Chrome が重い!Chromeを使えば使うほど遅くなります。 いくつかの簡単な方法でこの問題を解決する

最も主流のブラウザの1つであるChromeは、ユーザーから「RAMの食いしん坊」と、使用するほど速度が低下と言われることがよくあります。 実際、ハードウェアとソフトウェア両方の原因で動作速度が低下します。その中、Chromeの設定方法が最も重要です。 ユーザーは、Googleの公式教育ガイドを参照して、スマート設定を活用し、余計なプログラムやファイルを削除できます。そうすることで、Chromeのリソースを節約し、ブラウザーをよりスムーズかつ高速に実行できます。

設定を通じてGoogleの速度が低下する問題を解決する

1、GOOGLEブラウザのアドレスバーに、chrome:// flags /と入力し、次のページの右上隅にある「Reset All」ボタンをクリックし、すべて設定をデフォルト値に設定します。

2、「設定」> 「詳細設定」>「システム」タブで、次の2つの機能にチェックマークを付けないでください。

「Google Chrome を閉じた際にバックグラウンド アプリの処理を続行する。」

「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する。」

3、アドレスバーにchrome:// plugins /と入力し、Enterキーを押してAdobe FlashPlayerを無効にします。

上記の方法で、Google Chromeのフリーズ問題の80%以上を解決できます。

同じWebサイトの処理手順を合併し、メモリ使用量を削減する

デフォルトでは、Google Chromeブラウザは多くの処理プログラムを開きます。Windowsタスクマネージャーを開いて確認すると、chrome.exeが数十個以上あることがわかります。

パラメータ変更方法:

1、まず、デスクトップ、ツールバー、またはその他のパスからGoogle Chromeショートカットを見つけ、マウスの右ボタンをクリックして、メニューの下部にある[プロパティ]を選択します。

2、次に、[ショートカット]タブをクリックし、その中の[リンク先]でパスを見つけ、下の図の青くなっている部分になります。

次に、パス最後に「–process-per-site」を追加します。「chrome.exe」の後に半角のスペース1コマを追加することを忘れないでください。このように変更してください。

“C:\ Program Files(x86)\ Google \ Chrome \ Application \ chrome.exe” –process-per-site

3、最後に、Google Chromeブラウザーを閉じて再度開きます。元の処理プログラムが大幅に削減されていることがわかります。同じウェブサイトの複数のページを開くと、メモリとシステムリソースの使用量も削減されます。

Chromeをアップグレードし、未使用のタブを閉じる

Google Chromeを高速化するための最も基本的な方法は、Chromeを最新バージョンに更新し、未使用のタブを閉じることです。 Chromeは元々「RAMの食いしん坊」で、開いているタブが多いほど、ブラウザの処理負荷が大きくなります。

ユーザーは、使用しないページを強制的に閉じることも選択できます。 特に、Chromeが過負荷になり、応答がない状況に陥った場合は、問題の原因となったChromeプログラムを強制的に閉じることをお勧めします。 ただし、未保存の作業内容は強制終了すると保存されませんのでご注意ください。

1、Chromeウェブページの右上にある「設定(縦の三点ボタン)」-「その他のツール」-「タスクマネージャ」順にクリックしてください。

2、「タスクマネージャ」ウィンドウで、リストから終了したいタスクを選択し、右下にある「プロセスを終了」ボタンをクリックしてください。

Google Chromeウェブページを開くをスピードを加速する

「設定」→「詳細設定」→「プライバシーとセキュリティ」→「Cookie と他のサイトデータ」→「ページをプリロードして、閲覧と検索をすばやく行えるようにする」をオンにします。

Webページを開く速度を上げることができます。

1、Chromeウェブページの右上にある「設定(縦の三点ボタン)」-「設定」をクリックしてください。

2、次のページの左側にある「プライバシーとセキュリティ」をクリックしてから、右側にある「Cookie と他のサイトデータ」をクリックしてください。

3、最後、次のページで「ページをプリロードして、閲覧と検索をすばやく行えるようにする」をオンにします。

Googleのサポートページによると、「ページをプリロードして、閲覧と検索をすばやく行えるようにする」がオンになっている場合、ブラウザはIPアドレスを使用してWebページをロードします。 ユーザーがWebページにアクセスすると、ChromeはWebページ内のすべてのリンクのIPアドレスを確認し、ユーザーが次に回覧可能なリンクをロードできます。 この設定をオンにすると、プリロードされたウェブサイトとすべての埋め込みコンテンツが自動的に設定してCookieを読み取ることができます。ユーザーがコンテンツにアクセスしたことがない場合でも、ロードのパフォーマンスは以前と同じになります。

Chromeは、悪意のあるソフトウェアがないかコンピューターをチェックすることもできます。

1、Chromeウェブページの右上にある「設定(縦の三点ボタン)」-「設定」をクリックしてください。

2、次のページの左側にある「詳細設定」をクリックしてから、ドロップダウンメニューで「リセットとクリーンアップ」をクリックします。そして、右側に表示される「パソコンのクリーンアップ」をクリックしてください。

3、さらに、次で表示されるページで「有害なソフトウェアの検出」項目で、「検索」をクリックしてください。

4、そうすると、画面が「有害なソフトウェアを確認しています…」と表示し、有害なソフトウェアがあるかどうかを確認し始めます。

5、最後に、検査結果が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です