Windows 10でISDone.dllエラーを修正する方法

1.コンピュータがゲームのシステムニーズを満たしているかどうかを再度確認します。
まず、ノートパソコンまたはデスクトップコンピューターがゲームのすべてのシステムのニーズを満たしているかどうかをもう一度確認します。 ノートパソコンまたはデスクトップコンピューターが最低限のニーズを満たしているかどうか、ハードディスクにゲーム用の十分な容量があるかどうかを確認します。
ハードディスクの空き容量が不足している場合は、一部のプログラムを削除して、ハードディスクの空きスペースを増やすことができます。
ゲームを実行するには64ビットのWindowsシステムが必要です。 32ビットWindowsシステムの場合、機能しない可能性があります。
次の方法で、システムタイプ(32ビットまたは64ビット)を確認できます。
• Cortanaボタンをクリックして、Cortanaプログラムを開きます。
• テキスト入力ボックスにsystemを入力し、Enterキーを押します。
• システム情報を確認するには、[本体について]を選択します。
• システムタイプまでにスクロールし、32ビットか64ビットかを確認します。

2.システムファイルチェックツールを実行します。
システムファイルチェックツールは、Windowsシステムファイルをチェックして修復できます。 このツールはWindows 10に組み込まれているため、直接に使用できます。
さらに、より高速に実行し、システムを全面的に検査するため、Deployment Image Servicingツールを使用することもできます。
• キーボードのWindowsキーとXキーを同時に押して、出てきたメニューでコマンドラインツール(管理者)を選択します。
• 次に、コマンドラインでDISM.exe / Online / Cleanup-image / Restorehealthと入力し、Enterキーを押します。
• ツールの実行が終了したら、コマンドラインにsfc / scannowと入力し、Enterキーを押します。
• このチェックツールは約30分間実行され、実行が完了すると、検出されたエラーを自動的に修復してコンピューターを再起動します。

3.ゲームをセキュリティモードで再インストールします。
Windowsセキュリティモードでは、Windowsはコアプログラムの一部のみを実行します。現時点では、オペレーティングシステム自体がメモリをほとんど占有しておらず、多くのサードパーティプログラムが実行されていないため、プログラムのインストールに干渉しません。Windowsセキュリティモードでゲームをインストールすると、ISDone.dllエラーの問題が解決できます。 Windowsをセキュリティモードで起動する方法は次のとおりです。
• WindowsキーとキーボードのRキーを同時に押します。
• テキストボックスにmsconfigと入力し、確認ボタンをクリックしてシステム設定ウィンドウに入ります。
• [スタート]タブをクリックします。
• セキュリティモードを選択し、以下で最小化された方法で実行します。
• [OK]ボタンをクリックします。
• 再起動ボタンをクリックしてセキュリティモードに入ります。
• ゲームをセキュリティモードで再インストールします。

4.バーチャルメモリを増やします。
バーチャルメモリを増やすと、より多くのハードディスクが必要になりますが、メモリが不足している場合は、バーチャルメモリがゲームのインストールを正常に行うのに役立ちます。
したがって、容量の大きいメモリに変更したくない場合は、これが代わり手段です。バーチャルメモリを増やすする方法は次のとおりです。
• WindowsキーとキーボードのRキーを同時に押してから、sysdm.cplと入力し[OK]をクリックします。
• 出てくるウィンドウの[詳細設定]タブをクリックします。
• 作業効率で設定ボタンをクリックします。
• 設定ウィンドウの[詳細]タブをクリックし、[変更]ボタンをクリックします。 新しいウィンドウが出てきます。
• バーチャルメモリを自動的に管理するオプションがオンになっている場合は、選択を解除します。
• カスタムサイズをクリックします。
• 現時点では、より大きな数字を入力できるため、バーチャルメモリが大きくなります。
• 入力できる最大数は、メモリのサイズによって異なります。 Windowsはバーチャルメモリの上限をメモリサイズの3倍までに制限しています。
• 「OK」をクリックして設定を保存します。

5.ウイルス対策ソフトウェアを閉じます。
ウイルス対策ソフトウェアは一部のゲームのインストールを妨げるため、ウイルス対策ソフトウェアを閉じてから、ISDone.dllエラーがないかどうかを確認します。
多くのウイルス対策ソフトウェアが閉じるオプションを無効にしています。ウイルス対策ソフトウェアで閉じる機能を見つけることができます。

6.Windowsファイアウォールを無効にする
• Windowsファイアウォールが一部のゲームのインストールを妨げる可能性があります。CortanaでWindowsファイアウォールを一時的にオフにすることができます
• Windowsファイアウォール画面は以下に示します。
• Windowsファイアウォールを開くまたは閉じるには、左側をクリックします。
• Windowsファイアウォールをオフにすることを選択し、[OK]をクリックします。

7.ISDone.dllを再インストールします。
問題のあるISDone.dllを再インストールし問題が解決する場合があります。 ここでISDone.dllを再ダウンロードしてインストールします。
• ブラウザを開き、サイト

https://jp.dll-download-system.com

にアクセスします。
• ISDone.dllを検索し、ダウンロードしてC:\ windows \ system32フォルダーに保存します。
• Cortanaの入力ボックスにCommand Promptと入力し、表示されるプログラムを右クリックして、実行する管理者モードを選択します。
• regsvr32 ISDone.dllと入力し、Enterキーを押します。
• regsvr32 unarc.dllと入力し、Enterキーを押します。

これらの方法は、発生したISDone.dllファイルエラーを解決できるはずです。 ご不明な点がございましたら、コメント欄でご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です