ホーム > >

Excel VBAマクロのセキュリティを設定する

ワークブック内の得体が知れないVBAコードを唐突で実行すると、コンピューターがウイルスに感染させるかもしれません。得体が知れないが自動的にマクロを実行しないようにするために、Excelはデフォルトでマクロの実行を無効にしています。

しかし、自分が編集したVBAコードまたは他の安全的なVBAコードを実行できるようにしたいと考えています。 Excelはさまざまなセキュリティオプションが搭載されており、コードが自動的に実行することを防ぎ、自分が編集したコードを実行できます。

マクロのセキュリティ

Excelには4つのマクロセキュリティオプションがあります。[開発]タブで、[マクロのセキュリティ]ボタンをクリックしてセキュリティセンターが開きます。 4つのオプションは次のとおりです。

  • 警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする:ワークブック内のVBAコードが実行できず、Excelもワークブックにコードが含まれていることを通知しません。
  • 警告を表示してすべてのマクロを無効にする:デフォルト状態でVBAコードが実行できません。 ただし、ExcelがVBAコードを含むワークブックを開く時に、編集バーの上にセキュリティ警告が表示され、コードの実行を有効にするか無効にするかを選択できます。 有効にした場合、同じワークブックを開く時に警告は表示されません。
  • デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする:マクロは無効になりますが、マクロがある場合は、セキュリティ警告が表示されます。 ただし、信頼できる発行元がマクロにデジタル署名し、既に発行元を信頼している場合は、マクロを実行できます。発行元に信頼していない場合は、署名済みマクロを有効にして発行元を信頼するように通知されます。
  • すべてのマクロを有効にする(推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります):すべてのマクロを実行できます。 通常、このオプションはお勧めしません。

マクロのセキュリティの推奨設定

実際のExcel VBA開発プロシージャでは、得体が知れないコードを無効化するだけでなく、自分で編集できたコードがセキュリティ警告を表示しないことを望んでいます。初心者の場合には、次のセキュリティ設定を推奨しています。

  • 警告を表示してすべてのマクロを無効にする
  • 信頼できるコードを含むワークブックのフォルダーをコンピューターに作成し、このワークブックを信頼できる場所に追加します。

警告を表示してすべてのマクロを無効にする

[開発]タブで、[マクロのセキュリティ]ボタンをクリックし、マクロ設定で[警告を表示してすべてのマクロを無効にする]を選択します。

信頼できる場所を追加する

Excelの信頼できる場所にフォルダーを追加した後、フォルダーにVBAコードを含むワークブックを開くと、セキュリティ警告は表示されず、毎回手動でコードを開く必要もありません。

設定方法:開発ツールで「マクロのセキュリティ」ボタンをクリックすると、「セキュリティ センター」ウィンドウが表示されます。左側のリストにある「信頼できる場所」をクリックします。 下の[新しい場所の追加]ボタンをクリックして、信頼できるフォルダを追加します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です