ウィンドウ枠固定、分割—テーブルのデータをスクロールしながら比較するのにすごく便利な2つのExcel機能

テーブルをスクロールする時、テーブルのトップにあるタイトルが見えなく、データの意味が分からなくなる問題があります次のexcelにあるウィンドウ枠固定と分割機能をご覧ください。

Excel実用テクニック:エクセルウインドウ枠の固定&分割

まず、テーブルのどの行を固定するかを考えてみましょう。2行目のタイトルを固定したい場合は、3行目をすべて選択します。つまりタイトルの下の行です。次に、[表示]タブにあるウィンドウ枠の固定オプショナル(ショートカットキー:alt+w+F)を選択します。これより、固定ラインが出ます。この時テーブルをスクロールしても、タイトルの行は移動しません。

固定状態を解除したい場合は、また同じオプションをクリックすればいいです。行を固定するように、列も固定できます。A列とB列を固定したい場合、C列を選択し、ウィンドウ枠の固定オプションをクリックすると、固定ラインが出てA列とB列が固定されます。

ウィンドウ枠の固定以外、excelにあるもう一つ類似する機能があり、説明します。同じテーブルのデータを簡単に比較できる機能です。仮に比較したいデータはテーブルの上部と下部にあり、比較するのに不便です。この時、Excelの分割機能を使用し、テーブルを2つの部分に分けてそれぞれスクロールして比較します。分割したいところに選択し、表示タブの分割オプションをクリックして、テーブルが2つの区域に分割されます。

分割機能と固定機能の違いは、分割後に2つのウィンドウがそれぞれ独立したモノになり、個別にドラッグできるため、テーブルを目的の位置にドラッグした後、データを簡単に比較できます。中央の分割線はマウスでドラッグして、2つのウィンドウのサイズも調整できます。分割線をテーブルのトップにドラッグすれば、分割線が解除されます。

上記の2つの機能は、Excelにある常用の機能です。不明な操作があれば、コメントをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です