25 September, 2020

USBデバイスがWindowsに認識されない問題の10種類の解決方法

Windowsコンピューターで発生する可能性のあるエラーの1つは、システムがUSBデバイスを識別できないことです。 これは、Windowsユーザーに共通の問題で、コンピュータがこれらのポートのいずれかに接続されているUSBデバイスを識別できない場合に発生します。 この場合、コンピュータのUSBデバイスにアクセスできなくなる可能性があります。

では、どのように問題を解決し、システムにデバイスを識別させるのでしょうか。 問題を解決し、コンピューター上のUSBデバイスにアクセスできるようにする方法はいくつかあります。 次のガイドは、Windowsシステムで識別されないUSBデバイスの問題を修正するためのさまざまな方法の使用方法に関するガイドです。

1、コンピュータを再起動し、USBを再び差し込みます。

Windowsコンピューターの問題に適用できる最も簡単な修復方法の1つは、コンピューターを再起動してデバイスを再挿入することです。 USBデバイスについても同様です。 この方法では、コンピュータを再起動するだけで済みます。 次に、USBデバイスをコンピュータから取り外し、再度挿入します。
コンピュータを再起動すると、システムがデバイスを正常に識別したことがわかります。

2、別のUSBポートを試します

これは、見過ごされがちな原因の1つです。 使用しようとしているUSBポートが正しく機能しておらず、問題がある可能性があります。 この場合、システムはデバイスを検出できず、画面にUSB識別されないエラーが続けます。
したがって、コンピューターに用意されている他のUSBポートを使用することをお勧めします。 ポートに問題がある場合、他のポートを変更すると、USBが識別できない問題を解決できるかもしれません。

3、コンピュータの電源を取り外します

この方法では問題は直接解決されませんが、コンピューターから電源を取り外し、数分後に電源を復元することをお勧めします。 これにより、コンピュータがすべてを完全にシャットダウンに十分な時間が与えられ、システムを最初から再起動します。

4、USB Root Hubの電源管理設定を変更する

コンピューターの電源管理設定はUSBデバイスに干渉する可能性があり、設定に以下の変更を加えると問題が解決することができます。
「スタート」メニューをクリックし、「コントロールパネル」>「ハードウェアとサウンド」>「デバイスマネージャ」>「ユニバーサルシリアルバス」に移動します。 USB Root Hubを示すエントリを見つけてダブルクリックし、プロパティを開きます。 表示されるエネルギー管理タブに移動し、このコンピューターがこのデバイスをオフにして電力を節約できるようのオプションを無効にします。 [OK]をクリックして変更を保存します。

5、デバイスマネージャーでハードウェアの変更をスキャンする

コンピューターのハードウェアにいくつかの変更がある可能性があります。ハードウェア変更スキャンを実行すると、変更を特定してコンピューターに正しく実装できます。 これを行う方法は次のとおりです。
Windows + Rを押してdevmgmt.mscと入力し、Enterキーを押してデバイスマネージャを起動します。 デバイスマネージャーが起動したら、上部に表示されるアイコンをクリックして、ハードウェアの変更をスキャンします。
上記はおそらくあなたのUSBデバイスがWindows 10を識別できないという問題を解決するはずです。

6、USBポートドライバーを更新する

USBポートドライバーに使用できる更新がある場合は、使用可能なすべての更新をインストールして、コンピューター上の既存のUSBの問題を修正することを強くお勧めします。 これを行う方法は次のとおりです。
デバイスマネージャーの開始コマンドdevmgmt.mscを入力し、[実行]をクリックします。 USBエントリの不明なデバイスの説明を探し、エントリを右クリックして[プロパティ]を選択し、ドライバを開いて、[ドライバの更新]ボタンをクリックします。
更新がある場合は、USBデバイスのドライバーを更新します。

7、Windows USBトラブルシューティングツールを使用して、識別されないUSBを修正します

問題を解決していない場合は、Microsoftの公式のWindows USBトラブルシューティングツールを使用する必要があります。これは、コンピューター上のあらゆるタイプのUSB問題の解決ができます。
必要なのは、ダウンロードページにアクセスしてツールをダウンロードして実行し、該当ツールを使って問題を解決させてもらいます。

8、USBセレクティブサスペンド設定を無効にする

コンピューターでこの電源オプションを無効にすると、USBデバイスの問題を解決するのに役立ちます。
コンピューターで、[コントロールパネル]> [電源オプション]> [プラン設定の変更]> [高級電源設定の変更]> [USB設定]> [USBセレクティブサスペンド設定]に移動して、無効に設定します。

9、USBストレージデバイスをアンインストールする

USBストレージデバイスをアンインストールして、物理USBデバイスを挿入したい時は再インストールしてみてください。 これはどのように行われますでしょうか。
デバイス管理を開き、リストからUSBエントリを見つけ、エントリを右クリックして、[デバイスのアンインストール]を選択します。

10、非表示のデバイスをアンインストールします

一部のUSBデバイスは、デバイスマネージャユーティリティで非表示になっている場合があります。 最初にそれらを再表示し、次にシステムからアンインストールする必要があります。 これを行う方法は次のとおりです。
デバイス管理を実行し、メニューバーの[表示]メニューをクリックして、[非表示のデバイスを表示]オプションを選択します。 デバイスが表示されたら、右クリックして[デバイスのアンインストール]を選択し、デバイスをアンインストールします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です