ホーム > >

Excelで土曜日と日曜日のセルの塗りつぶしとテキストを自動的にマークする

下記の図を参照してください。Excelの日付リストによって、“曜日”の列にある土(休日)と日(休日)を自動的にマークし、土、日曜日と各行のセルを異なる塗りつぶしにマークします。

“曜日”の列にある土(休日)と日(休日)を自動的にマークします

セルB2:

=CHOOSE(WEEKDAY(A2,1),"日(休日)","月","火","水","木","金","土(休日)")

または

セルB2:

=LEFT(TEXT(A2,"[$-404]aaaa;@"),1)&IF(WEEKDAY(A2,2)>5,"(休日)","")

その中で、WEEKDAY関数の引数”1”は1~7が日曜日〜土曜日に対応することを表示します。

セルB2の数式を下の行にコピーします。

各土曜日と日曜日のセルを異なる塗りつぶしにマークします

一、最初に、列Aと列Bのデータがあるセルを選択します。

二、書式ルールを設定します。

1、“数式を使用して、書式設定するセルを決定”を選択します。

2、ルールの編集:=WEEKDAY($A2,2)>5;セル$A2の書式を注意してください。

3、塗りつぶしをピンクに設定します。

その中で、WEEKDAY関数の引数“2”は1~7が月曜日〜日曜日に対応することを表示します。WEEKDAY($A2,2)>5を満たすのは、土曜日と日曜日です。

[TEXT関数]書式の記号

weekday関数の説明

WEEKDAY:日付に対応する曜日を返します。既定では、戻り値は 1 (日曜) から 7 (土曜) までの範囲の整数となります。

  • 書式:WEEKDAY(シリアル値,[種類])
  • シリアル値:検索する日付のシリアル値を指定します。
  • 種類:戻り値の種類を数値で指定します。
種類戻り値
1 または省略1 (日曜) ~ 7 (土曜) の範囲の整数
21 (月曜) ~ 7 (日曜) の範囲の整数
30 (月曜) 〜 6 (日曜) の範囲の整数
111 (月曜) ~ 7 (日曜) の範囲の整数
121 (火曜) ~ 7 (月曜) の範囲の整数
131 (水曜) ~ 7 (火曜) の範囲の整数
141 (木曜) ~ 7 (水曜) の範囲の整数
151 (金曜) ~ 7 (木曜) の範囲の整数
161 (土曜) ~ 7 (金曜) の範囲の整数
171 (日曜) ~ 7 (土曜) の範囲の整数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です