22 September, 2020

Excel LOOKUP関数ガイド:複数のセルから目的の値を探します

次はExcelのLOOKUP関数を利用し、複数のセルから目的の値を探す方法を説明します。

Excelで特定の対応範囲からデータの変換を実行する必要がある場合、VLOOKUP関数のようなLOOKUP関数が利用でき、ユーザーは自分に合う関数を選択してください。

点数による等級をつける例

以下はテストの成績点数の例です。

点数
等級点数區間
優等点数 >= 90
甲等80 <= 点数 < 90
乙等70 <= 点数 < 80
丙等60 <= 点数 < 70
丁等点数 < 60
次は点数による等級をつけるルールです

LOOKUP関数を利用して点数による等級を自動的につける場合は、まず等級の対応範囲を作らなければならないです。対応範囲を作成する時は、各点数の区間に下限を入力する必要があります この範囲は、昇順で記入する必要があります。このルールを守らなければ、LOOKUP関数はエラーが発生するため、注意してください。

等級対応範囲を新規作成します

対応範囲を作成した後、 LOOKUPで等級を自動的に生成します。使い方が以下で表示します。

=LOOKUP(検査値、検査範囲、「対応範囲」)

最初の検査値は点数のローデータです。二番目の検査範囲は点数区間で、三番目の対応範囲は等級です。通常、検査範囲と対応範囲を固定されるため、検査範囲と対応範囲($)をつけてください。こうすれば、検査範囲と対応範囲が固定できます。

この例では、LOOKUPの数式は次のように記述されます。

=LOOKUP(A2,$D$2:$D$6,$E$2:$E$6)
対応範囲による等級を検索します

LOOKUP数式を入力した後、対応範囲によって点数が等級を自動的に生成します。

対応範囲による等級を検索します

マウスをセルの右下に移動します。マウスが十字形に変わったら、マウスの左ボタンを押して下にドラッグし、この数式を下の他のセルに適用できるようにします。

他のセルに適用できるようにします

LOOKUP関数を下のセルに適用した後、等級が出来ます。

他のセルに適用できるようにします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です