ホーム > >

VBA定数の基礎チュートリアル

VBA定数は、VBA変数に相対しています。 変数と異なり、定数が割り当てられると、その値は変更できません。 プログラムを実行する過程で、その値は変更されません。新しいデータが強制的に割り当てられると、VBAはエラーを報告します。

VBA定数を使用すると、値がもっと便利な方法で表現でき、プログラミングの効率も向上させることができます。例えば、Piを使用して「3.14159 …」を表し、コードでPiはπ値を表します。

定数を宣言する

定数を宣言するのは変数を宣言するのと似ています。名前とデータタイプを指定する必要があります。 相違点は、定数の値を宣言する時に指定する必要があることです。

定数を宣言するためのステートメントは次のとおりです。

Const [定数名] As [データタイプ] = [値]

そのうち、Constは定数を意味する英語のConstantの略語です。

定数を定義する

変数と同様に、定数の定義は次の条件を満たす必要があります。そうではない場合、プログラムは実行できません。

  • 最初は英字で始まる必要があります。
  • スペース、.(英字の句点)、!(感嘆符)、@、&、$、#およびその他の符号を含むことはできません。
  • 長さは255文字を超えることはできません。
  • VBAに保存されているキーワードを変数名として使用することはできません。

定数タイプ

定数タイプと変数タイプの形式は同じです。具体的な情報については、変数のチュートリアルを参照してください。

VBA 変数

実例

次は例を挙げます。πの値を定数として宣言し、後のプロシージャで、Piをπの値として直接使用して計算過程に入ります。

Sub MyCode()

'定数πを宣言する
Const Pi As Double = 3.14159

'半径rと周長Cの変数を宣言する
Dim r As Double
Dim C As Double

'セルA1から半径の値を読み取り
r = Range("A1").Value

'周長を計算する
C = 2 * Pi * r

MsgBox "周長:" & C

End Sub

結果を見てください。

まとめ

この記事では、VBAのもう1つの基本概念であるVBA定数について勉強しました。 定数は変数と異なり、値が固定です。プログラムでは、複雑な値が定数を使用して表示し、コードを簡素化し、効率を向上させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です