ホーム > >

Excelの二項分布グラフ(一)(二項分布の説明)

二項分布グラフは、二項分布の概要、offset関数、グラフの作成の3つの部分で説明されます。

次には二項分布を説明します

二項分布:イベントには、成功と失敗の可能性は2つだけです。ここで、成功の確率はpであり、そのような実験がn回実行され、成功数Xの確率分布が二項分布を満たします。

確率の計算式:

例:ターゲットの各ヒットの打ち当てる確率は5%で、ターゲットを10回ヒットした場合、0〜10回ヒットする各成功率はいくらですか?

…….

また、excel関数を使用して、二項分布の結果を見つけることもできます。数式=binomdist(成功数,試行回数,成功率,0)と入力して結果を取得します。

次のように、確率分布のグラフを作成します。

二項分布は、実験又は射撃練習の成功率、射撃が打ち当てる確率分布などの実例で使用できます。

offset関数:一般にオフセット関数と呼ばれ、オフセットを上下に設定することでセルまたはセルの範囲を表すことができます。

次の図を例として挙げます。

一、単一セルのオフセット(最初に上と下、次には左と右)

B2=OFFSET(B2,,)
B3=OFFSET(B2,1,)
B4=OFFSET(B2,2,)
C2=OFFSET(B2,,1)
C3=OFFSET(B2,1,1)
A1=OFFSET(B2,-1,-1)(下と右は正数、上と左は負数です)

二、セル範囲の表示

セル範囲は、OFFSET関数だけで表すことはできません。他の関数と組み合わせて、または名前の管理で使用する必要があります。

1、1行と複数の列の値を求める

例:上記の図でD5:F5の合計を求めます。数式=SUM(OFFSET(B2,3,2,1,3))は、B2セルが下に3行、右に2列を意味します。D5を取得し、D5から(D5の行を含む)下に1行、右に3列(D5の列を含む)の範囲を取得します。

2、複数の行と1列の値を見つけます

例:上記の図でD5:D7の値を見つけます。数式 =SUM(OFFSET(B2,3,2,3,1))は、セルB2が下に3行、右に2列を意味します。D5を取得し、D5から(D5の行を含む)下に3行、右に1列(D5の列を含む)の範囲を取得します。

3、複数の行と複数の列の値を求める

例:上記の図でD6:F7の合計を求めます。数式=SUM(OFFSET(B2,4,2,2,3)は、セルB2が右に4行、下に2列を意味します。D6を取得し、D6から(D6の行を含む)下に2行、右に3列(D6の列を含む)の範囲を取得します。

三、セル範囲の全体的なオフセット

D6:F7の合計を見つけるには別の方法があります。数式=SUM(OFFSET(A1:C2,5,3)は、セルA1:C2が下に5行、右に3列のセル範囲を意味します。つまりセルの全体的なオフセット範囲です。(セルの全体的なオフセットは、ターゲットセルの行と列の数と同じである必要があることに注意してください)

4人の射手A、B、C、Dが遠方の気球を撃ちました。4人の射手の成功率はそれぞれ30%、40%、50%、60%でした。次には、各射手が10回、20回、 30回、40回の成功率の確率分布を作成します。

まず、最終のグラフをご覧ください。

まず、上記の二項分布の説明によると、4人の射手の成功率の確率分布を作成します。

図に示すように、甲は10回、20回、30回、40回の射撃の確率分布を示します(具体的な数式については、上記を参照してください)。

乙、丙、丁が20回、30回、40回の射撃の確率分布は上記の計算方法と同じです。最終的なデータを次の図に示します。

また、コントロールアイコンを挿入し、開発-挿入-オプションボタン(フォームコントロール)をクリックします。下記の図を参照してください。

次には、空白のセルを選択し、数値“1”を入力します(このセルはフォームコントロールのリンクに使用されます)。フォームコントロールを選択し、右クリックックします。コントロールの書式設定を選択します。[コントロール]タブでリンクするセルに先のセルを入力します。

設定した後、先のフォームウコントロールを選択し、さらに3つコピーします。別のコントロールアイコンをクリックすると、セルM5の数値が変わります。これは次の甲、乙、丙、丁、4人のデータを呼び出す場合に使用できます。

次には、名前の管理を使用してデータを呼び出します。

数式-名前の管理-新規作成を順番にクリックし、名前“甲”を入力し、甲の成功率の確率分布を意味します。範囲は現在のワークシートを選択します。参照範囲は数式=OFFSET(Sheet3!$C$1,1,2*Sheet3!$M$5,40,1)を入力します。(このテーブルはSheet3にありますから、Sheet3を入力します。オフセット関数が明確でない場合は、前の記事を参照してください。)

次には40個のデータを選択する理由は、さまざまなコントロールをクリックすると、M5の数値が変化し、対応するデータが右に移動し、試行回数の最大数が40で、10回のデータを入力すると、次の20、30、および40個のデータでは10個のデータのみが呼び出され、データの再呼び出しが不完全になります。

次に、3つの名前を作成して、乙、丙、丁と入力します。

参照範囲:

乙:=OFFSET(Sheet1!$C$42,1,2*Sheet1!$M$1,40,1); 丙:=OFFSET(Sheet1!$C$83,1,2*Sheet1!$M$1,40,1);
丁:=OFFSET(Sheet1!$C$124,1,2*Sheet1!$M$1,40,1); 乙:=OFFSET(Sheet3!$C$43,1,2*Sheet3!$M$5,40,1);
丙:=OFFSET(Sheet3!$C$85,1,2*Sheet3!$M$5,40,1); 丁:=OFFSET(Sheet3!$C$127,1,2*Sheet3!$M$5,40,1);

次には、グラフを作成します。

棒グラフを挿入し、データを右クリックして選択します。データの最初の系列は次のように表示されます。

甲は名前の管理で定義されたため、上記の図のように設定するだけで、データは自動的に表示されます。

軸ラベルは、テーブルの左側の列0〜40を選択します。

次には、グラフを美化します。

最後に、コントロールグラフのメリットについて説明します。類似したグラフをあまり多く作成する必要はありません。コントロールを使用してグラフを制御できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です