ホーム > >

多機能SUBTOTAL関数の詳細、引数の1から9、11まで何の役割があるのか

今回は、あんまり使用されていないSUBTOTAL関数を紹介します。合計用のSUM関数、または個数を統計するCOUNT関数など、読者の皆さんはもう使用方法に熟練していると思います。しかし、非表示の列がある場合の合計はどうすればいいですか?非表示の列が含むかどうかをどうやって確認できますか?非表示の列も含む合計はSUM関数を使用すればいいですが、非表示の列が含まれない場合の方形は何を使用しますか?この場合は多機能のSUBTOTAL関数の登場です。次には多機能のSUBTOTAL関数を説明します。

多機能のSUBTOTAL関数の使い方:

例では1,3,5,7,9から15までの配列があります。4、5行目を非表示にします。

このとき、SUM関数を使用してC2:C9の合計を求めると、返す結果は非表示の行のデータが含まれ、64になります。次には非表示の行の数値含まれない合計する方法を説明します。

数式は:

=SUBTOTAL(109,C2:C9)

この関数について少し説明します。SUBTOTALは単一の関数ではなく、複合関数です。つまり、指定した引数によって異なる可能性があり、結果も異なります。

条件の非表示の行は含まない場合、引数の109はSUMを表しますが、非表示の行は含まれません。もちろん、C2:C9が計算範囲です。

109から1と0を削除し、9だけを残すと、非表示の行の数値が含まれることを意味します。これは非常に基本的な引数です。次にはやってみましょう。

非表示の行が含まれていない場合に、平均値を求める時、引数が101を使用します。やってみましょう。

次には各引数を説明します。

このSUBTOTAL複合関数には、非表示の値を含めて一緒に計算される11個の引数(1~11)があり、逆に非表示の値を含まない引数は101~111です。合計で22個の引数があります。これらの関数には、AVERAGE(平均値)、COUNT(空白が含むセルの数)、COUNTA(空白が含まないセルの数)、MAX(配列の最大値)、MIN(配列の最小値)、PRODUCT( すべての値を乗算した結果)、SUM(合計)、および他の4つの関数は説明が少し難しく、通常はほとんど使用されないため、ここでは省略します。

ここまでの説明を掌握すればいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です