Excelを使用したことがないのか?初心者向けのExcelチュートリアルはこちらへ

この間のExcelチュートリアルは好評を受けましたが、一部の読者はより簡単なチュートリアルはないかと聞きました。答えは:あります。この記事は初心者向けのチュートリアルです。

Excelの始め方 – エクセル初心者入門講座

すべての数式はイコール “=”から始まる

Excelを使用して加減乗除のいずれを実行する場合、数式を入力する時、最初はイコール “=”を入力しなければならないです。数式を入力した後、Enterキー(演算を開始する意味です)を押します。計算結果は数値で表示され、数式は数値の下に隠れて非表示されます。このセルをダブルクリックして、非表示された数式を表示されます。

数式を入力するとき、結果を表示するセルをクリックし、イコール “=”を入力してから、数式を入力します。(ヒント:半角文字を入力してください)例えば:D3セルに「=B3*C3」と入力すると、D3セルの値はB3がC3を掛けて得られる値であることを意味します。(表示されるのは数値で、数式は非表示されています)

[貼り付け]機能を使用する場合、数式は自動的に計算範囲を調整する

D3に数式(=B3*C3)を入力した後、この数式を他のセルにコピーすることもできます。セルD3の右下に移動し、十字記号に変わったらドラッグすると、数式を他のセルにコピーできます。

例えば、D3の数式をD4にコピーすると、D4の数式は自動的に=B4* C4になり、D5の数式は=B5*C5になります。この機能は、「相対参照」と呼ばれます。

数式に変更したくない数値がある場合は、数値の前に「$」記号を追加する

数式を貼り付けて、行と列の数に応じて自動的に調整する機能と違い、数式にある値を固定したい場合は、$記号を追加します。「絶対参照」と呼ばれます。

例えば、製品の売上高の割合を計算する場合、A製品の割合の数式は=B2/B5(B5は合計です)、B製品の割合の数式は相対参照の数式を貼り付けると、B3/B6になります。(間違いました。正解はB3/B5です)

数式のB5を固定したい場合は、数式を「=B2/$B$5」と記述する必要があります。ヒント:行と列の前にそれぞれ$記号を追加する必要があります。 数式を貼り付ける時にも、B5を分母として計算されます。

次には関数を説明します。関数を見ると数学の方程式を思い出すでしょう?Excelの関数は数学の方程式ではなく、ただ複雑の操作を簡単に実行できるようにツールです。

関数は数字の合計、個数の統計を計算できます。時間がかかる繰り返し作業をExcelの関数に任せてください。

SUM合計関数を使用すると、ミスがないし、時間も節約できる

Excelにある98回の営業データを合計する場合、数式バーで数式にC3+C4+C5からC100まで入力しなければならないで、長すぎてミスが発生するかもしれません。

この場合はSUM関数を使用すべきです。C3からC100までの数値を入力することを数式=SUM(C3:C100)に変更できます。ヒント:上記のポイントはまだ覚えていますか?数式の開始はイコールの”=”です。SUM は合計関数の関数名で、( )は計算範囲を入力するところです。

関数はリストから選択でき、範囲はドラッグで選択できる

数式を入力するセルを選択した後、「=」記号を入力し、関数の最初の文字を入力します。(SUM関数の場合はSを入力します)。Sで始まるすべての関数が表示されます。

直接SUMを探します。

選択したい関数(ここはSUMです)をダブルクリックすると、数式は「=SUM(」になります。(括弧も表示されます)

最後、合計範囲を入力するか、Excelのテーブルからドラッグして選択するかどちらの入力方式でもいいです。合計結果がはすぐに表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です