いくつかの実例からsumproduct関数を学ぶ

ExcelにあるSUMPRODUCT関数の使い方は、対応する範囲または配列の積の合計を返す

sumproduct関数の使い方

SUMPRODUCT関数の書式:

SUMPRODUCT (配列 1, [配列 2], [配列 3],…)

その中で、配列1、配列2、配列3、…は2〜30個の配列であり、対応する要素を乗算して合計します。

まず、簡単なケースでSUMPRODUCT関数を理解しましょう。

数式

=SUMPRODUCT(A2:B4*C2:D4)

を入力し、A2:B4とC2:D4この2つの区域に対応する要素を乗算し、積を合計します。つまり、3*2+4*7+8*6+6*7+1*5+9*3、結果は156です。

sumproduct関数で平均給与を求める

平均給与を超える人数を計算する場合は、sumproduct関数と平均値関数と組み合わせて使用して完了できます。 セルD2の数式は次のとおりです。

=SUMPRODUCT((B2:B10>AVERAGE(B2:B10))*1)

Sumproduct関数、複数の条件をに満たす数を計算する

SUMPRODUCT関数は、複数の条件を満たすデータの数を計算するために使用されます。 数式は次のとおりです。SUMPRODUCT((配列1)*(配列2)*(配列3)*…)

帽子の数を統計します。

この例は単一の条件付き合計です。 まず、条件を設定する必要があります。例えば、B2:B11=B2がB2:B11の範囲にB2と等しいセルを返します。[B2と等しい]は条件となります。

=SUMPRODUCT(B2:B11=B2)

と直接入力すると、結果は0になります。 これは、最初の使い方に説明したように、関数SUMPRODUCTは、数値以外の配列要素を0として処理します。B2:B11=B2、F9キーを押して、論理値のtrueとfalseを返すため、0になります。

どうやって論理値を数値に変換されますか?論理値を演算過程に追加してください。–,*1,+0などを使用できます。 たとえば、=TRUE*1は1になります。 =FALSE*1は0です。 これより、(B2:B11=B2)の外側に*1を追加するだけでいいです。

数式:

=SUMPRODUCT(1*(B2:B11=B2))

、結果は2となります。

佐藤さんが売れた帽子の数を統計します

この例には2つの条件があります。1つは商品の帽子であり、B2:B11=B2で表されます。もう1つは販売員の佐藤です。C2:C11=”佐藤”で表されます。

SUMPRODUCT((配列1)*(配列2)*(配列3)*…)により、数式=SUMPRODUCT((B2:B11=B2)*(C2:C11=”佐藤”))を取得します。結果は1です。

sumproduct関数、複数の条件で合計する

関数SUMPRODUCTを使用して合計します。関数に必要な引数の1つは判断の条件であり、もう1つは合計するデータ範囲です。

SUMPRODUCT関数の合計書式:

SUMPRODUCT((配列1)*(配列2)*(配列3)*…合計範囲)

帽子の売上高

数式

=SUMPRODUCT((B2:B11=B2)*C2:C11)

帽子の売上高(佐藤)

数式:

=SUMPRODUCT((B2:B11=B2)*(C2:C11=C2)*D2:D11)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です