22 September, 2020

Excelの「データの入力規則」と「名前」機能で、複数のドロップダウンリストの作成方法

Excelで複数のドロップダウンリストの作成方法や使用者が簡単にデータを入力する方法を説明します。

Excelの「データの入力規則」機能でドロップダウンリストが作成できますが、複数のドロップダウンリストではないです。複数のドロップダウンリストを作成したい場合は、 Excelの「名前」機能を利用しなければならないです。以下は作成手順です。

複数のドロップダウンリスト

例えば、Excelテーブルを作成する場合に、左側にあるオレンジ色のテーブルにデータを入力する必要があります。種類の列には「果物」、「野菜」、「ドリンク」を選べます。品種は右側にある緑色のテーブルから選べます。

リストとテーブル

次は「名前」と「データの入力規則」機能を利用し、利用者は気楽にデータを入力するため、複数のドロップダウンリストを作成します。

名前を作成します

まず、各種類の各品種を利用可能のようにの「名前」を作成します。

Step 1
一つの種類の列を選択します。(タイトルも選択します。)

リストの範囲を選択します

Step 2
「数式」タブの「選択範囲から作成」をクリックします。

選択範囲から作成

Step 3
名前を作成する値(タイトルの位置)を選択します。例のタイトルは上にあるため、「上端行」を選択します。

選択範囲から名前を作成

「OK」をクリックした後、新規名前が作成できます。

Step 4
上記の通りに、種類を一つづつ「名前」を作成してください。

他の名前を作成します

Step 5
すべての種類の名前を作成した後、「名前の管理」をクリックします。

「名前の管理」をクリックします

Step 6
「名前の管理」で今まで作成された「名前」を見つけます。複数のドロップダウンリストの各品種も追加してください。まず間違いはないかを「名前の管理」で確認します。

名前の管理

「データの入力規則」を設定します

「名前」を作成した後、「データの入力規則」を利用し、複数のドロップダウンリストを作成します。

Step 1
第一層のドロップダウンリストの選択範囲を選んで、つまりオレンジ色にある種類の列です。

セル範囲を選択します

Step 2
「データ」の「データの入力規則」をクリックします。

「データの入力規則」をクリックします

Step 3
普通のドロップダウンリストの作成方法通りに、「リスト」を選択し、「元の値」で三つの種類の範囲を入力します。

データの入力規則

Step 4
次は第二層のドロップダウンリストのセル範囲を選択します。つまり品種の列です。「データの入力規則」をクリックします。

第二層のドロップダウンリストの「データの入力規則」を設定します

Step 5
これは大切な一環です。「入力値の種類」はまた「リスト」を選びますが、「元の値」は必ずINDIRECT数式を入力します。

=INDIRECT(A2)

( )のところは品種の列に最初のセル番号を入力します。例の番号はA2です。もし読者の番号がA2ではない場合は、その列に最初のセル番号を入力してください。

第二層のドロップダウンリストの「データの入力規則」です

Step 6
「データの入力規則」を設定した後、「元の値 はエラーと判断されます。」というメッセージが出ます。「はい」ボタンをクリックし、入力規則を続行します。

元の値 エラーと判断されます

Step 7
これで複数のドロップダウンリストが作成されました。今種類のドロップダウンリストから種類を選べます。

第一層のドロップダウンリスト

Step 8
種類の列が種類を選択した後、第二層のドロップダウンリストでその種類の品種が選べます。タイピングしないで、データが入力できます。入力ミスの心配もありません。

第二層のドロップダウンリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です