ホーム > >

Excelにある中央値関数medianについて

数学には中央値という概念があります。 一連の数値の中間水準を反映するために使用されます。excelでは、中央値を計算するためにどの関数が使用されますか? 次には、著者と一緒に勉強してください。

中央値は、平均値と同じではありません。[中央値]とは、並べ替え後に一連の数値を2つの部分に分割し、真ん中の数値を見つけて、中央値とします。これらの一連の数値の個数は偶数の場合、中央値は通常、中央の2つの数値の平均値を中央値とします。サンプル、母集団、または確率分布の値として使用されます。ExcelにはMEDIAN (number1, [number2], …)関数があり、ユーザーは配列の中央値を簡単に計算できます。

中央部分の測定を容易にするために、Excelには、たくさんの関数で平均値を計算できます。

MEDIAN関数:数値のリストで中央値を検索します。

AVERAGE関数:数値リストの算術平均を求めます。

MODE機能:数値のリストでモードまたは最もよく表れる値を検索します。

MEDIAN関数の構文

関数の構文は、関数のレイアウトを参照し、関数名、括弧、コンマの区切り記号、および引数が含まれます。

以下はMEDIAN関数の構文です。

= MEDIAN(数値1, 数値2,数値3, … )
  • =MEDIAN:これは、すべてのMEDIAN数式を有効する必要な書式であるため、これを変更することはできません。
  • 数値1:必要なデータは関数によって平均化されます。
  • 数値2:中央値を求めたい数値、または数値を含む名前、配列、セル参照を1~255個まで指定できます。各参照はコンマで区切る必要があります。

この引数には下記のものを含めることができます。

  • 平均化される数値のリスト
  • ワークシート内のデータの場所へのセル参照
  • 一連のセル参照
  • 名前付き範囲

関数と引数を入力します:

  • 完全な数式(例えば、=MEDIAN(A2:F2)など)をワークシートのセルに入力します。
  • 関数ダイアログボックスを使用して、関数と引数を入力します。

例えば、一連の数値の個数は奇数である場合、このmedian関数で中央値を直接返すことができます。次の図となります。

一連の数値の個数は偶数である場合、数学では、中央値は真ん中の2つの数字の平均値であり、median関数も同じです。この関数を使用すると、中央値は中央の2つの数値の平均値を求められます。

仕事にはどう使いますか?重さの計算がこの原則に基づいている場合があります。例えば、次のデータでは、フィルタを行い、データが200未満の場合は200と表示され、500を超える場合は500と表示され、200から500の間の数値は変更しません。

このとき、median関数を使用して、3つの引数を直接入力します。つまり、この3つの数値の中央値を返します。

また、1つの数値リストだけではない場合があるため、中央値を求めるには、他の関数と結合することもあります。次の図に示すように、この3日間でリンゴの中央値を抽出しますが、これは一連のデータから選択されているため、最後にctrl+shift+enterを押して抽出します。

次にはより複雑な例をご覧ください。

MEDIAN関数で中央値を求めます。

これらの手順では、上記の図に示されているMEDIAN関数と引数の入力方法について詳しい解説です。

1、セルG2をクリックします。 ここは結果が表示されるセルです。

2、 [数式]> [その他の関数]> [統計]に移動し、リストから[MEDIAN]を選択します。

3、ダイアログボックスの最初のテキストボックスで、ワークシートのセルA2からF2を選択して、範囲を挿入します。

4、[OK]をクリックして完了し、ワークシートに戻ります。

5、結果は20で、セルG2に表示されます。

6、セルG2をクリックし、関数MEDIAN(A2:F2)がワークシートの上部の数式バーに表示されます。

中央値が20であるのはなぜですか? 最初の例では、5つの引数の個数が奇数であるため、中間値は真ん中の数値です。 2つの数より大きく(49と65)、2つの数値がより小さい(4と12)ため、結果は20です。

空白のセルと0

Excelで中央値を探す場合、空白または空白のセルと0を含むセルには違いがあります。

上記の例に示すように、空白のセルはMEDIAN関数によって無視されますが、0を含むセルは無視されていません。

セルA3に0が追加され、セルA2が空白であるため、最初の例と2番目の例の中央値が異なります。
セルA3に0を追加すると、セルG3の関数に渡される引数の個数が5から6(偶数)に変わります。その結果、中央値は、真ん中にある2つの値(12と20)を合計し、2で割って平均値(16)を求めます。

上記の例に示すように、デフォルトでは、Excelは0を含むセルに0を表示します。このオプションはオフにすることができます。完了すると、これらのセルは空白のままになりますが、中央値を計算するときに、このセルの0が関数の引数として使用されます。

次にはこのオプションのオンとオフを切り替える方法です。

1、ファイル > オプション ( 古いバージョンのExcelでは[Excelオプション] )に移動します。

2、オプションの左側のリストから[詳細設定]を選択します。

3、右側の画面で、[次のシートで作業するときの表示設定]までスクロールします。

4、セルのゼロ値を非表示にするには、[ゼロ値のセルにゼロを表示する]のチェックボックスをオフにします。ゼロを表示するには、チェックマークをオンにします。

5、[OK]ボタンを押して、すべての変更を保存します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です