20 October, 2020

Excelの情報を保護するため、暗号化及び復号化の処理方法

他のユーザーが Excel ファイル内のデータにアクセスできないようにするために、パスワードを使用して Excel ファイルを保護します。

機密データをExcelに保存した後、他人に覗かれることを防ぎたい場合、最も簡単な解決策は、Excelの暗号化機能を使用し、パスワードを使用してデータを保護します。Excelに暗号化されたファイルを開くには、正しいパスワードを入力する必要があります。

Excelファイルを暗号化する

Excelファイルをパスワードで暗号化する場合には、次の手順に従ってください。

Step 1

「ファイル」をクリックします。

「ファイル」をクリックします

Step 2

「情報」タブをクリックし、「ブックの保護」を選択します。

Step 3
「ブックの保護」タブから「パスワードを使用して暗号化」をクリックします。

パスワードを使用して暗号化

Step 4

パスワードを入力します。パスワードの大文字と小文字は区別されるため、ご注意ください。入力完了後、「OK」ボタンをクリックしてください。

パスワードを入力する

Step 5

パスワードを設定した後、もう一度確認する必要があります。つまり、同じパスワードをもう一度入力します。 入力完了後、「OK」ボタンをクリックします。

パスワードの再入力

Step 6

パスワードを設定すると、「ブックの保護」タブに「このブックを開くにはパスワードが必要です」と表示され、ここまでパスワードの設定と暗号化が完了します。

Excelでブックを暗号化した後、ファイルを保存してください。

Excelファイルの復号化

Excelのファイルをパスワードで保護すると、ファイルを開く前に、「パスワード」メッセージウィンドウが表示されます。正しいパスワードを入力しないと、ファイルを開けないです。

パスワードを入力する要請

入力したパスワードが正しくない場合、ファイルを開けないで、次のエラーメッセージのみが表示されます。これより機密データをが保護されます。

入力したパスワードが間違った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です