Excelにあるオートフィルの3つの簡単で効率的な方法

Excel 2013のオートフィル機能は簡単ですばやく使用できますが、多くのExcel初心者はこの機能について十分に理解していません。 そのため、この記事では、この機能を説明し、読者に役立てば本当に嬉しいです。次には3つの部分に分けて、説明します。

マウスでドラッグしてオートフィル

マウスの左ボタンは一番よく使われる機能です。どんなアプリケーションでも、マウスの左ボタンは不可欠な存在です。では、Excel 2013のオートフィル機能についてマウスの左ボタンの主な機能は何ですか? 具体的に見てみましょう。

すばやくコピーまたは等差数列のオートフィル

操作方法:

1、等差数列のオートフィル:セルA3に1を入力し、セルA4に1.5を入力し、セル範囲A3:A4を選択して、選択範囲の右下隅にカーソルを置きます。カーソルが十字になったら、マウスの左ボタンを押しながら下にドラッグして、差が0.5の等差数列を取得します。または、セルA3に1を入力し、セルA4に2を入力し、セル範囲A3:A4を選択して、選択範囲の右下隅にカーソルを置きます。カーソルが十字になったら、マウスの左ボタンを押しながら下にドラッグして、差が1の等差数列を取得します。または、セルB3に1を入力し、セルB3の右下隅にカーソルを置きます。 カーソルが十字になったら、Ctrlキーを押したまま、マウスの左ボタンを押しながら下にドラッグして、差が1の等差数列を取得します。

2、 コピーでオートフィル:数式または定数をコピーできます。セルB3に1を入力し、セルB3の右下隅にカーソルを置きます。カーソルが十字になったら、マウスの左ボタンを押しながら下にドラッグしてセルB3の値を他のセルにコピーします。

次の図をご覧ください。

等差数列

反復数列をすばやく入力する(文字列または文字列型の数値のみ対応する)

操作方法:セル範囲E3:E7に[東西南北中]5文字を1つずつ入力し、E3:E7エリアを選択し、右下隅にカーソルを置き、十字になったらマウスの左ボタンを押しながら下にドラッグします。これより、反復数列の[東西南北中]が取得できます。次の手順をご覧ください。

[連続データ]ダイアログを使用する

操作方法:セルC3に1を入力し、[ホーム-フィル-連続データの作成]を順次にクリックして[連続データ]ダイアログボックスを開き、列を選択し、需要な種類を選択し、増分値を設定すると、[OK]をクリックすればいいです。次の手順をご覧ください。

ダブルクリックと右クリックでドラッグしてオートフィル

自動で入力するについては、[ダブルクリック]と[右クリックしてドラッグする]のやり方は上記の左ボタンより便利です。そのため、両者の操作方法を把握すれば、より効率的に操作できます。次にはこの部分の2つの方法を説明します。次の図をご覧ください。

1、[右クリックしてドラッグ]を使用して、等比数列を生成します。

1と2をセルに入力して、二つのセルを選択し、右クリックしままで必要なところまでドラッグして、マウスを離すと、ドロップメニューが表示され、その中から[連続データ(乗算)を選択すれば、下図のように、等比数列が生成されます。

2、[ダブルクリック]を使用して、等差数列を生成します。

1と2をセルに入力して、二つのセルを選択して、カーソルを右下に移動して黒十字になると、ダブルクリックすると、先ほど等比数列が生成される範囲までに、等差数列が生成されます。

ダブルクリックで等差数列のオートフィルについては、注意点がありません。入力するセル範囲は左側にある数列の最後の行までを参照してます。例えば、例の等比数列はセルA19までなので、等差数列はセルB19までで終わります。左側に数列がなければ、ダブルクリックで等差数列が生成されません。

ユーザー設定リストの編集で自由にオートフィル

ユーザーの設定で自由にオートフィルのは一番すごい機能だと思います。この機能を使用すると、データの入力スピードはぐんぐん上がります。次にはユーザーの設定を説明します。まずユーザー設定リストで設定し、またオートフィルを実行します

ユーザー設定リスト

操作方法:[ファイル]-[オプション]-[詳細設定]-[ユーザー設定リスト]をクリックし、[ユーザー設定リスト]ダイアログボックスを開きます。内容を1つずつ入力してもいいし(異なる内容はキャリッジリターンで改行します)、データをインポートしてもいいです。個人的には、データをインポートする方法を好みます。[インポート]の左側にあるボタンをクリックしてから、Excelでインポートするデータ範囲を選択します。[インポート]をクリックし、[OK]をクリックします。

ユーザー設定の内容に従ってオートフィル

操作方法:任意のセルに入力したい数列を入力します。例えば、[佐藤]を入力すると、カーソルをセルの右下隅に置き、カーソルが十字に変わったら、マウスを押しながら下にドラッグします。次の手順をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です