ホーム > >

Excelでセル内に折り返す3つの方法

Excelの「セル内に折り返す方法」という質問はおそらく最も検索される質問の1つです。

この問題にあったとき、通常、考えずにEnterキーを押しますが、すぐに、間違っていることに気づき、結局失敗してしまいました。

次には3つの方法を紹介します。

折り返す機能を使用する

Excelがセル内に自動的に折り返し機能を提供していることを発見したかもしれません。セルにこのオプションを有効にした後、セルの内容が端に達すると、自動的に折り返されます。

折り返し機能では、セルの幅の変化によって折り返す位置が変化されます。折り返す位置を指定する必要がある場合は、次の方法をご覧ください。

ショートカットキー「Alt + Enter」を使用する

セルにデータを入力する時に、ショートカットキーAlt + Enterを使用して、指定した位置で行を折り返します。

数式で折り返す

数式を使用して異なるセルの内容を接続する場合があります。指定した位置で行を折り返す必要がある場合、上記の方法を使用できません。

考え方は数式で問題を解決します。Excelには、改行記号を含む指定された文字を数式に挿入できるCHAR関数が提供されています。

CHAR(10)

数式を入力した後、Excelが自動的に折り返す機能が有効になってないことに気付いたかもしれません。そのため、数式の折り返し効果には、折り返し機能を手動で有効にする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です