Excelで印刷範囲を設定する方法

コンテンツはExcelワークシートで処理され、最終的に印刷されます。ワークシートにあるコンテンツをすべて印刷する必要がありません。 印刷範囲と印刷詳細を指定できます。

印刷範囲を設定する

1、レイアウトに印刷範囲を設定します。印刷する場合は、その範囲の内容のみを印刷します。複数の印刷範囲を設定すると、各印刷範囲が異なる用紙に印刷されます。

2、まず1つ以上の範囲を選択し、印刷する際に選択します。印刷範囲を設定すると、選択した範囲のみを印刷します。複数の不連続な範囲を選択すると、各範囲が異なる用紙に印刷されます。印刷範囲をクリアしたい場合は、[印刷範囲のクリア]を選択すればいいです。

1と2を比較すると、[印刷範囲]を設定すれば、レイアウトの内容が選択した範囲のみになりますが、印刷する時に、印刷範囲を選択するほうがより柔軟です。いつでも変更できるためです。

3、[ページ設定]にある[シート]タブで詳しい印刷設定を調整できます。

(1) 印刷範囲:(一)と同じ操作。

(2) 印刷タイトル:各ページに印刷するタイトル行/タイトル列を指定できる。

(3) 印刷内容:

A) セルの枠線を印刷するかどうかを設定する。

B) コメントとメモを印刷する(なし、シートの末尾、画面表示イメージ(メモのみ))

C) セルのエラーを印刷する(表示する、空白、–、#N/A)

D) 行列番号を印刷する:行番号列番号を印刷する。

E) ページの方向を設定する:(左から右、上から下)

4、印刷するオブジェクトを調整するには、(Alt+F10)[選択]ウィンドウを開き、1つのオブジェクトを選択すると、表示/非表示を設定でき、非表示にする場合は印刷しません。

5、図形の書式設定の[図形のオプション]タブにある[サイズプロパティ]で、[オブジェクトを印刷する]のチェックマークをオフにすれば、このオブジェクトは印刷しません。

印刷範囲の設定/印刷範囲に追加

他のセル範囲を印刷する必要がある場合、直接印刷すれば表示されず、追加の操作は必要です。追加したい範囲を選択し、ページレイアウトのツールバーにある[印刷範囲]タブをクリックすると、[印刷範囲に追加]オプションが表示されます。

元の印刷範囲に追加したい場合はこのオプションをクリックすればいいです。追加して前のデバイスで印刷したい場合は、元の印刷範囲を今選択した区域に変更したい場合は、[印刷範囲の設定]をクリックすればいいです。

印刷範囲のクリア

印刷が完了すると、次に使用するときのトラブルを避けるために、印刷範囲をクリアすることをお勧めです。任意のセルを選択し、印刷範囲で[印刷範囲のクリア]を選択します。

EXCELテーブルが印刷範囲を超えた場合の解決策

1、余裕がある場合、テーブルは縮小できますが、テーブルの内容がはっきりと見えるように縮小する必要があります。

2、[ファイル]の[印刷]設定で、上、下、左、右余白を調整して、テーブルを印刷範囲に入るように調整します。

3、はっきりと見えるのを前提として、文字サイズとテーブルサイズをできるだけ小さくします。

4、EXCELの[表示]タブにある[改ページプレビュー]オプションから点線をドラッグすれば調整できます。

5、[表示]タブにある[ページレイアウト]をクリックして、1ページ枠線がどこにあるかを確認できます。枠線にマウスを置いて、マウスが二重矢印として表示され、枠線を適切な場所にドラッグできます。

それでもテーブルのすべてを印刷できない場合は、[ページレイアウト]でページ余白を設定してページ余白を小さくするか、テーブルの幅を少し小さく設定するか、どちらも役に立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です