ホーム > >

Excelで円グラフを作成し、データをより直感的にする

同じの円グラフに項目が多すぎて分類されるデータが小さすぎる場合は、読みづらくなるため、重要性の低いデータを別の小さな円グラフで表し、チャートは綺麗になります。

やり方

Step 1.まず、2-D円を作成する

1、データ範囲を選択する>挿入>円またはドーナツグラフの挿入>2-D円

2、円グラフにラベルを追加し、円グラフを選択して右クリックし、[データ ラベルの追加]を選択します。

3、データラベルを変更します。データラベルをクリックして右クリックし、[データラベルの書式設定]を選択します。[ラベルオプション]で分類名またはパーセンテージを選択し、区切り文字は改行にします。

Step 2.補助円グラフ付き円に変更する

1、グラフツール―[デザイン]―[グラフ要素を追加]―[グラフの種類の変更]―[円]―[補助円グラフ付き円]をクリックします。

2、通常、補助円グラフは重要度の低いデータや小さいデータを表すため、適当な設定が必要です。補助円グラフを選択してから右クリックし、[データ系列の書式設定]を選択し、系列のオプションに系列の分割をパーセント値にし、未満は10%に設定します。

Step 3.グラフを美化する

1、円グラフのタイトルを変更します。 ヒント:タイトルをクリックした後、データ編集バーに[=]と入力し、タイトルをクリックしてEnterキーを押すと、テーブルにタイトルが変更されると、グラフのタイトルも同時に更新されます。

2、円グラフには各項目が表示されるため、読みやすいように、余計な部分を削除します。

3、補助円グラフのサイズを調整し、補助円グラフを選択して右クリックし、[データ系列の書式設定]を選択し、補助プロットのサイズを調整します。

4、文字のフォントとサイズを調整します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です