ExcelのINDEX関数の使い方:行と列が交差する位置にあるセルを返します

次には、ExcelのINDEX関数で指定したセルにあるデータを引き出す方法を説明します。

ExcelのINDEX関数は、入力された検索値によって、指定したセルにあるデータを引き出せます。関数の書式と実例は次のように表示します。

INDEX関数の「配列形式」書式

INDEX関数の「配列形式」書式は次のように表示します。

=INDEX(配列, 行番号, [列番号])

以下は引数の説明です。

・配列:セル範囲又は配列定数を指定します。
・行番号:配列又は参照の中にあり、値を返す行を数値で指定します。省略した場合は、必ず列番号を指定する必要があります。
・列番号:配列又は参照の中にあり、値を返す列を数値で指定します。省略した場合は、必ず行番号を指定する必要があります。

次には例を挙げます。例えば、名前の列から四番目の人を探す場合に、数式の書き方は次のように表示します。

=INDEX(A2:A11,4)
INDEX関数で指定したセルからデータを引き出します

INDEX関数の行番号及び列番号は配列範囲の相対位置です。例の配列範囲はA2:A11に設定し、タイトルのA1を込んでいないため、列番号が4の場合にはA5のデータを引き出します。

NDEX関数の行番号及び列番号も直接に他のセルのデータに設定できます。例えばセルに数値を入力し、数値に対応する人を探し出します。

=INDEX(A2:A11,C2)
INDEX関数で指定したセルからデータを引き出します

横型テーブル

同じ使い方で、INDEX関数は横型テーブルにも適用できます。

=INDEX(B1:G1,3)
INDEX関数で指定したセルからデータを引き出します
=INDEX(B1:G1,C4)

行番号に位置が入力されたセルを設定し、指定したセルからデータを引き出します。

=INDEX(B1:G1,C4)
INDEX関数で指定したセルからデータを引き出します

参照形式

INDEX関数も指定した複数のセルからデータを引き出します。書式は次になります。

=INDEX(参照,行番号,[列番号],[領域番号])

意味は以下となります。

・参照:1つ、又は複数のセル範囲への参照を指定します。
・行番号:配列又は参照の中にあり、値を返す行を数値で指定します。省略した場合は、必ず列番号を指定する必要があります。
・列番号:配列又は参照の中にあり、値を返す列を数値で指定します。省略した場合は、必ず行番号を指定する必要があります。
・領域番号:参照内の範囲を指定します。指定した範囲の中から値が返されます。最初に選択または入力された領域番号が1となり、以下、2番目の領域は2と続きます。

INDEX関数は指定した行番号または列番号からデータを引き出します。

次には簡単な例を挙げます。

=INDEX(A2:C11,3,2)
INDEX関数で指定したセルからデータを引き出します

複数のセルの数値からデータも引き出せます。

=INDEX(A2:C11,E2,F2)
INDEX関数で指定したセルからデータを引き出します

実例

INDEX関数とMATCH関数を組み合わせてデータを抽出するやり方はよく使われます。以下の例では、まず名前を入力し、名前によって売上高を引き出します。

=INDEX(C2:C11,MATCH(E2,A2:A11,0))
テーブルを検索します

この数式では、まずMATCH関数を使用して、テーブルから名前の位置を検索し、またINDEX関数を使用して対応する位置の売上高データを引き出し、テーブルを検索する機能を実現します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です