Excel表が開けない問題とその解決方法について

経理スタッフや財務スタッフにとってはExcel表は日常仕事で必要なソフトウェアの1つです。 使用の過程で、どうしてもExcelが開けないなど場合があります。一般的にはこの状態が発生すると、Officeソフト自体の問題ではないかとたくさんの人々はそう考え、再ダウンロードして再インストールしますが、結局 Excel表を開けないままでした。 今回は、Excelが開かない場合の現象と解決策を分析します。

Excelを開けない現象一:Excelメインプログラムを開くことができますが、Excelワークシートが開けません。

解決方法:

Excel 2003の設定:Excelを開き、[ツール]-[オプション]-[全般]を選択して、[ほかのアプリケーションを無視する] チェック ボックスをオフにします。

Excel 2007の設定:

 (Microsoft Office ボタン) をクリックして、[Excel のオプション] をクリックします。

[Excel のオプション] ダイアログ ボックスの [詳細設定] をクリックして、[全般] の、[Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する] チェック ボックスにチェックが入っている場合は、クリックしてチェックをオフにし、[OK] をクリックします。

Excelが開けない現象二:保存後、新しいExcelファイルは正常に開くことができますが、以前のExcelファイルを開くことができません

解決方法:

1 まずExcelを開いてから、[ファイル]-[開く]をクリックします。

2 ポップアップ「ファイルを開く」ダイアログボックスで、開くことができないExcelファイルを選択し、右下の「開く」の横にある下向き矢印をクリックして、「開いて修復」を選択します。

Excelがを開けない現象三:上記の方法に従って「開いて修復」を使用しても問題を解決できない場合は、次の方法を参照してください

解決方法:

1 空白のExcel表で、メニューバーの[データ]-> [外部データを取り込み]-> [データを導入]を選択します。

2 「データソースの選択」からファイルの場所を探して「開く」をクリックします。

3 この時、「選択フォーム」がポップアップしますので、一個目のファイルを選択してから「確認」をクリックします。

4「データを取り込み」で「確認」ボタンを選択してOKです。 この方法は非常に効果的です。何度も試してみましたが、うまくいきました。

Excelが開かない現象四:Excelファイルをダブルクリックすると、「このファイルは読み取り専用であるか、アクセスする場所が読み取り専用であるか、ファイルが置かれているサーバーが応答しません。」と表示されます

解決方法:

このエラーの原因は、Cドライブに十分なディスクスペースがないことです。いくつかの余分なプログラムを削除するか、ディスククリーニングプロセスを使ってクリーニングができます。一時Excelファイルを削除してもよいです。指定されたディレクトリを見つける必要があります:C:\ Documents and Settings \パソコン名(デフォルトはadministrator)\ Application Data \ Microsoft \ Excel、フォルダー内のすべてのコンテンツを削除してから、もう一度開いてみてください。

以上はExcel表が開かない問題に対する4つの解決方法を紹介しました。個別に試してみたください。

その他

Excelファイルを開く方法をリセットする

Excelの開く方法の関連付けが他のソフトウェアによって変更される場合があります。このとき、Windowsシステムが誤ったプログラムを呼び出してExcelファイルを開きます。ファイルを開くことができません。 このときはExcelファイルの開き方をリセットする必要があります。

ステップ1:スタートボタンを右クリックします。

ステップ2:[コントロールパネル]> [プログラム]> [デフォルトプログラム]> [デフォルトプログラムの設定]を選択します。 このとき、システムはインストールされているすべてのプログラムをリストします。

ステップ3:リストからExcelを見つけてクリックします。 このとき、システムは「このプログラムはデフォルトで開かれています」と入力します。 ここでは、Excelで開くことができるすべてのファイルの種類が一覧表示されます。

ステップ4:チェックボックス(Select All)をオンにして、[OK]をクリックします。 これで、Excelプログラムによって開かれるファイルの種類が正常にリセットされました。

Microsoft Officeソフトウェアを修復する

Excelファイルの破損に加えて、Microsoft Officeの損傷により、Excelファイルを開けない場合もあります。 したがって、Microsoft Officeプログラムを修復する必要があります。

ステップ1:スタートボタンを右クリックし、[コントロールパネル]> [プログラム]> [ソフトウェアのアンインストール]> [Microsoft Office]を選択します。

ステップ2:Microsoft Officeをクリックします。 次に、[変更]> [オンライン修復]> [修復]を選択します。 このとき、Microsoft OfficeはMicrosoft Officeの修復を試みます。 修復が成功したら、コンピュータを再起動します。

プラグインを閉じる(Add-ins)

場合によっては、一部のExcelプラグインによってExcelファイルが開かれることがあります。 このとき、Excelプラグインを閉じてから、Excelファイルを開くことができるかどうかを再テストし、閉じたExcelプラグインを再度有効にするかどうかを決定する必要があります。 Excelアドインを閉じる方法は次のとおりです。

ステップ1:Excelを開きます。 次に、メニューバーの[ファイル]> [オプション]> [プラグイン]をクリックします。

ステップ2:ウィンドウの下部で、管理領域を見つけます。 リストからプラグインを選択し、[Go]ボタンをクリックします。

ステップ3:表示されるウィンドウで、リストのプラグインがクリアされ、[OK]をクリックします。 Excelを再起動し、Excelファイルが正常に開かれるか確認してください。 問題が解決しない場合は、引き続き他のプラグインを無効にし、Excelファイルを正常に開くことができるかどうかを確認してください。

ハードウェアアクセラレーションを無効にする

上記の方法が役に立たない場合は、Windowsのハードウェア画像アクセラレーション機能をオフにしてみてください。

ステップ1:Excelを開きます。 メニューバーの[ファイル]> [オプション]> [詳細設定]> [表示]をクリックします。

ステップ2:ここで、ハードウェア画像アクセラレーションをオフにできます。 次に、ファイルを正常に開くことができるかどうかをテストします。

Microsoftテクニカルサポートに連絡する

最後のオプションは、Microsoftテクニカルサポートに連絡することです。 Microsoftのテクニカルサポートエンジニアに問題の発見と解決を手伝ってもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です