ホーム > >

Excelでパレート図を作成する方法

パレート図(Pareto chart)は発生頻度に従って描かれたヒストグラムであり、確認されたタイプまたはカテゴリによって引き起こされた結果の数量を示します。これはイタリアの経済学専門家V.Paretoの名前に基づいて名付けられました。

今日は、Excel2013でパレート図の作成方法を説明します。

ステップ1:テーブルを用意する

次の図に示すように、セルC2の数式は「=SUM($B$2:B2)/SUM($B$2:$B$8)」です。ドロップダウンするか、ダブルクリックして数式を入力します。

ステップ2:組み合わせチャートを作成する

セル範囲A3:C8を選択し、[挿入]タブのグラフから、[複合グラフの挿入]の[集合縦棒-第2軸の折れ線]を選択します。

ステップ3:系列2の系列値を設定する

折れ線を右クリックし、[データの選択]を選択して、系列2の系列値の範囲をC2:C8に変更します。

ステップ4:系列2軸を設定する

折れ線を選択し、グラフ要素に第2横軸を設定し、第2横軸(設定完了状態として表示されています)をクリックすると、横軸の位置は“目盛”に設定し、目盛の種類と補助目盛の種類は両方も“なし”を選択し、ラベルの位置も“なし”を選択します。

第2縦軸を選択し、最大値を“1.0”に設定し、ラベルの位置を“なし”に設定します。

ステップ5:系列1を設定する

系列1の任意の棒を選択し、要素の間隔を“2%”に設定します。

第1縦軸をクリックし、最大値を350に設定し、主を50に設定します。

ステップ6:グラフを美化する

グラフのタイトルを設定し、目盛線を削除し、凡例を削除し、データラベルを設定すると、最終的な結果は次のようになります。

下記の図に示すように、自分の好みに応じて美化を続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です