27 September, 2020

Excel SUMIF関数の使用方法:IF関数とSUM関数を組み合わせて数値の合計を求めます

ExcelのSUMIF関数は自分で検索条件(IF)を設定し、条件に当てる数値が合算できます。

Excelテーブルにある数値を合算する場合に、普通はSUM関数を利用すればいいですが、もし特定の検索条件に従って数値を合算する場合は、代わりにSUMIF関数を使用する必要があります。次に SUMIF関数の使用方法を説明します。

もし一定の検索条件から個数を合算する方法はまだ分からない場合は、COUNTIF と COUNTIFS 関数の使用方法をご覧ください

SUMIF関数の使用方法

販売された様々な商品に関する情報を含む商品販売のExcelテーブルを例にします。

Excelテーブル

「キーボード」の販売数量をすぐに知りたい場合は、SUMIF関数をお勧めします。次には2つのやり方を説明します。1つは「関数の挿入」ボタンであり、もう1つはセルに関数を入力することです。

Excelの「関数の挿入」ボタン

Excelインタフェース上部のオプションにある「関数の挿入」ボタンで使用者は様々な関数を挿入できます。マウスで関数と範囲を選択できます。初心者向けの便利なボタンです。

Step 1

Excelテーブルから計算結果を入れる新しいセル(例のところはH4に選択しました。)をクリックし、「数式」タブでの「関数の挿入」をクリックします。

関数の挿入

Step 2

「数学/三角」の分類から「SUMIF」関数を選択します。

関数の挿入

Step 3

次はSUMIF関数にある3つの引数を設定します。

最初の「範囲」は検索の対象とするセル範囲です。ここでは商品の「キーボード」を探すため、範囲は商品の列であり、つまりC2からC16を選択します。

2番目の「検索条件」は検索するための条件です。ここでは「キーボード」を入力します。

3番目の「合計範囲」は合計したい値が入力されているセル範囲です。この例では「キーボード」の販売数量を合算するため、販売数量の列(E2:E16)を選択します。

SUMIF関数の引数を設定します

設定した後、SUMIF関数は範囲内のデータを1つずつ検索します。データによって設定された条件を満たす場合は、合計範囲内の対応するセルの数値を合計し、条件を満たさない場合はスキップします。

3つの引数を設定したら、「OK」をクリックします。

Step 4

「H4」セルに合算の結果が出ます。つまり「キーボード」の販売数量です。

合算結果

直接数式を入力します

数式を書くことに慣れた人なら、直接 Excelのセルに数式を入力すればいいです。数式の書き方は次のように表示します。

=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)

「キーボード」の販売数量を例に言うと、以下は書き方です。

=SUMIF(C2:C16,"キーボード",E2:E16)

実は、上記で説明した「関数の挿入」ボタンは、この数式を生成するだけです。SUMIFの書き方に慣れた後、直接入力する方が速いです。

SUMIF関数の書き方

複数の検索条件

「キーボード」と「サングラス」の販売数量を合算する場合は、2つのSUMIF関数を利用し、「キーボード」と「サングラス」の販売数量を個別に計算し、最後に2つの結果を合計します。

=SUMIF(C2:C16,"キーボード",E2:E16)+SUMIF(C2:C16,"サングラス",E2:E16)

このように入力すれば、すぐに結果が出ます。これも最も簡単な方法です。

複数の検索条件を合算します。

もう1つの方法は、複数の検索条件を入力し、2つの商品の販売数量は同時に合算できます。そして、SUM関数を利用し、先の結果が合計できます。

=SUM(SUMIF(C2:C16,{"キーボード","サングラス"},E2:E16))

この方法で同じ結果が出ます。数式は先のより簡潔です。

複数の検索条件を合算します

日付を範囲に設定できます。

SUMIF関数も日付に適用です。

もし2020年7月16日以降、全商品の販売数量を合算する場合は、次のように入力してください。

=SUMIF(A2:A16,">=2020/07/16",E2:E16)

ここでは検索の範囲は日付の列に設定し、検索条件は「>=2020/07/16」に設定します。意味は2020年7月16日の当日及びその以降です。

日付によって合算します。

これより2020年7月16日から販売した商品の数量が合算できます。

日付によって合算します。

日付の区間

2つの日付の間のデータを合算したい場合は、2つのSUMIF関数で合算できます。

2020年7月後半の販売数量を合算する場合には、まずSUMIF関数で7月16日以降の販売数量を計算し、また、8月1日以降の販売数量を差し引いて、最終結果が出ます。

=SUMIF(A2:A16,">=2020/07/16",E2:E16)-SUMIF(A2:A16,">=2020/08/01",E2:E16)

これより最終結果が出ます。

日付の区間によって合算します

もう1つのやり方はSUMIFS関数を利用します。これは複数の検索条件を合算できる関数です。第1引数は合計対象範囲で、後にある任意の検索条件と組み合わせて合算できます。

=SUMIFS(E2:E16,A2:A16,">=2020/07/16",A2:A16,"<2020/08/01")

この関数より7月後半の販売数量が合算できます。

日付の区間によって合算します。

数値を検索条件にします

数値を検索条件にして合算する場合は、検索条件のところに数値及び判断条件を入力すればいいです。

次は単価が3,500円以上の商品の販売数量を合算する例です。

=SUMIF(D2:D16,">=3,500",E2:E16)
数値によって合算します

ワイルドカードである検索条件

もし文字の検索条件は曖昧の場合は、ワイルドカード(*と?)を利用し、合算を実行します。

小林氏の販売数量を合算する場合は、次のように入力してください。

=SUMIF(B2:B16,"小林*",E2:E16)

アスタリスク(*)は任意の文字(数の制限なし)を代われます。SUMIF関数はすべての担当者をスキャンし、小林氏を引き出し、販売数量を合算します。

もう1つの記号は「?」です。1つの文字を代われます。もし「小林・介」の販売数量を合算したい場合は、次のように入力してください。

=SUMIF(B2:B16,"小林?介",E2:E16)

これより「小林龍介」と「小林俊介」のデータが見つけます。

他の例

もし範囲と検索条件が同じなら、三番目の合計範囲に何も入力しません。SUMIF関数は最初の範囲から検索して合算します。

すべての3,000円以上の商品を合算する場合は、次のように入力してください。

=SUMIF(F2:F16,">=3,000")

この数式ですべての3,000円以上の商品を合算できます。

合算の結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です