「&」より使いやすいです!PHONETIC関数を使用して、複数のセルを結合する

Excelでのセルの「分割」と「結合」に関して、著者は他の記事に説明しました。分割機能はデータを分割線でいくつの独立する区域にすることができます。2013バージョン以降フラッシュ フィルで処理できます。結合についてはCONCATENATE関数または「&」記号はメリットとデメリットがあるため、自分の需要で選択すればいいです。次にはPHONETIC関数を説明します。この関数は複数のセルを一つのセルに結合できます。今までのやり方より速いです。次の例をご覧ください。

PHONETIC関数の説明

これは特別な関数です。元々は、文字列からふりがなを抽出するために使用します。書式は次のとおりです。

=PHONETIC(参照)
  • Reference 必須。 ふりがなの文字列を含む 1 つまたは複数のセル参照を指定します。
  • 範囲に複数のセルを指定した場合は、セル範囲の左上隅に指定されているふりがなが返されます。
  • 範囲に隣接しない複数のセルを指定した場合は、エラー値 #N/A が返されます。

次には例を挙げます。CONCATENATEまたは&の代わりに、「=PHONETIC」を入力し、クラス、班長、およびプログラムを同じセルに結合します。

すべてのセルを選択し、次の数式を結果が出るセルに入力します。

=PHONETIC(A2:C6)

これより、すべてのデータが1つのセルに結合されます。データが混雑している場合は、数式を入力する前に、内容を調整します。

内容をわかりやすいようにスペースと記号を追加して、同じ数式を入力します。

完了しました。需要に応じて他の設定を調整しましょう!PHONETIC関数の注意すべきところは行から列、左から右、上から下の順序で結合し、その過程では、関数は数式、数値、エラー値を無視します。

最後に他の関数と比較します

CONCATENATE関数

= CONCATENATE(A2,A3,A4,A5,A6,B2,B3,B4,B5,B6,C2,C3,C4,C5,C6)

&記号

= A2&A3&A4&A5&A6&B2&B3&B4&B5&B6&C2&C3&C4&C5&C6

PHONETIC関数

=PHONETIC(A2:C6)

一番便利な関数はどれですか?すぐに分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です