ホーム > >

ExcelでVBAコードをどうやって実行しますか?

VBAを編集する最終的な目的は、VBAをExcelで実行し、特定の結果を取得することです。そのため、VBAコードを入力した後、次のステップは実行することです。

この記事の「実行」とは、VBAエディターの実行ではなく、Excelインターフェースで実行することに注意してください。

この記事では、ExcelでVBAを実行するさまざまな方法を解説しました。さまざまな状況によると対応する方法も異なります。特定のニーズに応じてそのうちに1つの方法を使用して下さい。

通常、VBAを実行するには次の3つの方法があります。

  • [開発]タブから実行する
  • 指定した「図形」でマクロを実行する
  • 指定した「ボタン」でマクロを実行する

例のコード

VBAを実行するさまざまな方法を示すために、VBAマクロを含むワークブックが用意されています。 含まれているVBAマクロは、チュートリアル「最初のVBAマクロを作成する」で記述されたコードです。

Sub MyCode()
MsgBox "Hello World"
End Sub

プロシージャを実した後、ダイアログボックスがポップアップし、「Hello World」というメッセージが表示されます。

[開発]タブから実行する

Excelの[開発]タブには、ワークブックに含まれるすべてのマクロを表示および実行する機能があります。 特定のマクロを実行する必要がある場合は、マクロリストを開き、実行するマクロを選択して、[実行]をクリックします。

具体的なステップは次のとおりです。

1、「マクロ」ボタンを見つける。

2、[マクロ]ボタンをクリックすると、ワークブックに含まれているすべてのマクロのリストがポップアップされます。

3、使用したいマクロを選択し、右側の[実行]ボタンをクリックしてマクロを実行します。

指定した「図形」でマクロを実行する

Excelにある図形はマクロの実行を指定できます。ワンボタンでマクロは自動的に実行します。メリットは任意の図形がマクロを指定できます。

具体的なステップは次のとおりです。

1、図形を挿入します。

2、図形を右クリックし、「マクロの登録」を選択します。

3、ポップアップマクロリストでマクロを選択し、[OK]をクリックします。

指定した「ボタン」でマクロを実行する

図形以外、Excelには内蔵のボタンがあり、カスタマイズが可能でクリック効果もあるというメリットがあります。

具体的なステップは次のとおりです。

1、開発→挿入ボタンを順次にクリックします。

2、挿入ボタンをクリックし、リストから「フォームコントロール→ボタン」を選択します。

3、ボタンをクリックすると、マクロのリストが表示されます。 使用したいマクロを選択し、[OK]をクリックしてマクロの指定が完了です。

まとめ

上記の方法は、使用しているワークブックに含まれているコードを実行することに対応します。個人用マクロブックとExcelアドインに対して、より速いVBAを実行する方法は次のチュートリアルで解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です