EXCEL VBAでIE操作の1つ: IE操作の準備(ライブラリの追加)

InternetExplorer操作の準備(ライブラリの追加)

Microsoft HTML Object Library,Microsoft Internet Controlsの追加方法:

Excel VBAでIEを操作するためにマクロを実行すると、Excelは最初にエラーが発生します。 IEを操作できるようにするには、HTML Document Object Library(COMコンポーネント)を追加する必要があります。まず、ライブラリを使用できるようにするため、VBEで[参照]の追加する方法について説明します。

ライブラリ(COMコンポーネント)の説明

ライブラリは、アセンブリを再利用可能な形式にすることです。 ExcelにはIE操作用のライブラリがありますが、初期には使用できません。 使用できるようにするには、設定する必要があります。

IE操作に必要なライブラリ

IEを操作するには、次の2つのライブラリが必要です。

  • Microsoft HTML Object Library
  • Microsoft Internet Controls

上記の2つのライブラリが[参照]に追加されている場合、IEを操作するために、必要なHTMLDocumentオブジェクトを使用できます。

VBEにある[参照]の設定方法

設定方法は次の通りです。

1、VBAコードインターフェース(VBE)を開きます。(ショートカットキーはAlt+F11)

2、[ツールバー]にある[ツール]タブをクリックして、[参照設定]を選択します。

3、[Microsoft HTML Object Library]と[Microsoft Internet Controls]を追加します。

4、[OK]をクリックして、設定を完了します。

設定が完了した後、また[参照設定]を開き、[Microsoft HTML Object Library]と[Microsoft Internet Controls]の左側にあるチェックマークが選択されているかどうかを確認してください。これより、IE操作のライブラリをすでに使用できます。

ライブラリの検証(IEテストを行う)

次のマクロは、追加されたライブラリが使用できるかどうかを確認するため、実行されるIEテストです。

コードの内容にあまり気にしなくても大丈夫です。ただ次のコードを標準モジュールに貼り付けて実行するだけでいいです。(これはVBAの基礎内容に属し、詳細に説明しません)

Sub IE()
Dim objIE As InternetExplorer
'IE(InternetExplorer)オブジェクトを作成する
Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")
'IE(InternetExplorer)启动
objIE.Visible = True
End Sub
実行した結果

図のようにIEを開くと、追加したライブラリは正常に使用できることを意味します。

まとめ

上記の説明を通じて、EXCEL VBAを使用してIEを操作する場合は、対応するライブラリで操作する概念を理解する必要があります。 Excelには、IEを操作できるライブラリ以外、データベースを操作できるDAO(Data Access Object)などのさまざまなライブラリがあります。 将来、より便利なライブラリを使用するときは、それらを1つずつ覚えておいてください。

これで準備は完了です。次の記事では、IE操作の基本的な操作について説明します。これは、IE操作に対して重要な部分です。この部分をよく理解できない場合は、IE操作は進めません。記事を理解できるまで繰り返し読んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です