ホーム > >

ExcelでVBAコードが含むワークブックを保存する

2003以前のバージョンでは、xls形式のワークブックがVBAコードを任意に編集して保存できます。

2007バージョン以降、VBAコードを含むワークブックを初めて保存する時に、Excelは「次の機能はコードなしのブックに保存できません」エラーを表示します。

これは、VBAコードを含むワークブックをマクロ対応のワークブック種類として保存する必要があるためです。 Excelは、この目的のために「マクロ有効ブック」と呼ばれるxlsmタイプのワークブックを提供します。

マクロ有効ブックを保存する

初めて保存する場合は、上記のエラーが表示されるため、VBAコードを保存する場合は「いいえ」を選択してください。 [名前を付けて保存]ウィンドウで、[ファイルの種類]リストから[Excel マクロ有効ブック(.xlsm)]を選択します。

選択して保存すると、ワークブックの種類(xlsm)が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です