ホーム > >

COUNTBLANK関数を使用して、範囲内の空白セルの個数を返す

この記事では、COUNTBLANK関数を紹介します。特定の範囲には空白セルの個数を計算する時に使用され、数値0が含むセルは計算に入れません。

COUNTBLANK関数の使い方

次のデータで簡単な例を挙げます。[合計]のところには通常の数値の合計ではなく、空白セルの個数である場合はどうすればいいですか?

関数の挿入から「COUNTBLANK」を選択します。使用したことがない場合は下のリストに表示されません。検索ボックスに関数名を入力して、関数が表示されると、「OK」をクリックします。

関数が間違えなければ空白セルの個数を計算したい範囲を選択し、結果は直接この画面に出ます。[OK]ボタンをクリックします。

右のセルにこの数式を適用すれば各列の結果が出ます。また書式などを設定してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です