EXCELでT検定を実行する

仕事では、製品や経営戦略を最適化するためにABテストがよく使用されますが、こういう時では、テスト参照値と対照値の間に有意差があるかどうかを判断するためにT検定が必要です。 ExcelでT検定を実行する方法は次のとおりです。

1、Excelを開いて、グループAのデータとグループBのデータを入力します。 次の図のようです。

2、空白のセルにttest関数(t.testと同じです)を挿入します。引数の説明:

配列1、配列2は両方のデータ配列を指定します。

検定の指定:片側検定の場合は1、両側検定の場合は2を指定します。

検定の種類:実行するT検定の種類を指定します。対応のある検定の場合は1、2標本の等分散が仮定できる場合は2、2標本が非等分散の場合は3を指定します。

3、確認した後、T検定のP値を取得できます。P<0.05の場合は有意差があり、P <0.01の場合は非常な有意差があります。

上記のT検定で得られたP値は、実際にはグループAとグループBの平均値が同じである確率です。P値が0.05未満の場合、グループAとグループBの平均値は同じ確率が小さいイベントであり、つまりグループAとグループBの平均値が異なると見なされます。

引数の選択について

検定の種類について

1は対応のある検定を意味します。一般的に医療テストが使用されます。例えば、上記のデータのグループAとグループBの各行は、同じユーザーが投薬前後の特定の検定データを比較します。

2は標本の等分散が仮定できることを意味します。つまり、グループAとグループBの分散が等しい場合のT検定です。

2標本が非等分散の場合は3を指定します。つまり、グループAとグループBの分散が等しくない場合のT検定です。

グループAとグループBの分散が等しいかどうかを判断する方法

F検定は事前に行う必要があります。F検定の方法は非常に簡単で、Excelも実行できます。次にはftest(f.testと同じです)を使用してF検定を実行する過程です。

F検定は不均一分散の検定であり、P値を計算した結果は、2つのグループのデータの分散が等しい確率です。 上記の結果が0.05より大きい場合、グループAとグループBの分散は等しいと見なすことができるため、T検定を実行すると、検定の種類は2となります。

検定の指定について

両側検定、計算結果P値は、グループAとグループBの平均値が異なる確率を表します。片側検定、グループBが最適化された値であると想定し、最適化後に数値が低下したかどうか、および計算結果P値を返し、グループBの平均値がグループAの平均値よりも大きい確率を示します。

実際には、片側か、両側か、どちらを選択するかについて明確な区別はありません。

一般的に言うと、2つのグループの中で、どちらが優れているか(より大きく、より効果的など)を比較したい場合、特にグループの1つで特別な介入が実行された場合、または介入を実行した後予想が変更することは大量のデータで表明している場合、片側検定を使用する必要があります。研究者が、違いの方向に関係なく、2つのグループの間に違いがあるかどうかを知りたい場合は、両側検定が必要です。

次には幾つかの例を挙げます

1、片側検査に対応する例:

ある医者さんは、病気を治療するための新しい介入方法を発見しました。彼は、新しい方法が現在使用されている方法よりも格安で効果的であると信じています。

被験者が催眠された前後の血圧を比較して、血圧が大幅に低下するかどうかを確認します。

2、両側検査に対応する例:

心理学者は男性と女性を比較し、過去1年間彼らが異性との喧嘩の平均回数は違いがあるかどうかを研究します。

hip-hopとjazzのBGMで鼠の活動を比較します。

両側検査はより厳しいです。検定の指定を1に変更すると、P値はさらに小さくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です