Excelにあるフィルターとフィルターの詳細設定でデータ抽出と分析の実例

Excelの中でデータのフィルターは、データを計算する前に重要なステップです。現代の企業データは膨大であるため、大量のデータから需要なデータをどのように抽出するかは非常に重要です。

Excelのフィルターには、[フィルター]と[詳細設定]の2つの機能があります。次にはフィルターを紹介します。

例えば、営業部から[売上報告]が送られ、分析によって経営の改善方法を検討します。

フィルターの九つの実用方法

[フィルター]検索する必要のある情報をすばやく見つけ、不要なデータをフィルターし、必要なデータを抽出しますが、今のデータの内容を変更しません。

使い方:タイトルの行で、1つのセルをクリックするまたは行全体を選択して、[データ]タブの[フィルター]機能をクリックすると、タイトルの行の各セルに三角ボタンが表示されます。 ボタンをクリックすると、図のように[昇順]-[降順]-[色で並べ替え]-[数値フィルター]-[検索]などが表示されます。

[フィルター]ダイアログボックス

一般的にフィルター

任意の列を並べ替えてデータをより規則的に見せたい場合は、[フィルター]の並べ替え機能を使用できます。

具体的な手順:

ここでは、[合計]の金額を最大から最小に並べます。[合計]の三角ボタンをクリックして、[降順]を選択します。 このとき、合計金額はもう降順に並んでいます。

[合計]の三角ボタンをクリックして、[降順]を選択します
合計金額は降順に並んでいます

色で並び替え

データを確認する時に、重要なところに色を付けていますが、これらのデータは連続していないため、合計できません。同じ色のデータを一回にフィルターして、合計することはできますか?[フィルター]機能を使用すれば実現できます。

具体的な操作手順:

次には、色が付いているセルのデータをフィルターして抽出します。

任意のタイトルタブにある三角ボタンをクリックし、ダイアログボックスで[色で並び替え]をクリックして、設定した塗りつぶしの色を選択すると、これらのデータはテーブルの最初に並びます。

ここで説明したいのは、フィルター結果をクリアしたい場合は、[フィルター]隣の[クリア]ボタンをクリックすると、元に戻ります。

抽出したいデータに色をつけます
設定した色を選択します
データは抽出しました
結果をクリアする場合、[フィルター]隣の[クリア]ボタンをクリックします

テキスト フィルター

具体的な操作手順:

[売上報告書]で名前に[藤]という漢字が含む担当者の業績を抽出したい場合、[担当者]セルの三角ボタンをクリックして、ダイアログボックスに[藤]を入力すれば、名前に[藤]が含む担当者の行は抽出されます。

ダイアログボックスに[藤]を入力します

特定のテキストから始まるデータをフィルターする

具体的な操作手順:

[売上報告書]で単価が9から始まる商品を抽出する場合、単価の三角ボタンをクリックし、ダイアログボックスの検索枠に[9*]を入力すれば、データが抽出されます。

Excelでは、[*]記号は任意のテキストを表し、[?]記号は任意の1文字を表すことに注意してください。 ここでの[9*]はファジー検索の形式であり、9で始まる任意の数値を意味します。

特定のテキストで終わるデータをフィルターする

[売上報告書]にある単価が5で終わる商品を抽出したい場合、単価の三角ボタンをクリックし、ダイアログボックスの検索枠に[*5]を入力すれば、単価が5で終わる商品はすべて抽出されます。

ダイアログボックスの検索枠に[9*]を入力します
ダイアログボックスの検索枠に[*5]を入力します

特定な文字数のデータを抽出フィルターする

[売上報告書]にある数量が1文字の商品を抽出したい場合、数量の三角ボタンをクリックし、ダイアログボックスの検索枠に[?]を入力すれば、販売数量が1文字の商品が抽出されます。

ここで[?]記号を入力する場合は、必ず英字の[?]を入力してください。

ダイアログボックスの検索枠に[?]を入力します

[特定の値が含む]データをフィルターする

[売上報告書]にある販売数量は65個の商品を抽出したい場合、数量の三角ボタンをクリックし、ダイアログボックスの検索枠に[“65”]を入力すれば、販売数量は65個の商品はすべて抽出されます。

この機能を使いたい場合、英字の[“”]二重引用符を入力すればいいです。もし二重引用符を追加しないと、ただ65が含むすべての数値をフィルターします。

特定の範囲にあるデータをフィルターする

[売上報告書]にある数量範囲が[70~90]の商品を抽出したい場合、数量の三角ボタンをクリックし、ダイアログボックスの[数値フィルター]→[指定の範囲内]を選択し、70以上と90以下を設定すれば、この範囲内の商品が抽出されます。

ここでの商品の販売数量は数値のデータ型です。データ型は文字列の場合、例えば商品名をフィルターするとき、テキストフィルターが表示されます。操作方法は上記と同じです。

[数値フィルター]→[指定の範囲内]
範囲を設定します

複数の条件でフィルターする

Excelのフィルター機能を使用して、名前に[藤]または[木]が含む担当者を抽出します。

[データ]タブをクリックして、フィルターをクリックします

2つの部分に分けて、順番にフィルターします。

1、名前に[藤]が含む担当者

検索枠に[藤]を入力し、[OK]をクリックします。結果は以下となります。

2、名前に[木]が含む担当者

もう一度上記の操作をして、今回は[木]を入力し、[現在の選択範囲をフィルターに追加する]を選択します。

二回のフィルター操作で完了です。次の図となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です