするためのスキルシステムもあります! スキルは接近戦、射程、サバイバルに分けられます。 アップグレードを通じて、プレイヤーは弾丸時間などのスキルを体験できます。これは、多数のFreakersと戦うときに本当に役立ちます。 または、接近戦武器などを修復できる接近戦スキルをアップグレードして、独自のスタイルでプレイし、独自のDeaconを作り出せます。

「Days Gone」が作り出した雰囲気は本当に良いと賞賛しなければなりません。資源が限られているため、ランダムな事件がいつでもどこでも攻撃される設定が魅力です。これらの要素は、プレイヤーに非常に険悪な環境にいると感じさせます。 ゲームの危険な雰囲気は、本当に四面楚歌と感じさせ、常に警戒しなければなりません。 さらに、ゲームにはいくつかのランダムな事件が発生ます。たとえば、他の生存者があなたに助けを求めて、あなたは彼らを助けて勇敢な人になることができますし。または、無視して、自分を中心とした冷血な傭兵になることもできます。

『Days Gone』はDynamic weather system(ダイナミック天候システム)の恵みがあり、ゲームの世界がよりリアルになります。 さらに、ゲームの些細な部分の処理は著者に賞賛されます。例えば、プレーヤーが怪我をすると皮膚に傷跡ができ、アイテムを使って血を元に戻すと、プレーヤーはDeaconの体に包帯を巻き、 さらに、プレーヤーがバイクに乗ると、泥の中を走るときに泥がはねます。 また、ゲームには恐怖シーンもいくつかあります。たとえば、Freakersが突然プレーヤーの後ろに現れてプレーヤーを攻撃します。その過程でバックグラウンドミュージックはほとんどなく、Freakersの叫び声だけが響き、びっくりするでしょう。

レビュー

全体的に見て、「Days Gone」は、近年最も面白いゾンビをテーマにしたゲームの1つです。 ゲームの優れた画像効果と細かい部分に加えて、険悪な雰囲気もよく表現されています。 プレイヤーは、さまざまなブラストプロップ、重火器、軽火器、近接戦武器を使用して、Freakersと呼ばれるモンスターを殺すことができます。 ゲームのナラティブ技法も非常に優れており、ストーリーが好きなプレイヤーはこのゲームを楽しみにしてください! ゾンビゲームのファンなら、「Days Gone」は見逃せない優れた作品になります。

長所(PROS)
•ゲームでは、敵またはFreakersを殺すために一定レベルの戦略が必要であり、少し難しくて挑戦的です
•タスクを完了するための自由度が高いです
•長距離武器と近接戦武器の両方に良い感触と攻撃力があります
•世界が終わりのような雰囲気が上手く作られ、四面楚歌が感じます
•3つの異なるスキルカテゴリが最高のパフォーマンスを発揮できます
•ゲームの細かいところの処理は優れています。

短所(CONS)
•Freakersの耳(ゲーム通貨)を収集するときは、1つずつ収集する必要があります
•一部のシーンでは、フレームが突然ドロップします
•ゲームにバグがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です