実用的なCONCATENATE関数は、異なるセルの内容を同じセルに結合でき、名簿の整理に大きな役割を果たす

どうやってCONCATENATE関数を使用してセルの内容を1つのセルに結合するのか?

関数の書式

=CONCATENATE(文字列1, [文字列2], …)

引数

文字列1(必須)

最初に結合したい内容です。文字列、数値、または単一セルの参照を指定します。

文字列2, …(オプショナル)

他の結合したい内容で、1~255個までの文字列を指定できます。

例をご覧ください。記録や印刷に便利なため、一行で4列のデータを結合する場合はどうしますか?まず、セルE2に関数を挿入します。

CONCATENATE関数を選択し、A2、B2、C2、D2を順番に入力し、数式はCONCATENATE(A2,B2,C2,D2)になります。計算の結果はすべてセルE2に結合され、[OK]をクリックします。

気楽に結合し、また下のセルに適用します。

次にはより複雑な処理方式をご覧ください。名字が結合された後、「様」を追加する場合はどうしますか?

数式を挿入した後、A2とB2を入力します。3番目は空のままにするため、「 “”」と入力します。4番目は「″様″」を入力します。これらは数字ではないため、「″″」を入力しないと、計算できないです。

数式は

=CONCATENATE(A2,B2,"","様")

で完了です。

また下のセルに数式を適用します。簡単でしょう。

ヒント:Excel 2016、Excel Mobile、およびExcel Onlineでは、この関数はCONCAT関数に置き換えられました。 CONCATENATE関数はまだ使えますが、CONCAT関数も使用することをお勧めです。原因はExcelの将来のバージョンでCONCATENATE関数を提供されなくなる可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です