ホーム > >

VBAプログラムの順次構造

VBAプログラム構造の概要」という記事で述べたように、プログラム構造の一番重要な部分はプログラム実行構造です。

ほとんどのプログラミング言語には、順次構造、反復構造選択構造の3つの基本的なプログラム実行構造があります。これらの3つの基本構造を組み合わせることで、簡単から複雑な演算を実行します。

次には、最も基本的な順次構造を説明します。

順次構造の実行方式

順次構造とは、指定した順序で順次に実行することです。 VBAの実行順序は、左から右、上から下です。

次のコードを実行した後、上記の順序に従って、対応する内容を印刷します。 その中のDebug.Print関数はVBAの内蔵関数であり、指定された内容をイミディエイトウィンドウに印刷するために使用されます。

ネストされたサブプロシージャと関数の実行方式

実際の開発過程では、コードを整理するために、1つのプロシージャで他のプロシージャと関数を使用する場合があります。 この状況は、Excelのネストされた関数に似ています。

プログラムがサブプロシージャまたは関数に対して実行されるときは、順次実行のルールに従い、まずサブプロシージャまたは関数を実行してから、次のコードを実行し続けます。 サブプロシージャまたは関数は順次実行です。

次のコードを実行した後、上記の順序に従って、対応する内容を印刷します。キーワードのCallは、プロシージャまたは関数を実行するために使用されます。

まとめ

順次構造は、いくつかの実行方法の中で最も基本的なものです。 サブプロシージャ、サブ関数、およびその他の実行構造はすべて順次構造で実行されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です