24 October, 2020

Excel開発ツールを有効するチュートリアル

Excel VBAを使用する場合には、[開発ツール]タブに含まれているコマンドを使用する必要があります。 デフォルトの場合には、[開発ツール]タブは非表示であるため、手動で有効にする必要があります。一回の有効にすると、ワークブックを開くたびにこのタブが自動的に表示されます。

開発ツールを有効する

ステップ1:ツールバーの任意のところに右クリックし、ポップアップメニューから[リボンのユーザー設定]を選択します。

ステップ2:右側のタブリストで、「開発」を見つけて選択します。

ステップ3:[OK]をクリックすると、ツールバーに[開発]タブが表示されます。

開発ツールを理解する

[開発]タブには3つのコマンドグループが含まれており、その中で一番よく使われるのはコマンドです。アドインならあまり使われないのため、基礎知識を勉強した後、解説します。

次には[コード]の機能について簡単に解説します。

  • Visual Basic:VBAエディターを開きます。ショートカットキーは[Alt + F11]です。
  • マクロ:マクロリストを開き、実行、変更、削除など、リスト内のマクロが編集できます。ここでのマクロは、上記で解説したプロシージャプロシージャです。
  • マクロの記録:キーボードとマウスの操作を自動的にVBAコードに変換します。 この機能は、実際の開発プロシージャに役立ちます。 具体的な使用法については、後の記事で解説します。
  • 相対参照で記録:マクロを記録する設定オプションです。
  • マクロのセキュリティ:ExcelがVBAコードを含むワークブックを処理する方法を設定します。 悪意のあるコードが存在するため、マクロのセキュリティは通常、無効に設定されています。

最も基本的なフォームコントロールは次のとおりです。

  • テキストコントロール
  • ボタンコントロール
  • リストコントロール
  • 入力コントロール

フォームの詳細については、「ユーザーフォーム」の章で詳しく解説します。

その他の基本概念

VBAエディター

VBAエディターは、ExcelでVBAコードを編集する場所です。エディターでは、次の操作を実行できます。

  • コードを編集します
  • 既存のコードを修正します
  • 新規モジュールを挿入し、モジュール内のコードを編集します
  • ユーザーフォーム、デザインフォームを挿入します
  • コードを実行します
  • コードのデバッグ

この部分は「Excel VBAエディター」の章で詳しく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です