ホーム > >

HDD内蔵ハードディスク識別できない、読め取り出来ないことの解決方法

ハードディスクはコンピュータの重要なストレージ装置として重要であることはいうまでもありませんが、ハードディスクには大量のデータが格納されていて、故障してしまうと、その損失は深刻です。ハードディスクが認識できないトラブルは、多くのユーザーが経験していると思います。このような問題をどう解決しますか?以下では、ハードディスクが識別できない原因を分析し、その解決方法をご紹介します。

ハードディスクの故障の原因が多く、ハードディスクの不良化、回路基板の焼き付けなど本体のハードウェアの破損を除けば、マザーボードやシステムの不具合でハードディスクが識別されないこともしばしばあります。たとえばコンピュータのマザーボードや電源を入れ替えた後、設定のミスでシステムがハードディスクを正しく識別できないことが多いです。

ハードディスクが識別できない原因と解決方法:

1、ハードディスクの故障で、ハードディスクが識別できない

システムがハードディスクを正しく識別できなかった場合、まずハードディスク自体の故障を排除し、ハードディスクが正常に使用されているかどうかを確認しなければならないのです。ハードディスクの回転時に発する音を聞くことで,ハードディスクの機械的な部分に問題がないかを判断できます。ハードディスクは電源を入れると,絶え間なく動作します。故障するとハードディスクの回転音もおかしくなります。

通常、机械の電源を入れて自検する時、ハードディスクは普通に「ダ…ダ…ダ……」という声が出て間もなく、静かになります。そうであれば、ハードディスクが多分大丈夫だと判断できます。

音が「ダ…ダ…ダ……」してまた何回も「ガタ…ガタガタ」という音はが出る場合、ハードディスクが故障している可能性が大きいです。

最悪の場合は自検時にハードディスクに「ダ、ダ、ダ」などの周期的な騒音が発生すると、ハードディスクの機械的な制御部分やギアアームに問題があったり、ディスクに深刻な損傷があったりします。

ハードディスクを取り外して別のパソコンに接続し,CMOSで検出しても検出できなければ,ハードディスクの問題と判断できます。

2 .ハードディスクの回路基板の部分が焼けてしまい、ハードディスクを自検することができない場合もあるが、そのような場合の発生確率は一般的には小さいが、完全には排除できないです。同じ型番の基板を交換してみてください。もし修復できなければ、専門家に依頼してハードディスク内のデータを回復することができます。

3、マザーボードのbios設定ミスでハードディスクが識別できない。

4、BIOSにハードディスクのパラメーターの設定が間違っていて、自検が通らないため、ハードディスクは正常に使用できないのです。マザーボードを交換したり、システムを再インストールしたりすることによって起こります。

現在大部分のマザーボードは2つのIDEインターフェースと2つのSATAインターフェースを提供しています。865PEチップセットのマザーボードでは一般的にBIOS設定ではSATAインターフェースをオフにしているが、その際にSATAのハードディスクを使用するとシステムが正しく識別できないのです。ほとんどのNF4と9×5系チップセットのマザーボードでは、通常はデフォルトでSATAとIDEインターフェースがオープンされているが、個別のマザーボードによっては設定上の違いがあります。場合によってはマザーボードのIDEとSATAポートをオンかオフにしててください。一般的にはオンにすればよいのです。

5、BIOSの電源設定がハードディスクの使用に影響します。

たとえば、パソコンでハードディスクが突然停止したり、すぐに起動したりすると、ハードモータの起動音が聞こえてきます。HDDに別の問題がない場合は、BIOS設定の問題となります。BIOS設定で「power management」の「HDD PowerDown」項目をチェックしてオンにします。BIOSのPower Manager Setupオプションで何かを変更したはずです。CMOSに入ると、Power Management SetupのPower ManagementがMAX Savingに設定されていることがわかりました(ハードディスクは1分以内にデータの読み取りと書き込みをせずにPower Down電源供給停止状態に入ります)。 読み取りおよび書き込みコマンドが送信されるときに、ハードディスクがすでに停止状態になり、「再起動」して動作状態にする必要があるため、ハードディスクは早かったり遅かったりします。

6、ハードディスクに異常がある時はもちろんハードディスクは識別ができません。システムのプロンプトでハードディスクの故障を判断できます。
起動後、システムの自動検査が失敗し、「primary masterharddiskfail」プロンプトが表示されます。時々自動検査出来て正常起動する場合もあります。
テストが失敗した後、BIOSにAUTO DETECTを使用してリセットできます。AUTO DETECTがハードディスクを検出できない場合があります。 この場合は通常、データケーブルとマザーボードインターフェイスの問題です。まず、データケーブルを変えて、データケーブルが正しく接続されているかどうかを確認します。データケーブルに問題がない場合は、ハードディスクを取り出して別のデバイスに取り付けて確認してください。通常は問題を確認できます。

また,電源にもこのようなヒントが現れます。ハードディスクを機器に置き換えて使えば,電源の問題を疑うべきであり,使えなければハードディスク自体に問題があります。

7、マザーボードがハードディスクを検出した場合は、まず、検出されたハードディスク容量およびその他のパラメータが実際のハードディスクパラメータと同じであるかどうかを確認します。 検出されたハードディスクの容量が実際の容量と異なる場合は、異常がある可能性があります。ハードディスク、マザーボード、またはハードディスクのデータケーブルなどの問題かもしれません排除方法で確認してみてください。

8、現在、ハードドライブは複数のフォールトトレラントテクノロジーを採用しており、最も一般的なのはS.M.A.R.Tテクノロジーです。 画面に「SMART Failure Predicted on Primary Master:ST310210A」と表示された場合、次の警告が表示されます。「“Immediately back-up your date and replase your hard disk drive. A failure mauy be immnent.」この時点で、F1を押して続行する必要があります。 SMARTテクノロジーは、ハードディスクが誤動作または不安定である可能性があると診断し、データをすぐにバックアップしてハードディスクを交換する必要があることを警告しました。 このプロンプトが表示された後は、新しいディスクを交換するしかないのです。

9、ハードディスクがオーバークロックされた後、「ハードディスクの読み取りおよび書き込みできない」が発生する場合があり、多くのハードディスクでは、高い外部周波数で作業するときに問題が発生します。 問題が軽い場合は起動できず、深刻な場合はデータが失われます。ハードディスクがオーバークロックされた後、システムの全体的な改善はそれほど大きくなく、安定性は非常に悪いため、ハードディスクをオーバークロックしないことを強くお勧めします。

上記は、識別されないハードディスクの原因とその解決策の詳細な紹介です。コンピューターを使用するとき、適切な操作とデータバックアップの良い習慣を身に付けることをお勧めします。ハードディスクに実際に障害が発生しても、バックアップデータはないなら 損失が多すぎます。 この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です