24 October, 2020

Excelの指定範囲を印刷する方法

通常、テーブルを作成する時には空白部分に注意事項を記入しますが、印刷する時に、注意事項の部分を印刷したくないです。

次の図によって示します。

直接印刷すると、次の図のようになります。

実際には、赤いフォントの注意事項の部分を印刷する必要はありません。次には二つの解決策を解説します。

1、主動的な選択

この方法は、このテーブルを使用する人が印刷する範囲を手動で選択します。

印刷プレビューをクリックし、[選択した部分を印刷]を選択します。

これより指定した部分を印刷できますが、毎度手動で印刷する内容を指定する必要があるため、手数がかかります。

2、テーブルを作成する時、印刷範囲を設定します

この方法は、作成する時に、テンプレートを設定し、印刷する時には手数もかかりません。設定する方法も簡単です。ページ レイアウトの印刷範囲を設定すればいいです。

テンプレートが作成すると、だれでも直接印刷できます。テンプレートが設定し、印刷範囲も設定すれば、他の部分を印刷されないです。

誰かこのテーブルを印刷しても、赤いフォントの注意事項が印刷範囲に所属していないです。

このようなテーブルをよく使われ、印刷する場合には、先に設定すれば、直接印刷できます。

他人からもらったテーブルを印刷する時に、印刷範囲が設定された場合には、ページ レイアウトから印刷範囲をクリアできます。

印刷する機能の使用方法が分かりましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です