ホーム > >

VBAコメントのチュートリアルと例

VBAでは、コメントはプログラムの説明です。VBAコードの実行中は、コメントステートメントがスキップされるため、コメントはコードの実行に影響しません。

コメントの書き方

VBAのコメントステートメントは、英語の一重引用符 (‘)で始まり、その後に説明が必要な内容が続きます。 基本的な構文は次のとおりです。

'コメントの内容

例をご覧ください。

コメントは1行で書くことができ、一重引用符の後の内容はコメントの内容です。

Sub MyCode()

'名前変数を宣言する
Dim name As String

End Sub

コメントは、コード行の最後に置くこともできます。同様に、一重引用符の後のコンテンツはコメントのコンテンツです。

Sub MyCode()

'名前変数を宣言する
Dim name As String
name = Range("A1").Value 'セルA1から名前を読み取る

End Sub

コメントの内容は複数行の内容の場合、各行の先頭に一重引用符を使用する必要があります。

'このプロシージャは、セルA1の値を読み取るために使用される
'最終更新日:2020-10-26

Sub MyCode()

'名前変数を宣言する
Dim name As String
name = Range("A1").Value 'セルA1から名前を読み取る

End Sub

コメントの用途

もちろん、最も基本的な使い方は、コードにコメントを付けることです。次に例を示します。

  • プロシージャまたは機能の基本情報と用途を提供します。
  • 変数の用途を説明する
  • 今の方法が使用されている理由を説明する
  • 異なるコードブロックを区別する

コメントのもう1つの常見な使い方は、開発およびデバッグの過程に一部のコードに一時的にコメントを付けて実行されないようにし、コードの他の部分にエラーがあるかどうかを確認することです。

まとめ

コメントは、プログラミングの最も基本的で重要な部分です。

コメントをつける習慣を身につけることをお勧めします。 実際の開発過程では、プログラムに多くの変数やステートメントが含まれるため、油断するとコードが間違ってしまいます。最初から確認するのは時間を無駄にしてしまうため、後ほど確認するまたは他人に見せることもなおさらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です