エクセルVBA入門 – Excel VBA初級から上級になる詳しいチュートリアル

Excelにある多くの機能の中で、VBAは最も重要で難しい部分です。データ処理が含まれる場合には、VBAが簡単なデータ処理からバッチデータ分析、または他のOfficeソフトウェアと連携すること、OSと連携して複雑な機能を実現することに対応できます。

Excel VBAとは何ですか?初心者はどうやって学びますか? ようこそVBAの世界へ!Excel VBA は0から上級まで解説し、最後に自分のVBAプログラムを作成します。

Excel VBAとは何ですか?

まず、最初の問題は、Excel VBAとは何ですか?

Visual Basic for Applications(VBA)は、Visual Basicのマクロ言語であり、デスクトップアプリケーションで一般的な自動化(OLE)タスクを実行するためにMicrosoftによって開発されたプログラミング言語です。主に、Windowsアプリケーション、特にMicrosoft Officeソフトウェアの機能を拡張するために使用されます。

上記はウィキペディアにあるVBAの定義です。簡単に言うと、VBAはMicrosoft Officeソフトウェアで実行されるプログラミング言語であり、ソフトウェアに含まれていない関数を作成できます。 Officeソフトウェアは、カスタムされた要件を実現するためにVBAから呼び出すことができる豊富な機能インターフェイスを提供します。 つまり、マウスとキーボードで実行できることは、VBAでも実行できます。

上記のように、VBAはExcel、Word、PPT、OutlookなどのOfficeソフトウェアで実行できます。 VBA言語はOfficeソフトウェアで通用であり、構文と使用方法は同じです。 ただし、各ソフトウェアには独自のオブジェクトがあります。例えば、Excelにはセルオブジェクト、Wordには段落オブジェクト、PPTにはスライドオブジェクトがあります。

Excel VBAには、カスタム関数の入力、任意のグラフの挿入、多数のデータセルのバッチ処理、およびタスクを自動化するためのプラグインを作成できます。 デスクトップソフトウェアに匹敵する機能を持つExcelに基づいて複雑な管理システムを作成することも可能です。

このチュートリアルでは、VBA言語の構文とExcelにある特定のオブジェクトの使用方法について学びます。次のチュートリアルでは、特別な注意事項がない場合、記事に記載されているVBAはExcel VBAのことです。

VBAとマクロの違いは何ですか?

VBAを学ぶ過程で、「マクロ」という言葉がよく使われます。 簡単に言えば、マクロは実行可能なVBAコードの一部であり、略語とも言えます。そのため、VBAを学ぶ時に、両方の違いについて心配する必要はありません。マクロは、VBAで記述されたコードの一部であることを分かればいいです。

Excel VBAの役割は何ですか?

上記のように、ExcelのVBAは簡単なデータ処理からバッチデータ分析、または他のOfficeソフトウェアと連携すること、OSと連携して複雑な機能を実現することに対応できます。次には、Excel VBAの重要な用途を解説します。

  • 時間の節約:ワンクボタンで任意数量の操作を繰り返すことができます。例えば、20個の新規ワークシートを作成する場合、手動操作には1分間かかるかもしれませんが、 VBAを使用するとだた1秒しかかかりません。
  • 自動化されたタスク:ワンクボタンで、事前設定された手順に従って操作を自動的に行います。例えば、グラフの挿入とフォントの調整は面倒のため、何分間がかかりますが、 VBAを使用してプログラムを入力し、ワンクボタンですべての操作を数秒で完了できます。
  • ミスの減少:手動で誤操作からのミスと比べると、VBAコードが正しく記入されている限り、実行の際に間違いは発生しません。例えば、ある領域から指定されたデータをフィルターして別のセルにコピーする場合、手動操作によって選択すべきセルを漏れる可能性があります。しかし、VBAを使用すると、操作は短時間で間違いなしで正しく完了します。
  • 他のソフトウェアに対応する:VBAを使用して、ExcelでWord、PPT、およびその他のファイルを作成および更新できます。また、システムと連携して、他のファイルを開かずに、コピー、移動、名前の変更などの操作を実行することもできます。

Excel VBAの基礎知識

VBA変数、種類、演算子

VBAプログラムの構成

VBAのプロシージャと関数(Sub | Function)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です