25 September, 2020

Excel VBAプログラミングガイド:マクロ実行ボタンを作成します

Excelでボタンを作って、マクロ実行ボタンを作成する方法を説明します。

Excel VBAのマクロを使用して、操作が自動化にします。一般的なマクロは、Excelでボタンを作成できます。ボタンを押すと、目的のマクロを一発で実行できるようになります。次は詳しい解説です。

Step 1
「開発」―「挿入」タブを順番にクリックします。挿入の「ActiveX コントロール」から「ボタン」を選択します。

Excel挿入のActiveX コントロール オプション

Step 2
マウスを使って、 Excel で「ボタン」を作ります。

マウスを押しながら「ボタン」の大きさを調整します

Step 3
マクロを新規作成し、このボタンを押してマクロが自動的に出ます。

Excel マクロを新規作成します

Step 4
Excel はマクロのコンパイラ(VBA)が開きます。マクロコードを書けます。

VBA コンパイラ

このマクロコードの中で以下の内容を入力します。

Range("A1").Value = "小林春樹"
MsgBox "完了!"

1行目はセルのA1に小林春樹を入力し、2行目はメッセージボックスを表示します。貼り付けた後は次のようになります。

VBA コンパイラ

Step 5
Excelに戻って、先作成したマクロ実行ボタンが使えます。

先作成したボタンを押し、対応するマクロが出ます。A1に文字を入力しながら、メッセージボックスが出ます。

このように、Excelにマクロ実行ボタンを追加し、通常の操作が自動化になります。Excelでこのようなボタンを用意し、コードがわからない人さえ気楽に利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です