Excel関数の数式:DSUM関数

DSUM関数はデータベース関数と呼ばれ、フィールド関数とも呼ばれます。その役割は、リストまたはデータベースのレコードで指定されたフィールド (列) を検索し、条件を満たすレコードの合計を返します。

書式

=DSUM(database, field, criteria)
=DSUM(データベース, フィールド, 検索条件)
  • データベース 必ず指定します。 リストまたはデータベースを構成するセル範囲を指定します。 データベースは、行 (レコード) と列 (フィールド) にデータを関連付けたリストです。 リストの先頭の行には、各列の見出しが入力されている必要があります。
  • フィールド 必ず指定します。 関数の中で使用する列を指定します。 フィールドには、半角の二重引用符 (“) で囲んだ “樹齢” や “歩どまり” などのような文字列、またはリストでの列の位置を示す引用符なしの番号 (1 番目の列を示す場合は 1、2 番目の列を示す場合は 2) を指定します。
  • 検索条件 必ず指定します。 指定した条件が設定されているセル範囲を指定します。 列見出しと検索条件を指定するセルが少なくとも 1 つずつ含まれている場合は、検索条件に任意のセル範囲を指定できます。

東京地域の売上高を計算する

やり方:

結果のセルに数式を入力します。

=DSUM(B2:G12,6,C2:C7)

注釈:

1、データベース:B2:G12。 普通のデータベースとは異なり、セルB2は「販売日付」ですが、普通のデータベースはセルB3から始まるため、ご注意ください。

2、合計するデータはデータベースの6列目にあるため、2番目の引数は6です。

3、検索条件:「東京」の売上高を計算するため、フィールドはC2:C7です。また、フィールドはセルC3ではなく、セルC2から始まることに注意してください。

4、SUMIF関数の数式:

=SUMIF(C3:C12,"東京",G3:G12)

5、SUMIFS関数の数式:

=SUMIFS(G3:G12,C3:C12,"東京")

東京と大阪地域の売上高を計算する

やり方:

結果のセルに数式を入力します。

=DSUM(B2:G12,6,$H$6:$H$8)

注釈:

1、検索条件:$H$6:$H$8。 「販売地域」というフィールドに気づいたでしょうか?そのため、Dsum関数を使用する時に、地域の条件があれば、こんなフィールドを含める必要があります。

2、SUMIF関数の数式:

=SUM(SUMIF(C3:G12,{"東京","大阪"},G3:G12))

3、SUMIFS関数の数式:

=SUM(SUMIFS(G3:G12,C3:C12,{"東京","大阪"}))

東京で販売されたA商品の売上高を計算する

やり方:

結果のセルに数式を入力します。

=DSUM(B2:G12,6,$H$6:$I$7)

注釈:

1、検索条件:$H$6:$I$7。 「販売地域」と「番号」というフィールドは短いことに気づいたでしょうか?そのため、Dsum関数を使用する時に、地域の条件があれば、こんなフィールドを含める必要があります。

2、SUMIFS関数の数式:

=SUM(SUMIFS(G3:G12,C3:C12,"東京",D3:D12,"A"))

ファジー計算

やり方:

結果のセルに数式を入力します。

=DSUM(B2:G12,6,$H$6:$H$7)

注釈:

1、SUMIF関数の数式:

=SUMIF(D3:D12,"電*",G3:G12)

2、SUMIFS関数の数式:

=SUMIFS(G3:G12,D3:D12,"電*")

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です