Excelの正規分布

正規分布はガウス分布とも呼ばれ、連続確率変数の確率分布の1つであり、品質管理の制御によく使用されます。テストの測定値または実際の誤差を制御するために、上限および下限の警告値として使用され、上限および下限の制御値とします。こうする理由としては、通常では測定または実験誤差は正規分布に適合しているためです。

作成方法

結果

元のデータ

データソース

その中では:

(1)正規分布の概念についてですが、正規分布は“ガウス分布”とも呼ばれ、連続確率変数の確率分布の1つであり、品質管理によく使用されます。測定または誤差を制御するため、上限と下限の警告値が上限と下限の制御値として使用されます。理由は測定または実験誤差が通常の条件下で正規分布に従います。

この例のデータソースには300個のデータがあり、それらに対しては正規分布を分析する必要があります。

(2)元のテーブルを使用してレンダリングを直接生成することはできないため、計算するための補助データソースを用意する必要があります。用意すべきなのは4つのデータ仕様、データ統計、ヒストグラム、およびグループです。

データの範囲を確認してください

中央値:440

上限値:450

下限値:430

データ統計

データの数量 =COUNTA($B$4:$B$303)

最大値 =MAX($B$4:$B$303)

最小値 =MIN($B$4:$B$303)

平均値 =AVERAGE($B$4:$B$303)

標準偏差 =STDEV($B$4:$B$303)

ヒストグラム――データの計算

最大値 =H4

最小値 =H5

間隔 =K3-K4

ヒストグラム 棒の数量 =SQRT(H4+1)

ヒストグラム グループの間隔=K5/(K6-1)

グループ化の概念:「グループ化」は、ヒストグラムの横軸の開始範囲と終了範囲、および各グループの開始位置と終了位置を決定することです。 最初のグループの開始座標として最小値よりも小さい適切な値を選択し、最後のデータ値が「最大値」より大きくなるまで間隔を順番に追加します。 この場合、実際のグループの数量は、計算された「グループの数量」と若干異なります。

グループ化されたデータの計算

最小値である400から最大値の500まで、間隔は4.7の場合には22個のグループがあります。

=L5
=N2+$K$7
=N3+$K$7
……………

ヒストグラムのデータソースの計算

数式=FREQUENCY($B$4:$B$303,$N$2:$N$23)を使用して、データが出現する回数をカウントします。

「FREQUENCY」関数:

「Date_array」:カウントするデータソースを選択します。つまり、元のデータの範囲を選択します。

「Bins_array」:ヒストグラムグループ化のデータソースを選択します。つまり、グループ化されたデータの範囲を選択します。

正規分布のデータソースの計算

数式=NORMDIST(N2,$H$6,$H$7,0)を使用します。

データを用意してから、グラフを作成し、美化します。

操作手順

ステップ1 

組み合わせグラフを挿入します。データソースのセル範囲G10:H32を選択し、[挿入]タブからグラフの詳細設定を開き、[すべてのグラフ]にある[組み合わせ]をクリックします。 [正規分布]のグラフの種類を変更します。[散布図(平滑線)]を選択し、[第2軸]にチェックマークをつけます。

ステップ2 

グラフを美化します。

棒を選択し、右クリックして、[データ系列の書式設定]-[要素の間隔]を0%に調整します。

棒の色は[塗りつぶし]のパラメータ値を[RGBカラーモデル:R221、G240、B246]に変更します。

平滑線の色のパラメータ値を[RGBカラーモデル:R93、G58、B28]に変更します。

目盛線と凡例を削除します。

ステップ3

横軸のラベルを変更します。

横軸を選択し、右クリックして[データの選択]-[編集]から、F列のグループの下にあるF11:F32範囲を選択すると、横軸のラベルが元の1、2 、3などはグループにある401、405.6などに変更しました。最後に[OK]をクリックします。グラフのサイズを調整して美化します。

ステップ4 

軸ラベルを変更します。

デフォルトで生成されるグラフでは、行ラベルはデフォルトの番号1〜22であるため、ここで変更する必要があります。

[軸ラベル]を選択した後、右クリックして[データの選択]を選択します。

ポップアップの[データソースの選択]ダイアログボックスで、[横(項目)軸ラベル]の下にある[編集]ボタンをクリックします。データソースの[グループデータ]が選択範囲として軸ラベルのソースを選択し、最後に[OK]をクリックして、設定が完了します。軸ラベルも[グループデータ]のラベルになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です