Excelにあるabs関数で絶対値を返す

仕事には多くの状況に遭遇します。 日常生活や仕事には、Excelテーブルはデータを統計や計算する場合、データリストが多すぎるため、各リストを計算するのが非常に難しいため、どうやってデータの大きさをバッチで計算して比較しますか? これらのデータの絶対値を表示できれば何よりです。

実際、仕事で常用のExcelには実用な機能があり、その中の関数機能はさらにすごいです。上記で発生した問題については、1つの関数を簡単に解決できます。

ExcelにはABS関数があります。ABS関数の機能は、数値の絶対値を取得することです。正数と負数は、前にマイナスを追加することで区別されることがわかっています。例えば、2の負数は-2なので、-2の絶対値は2です。ABS関数の使い方と構文は何ですか?

ABS関数の構文

ABS(数値)

上記はABS関数であり、後ろの括弧内の数値は、絶対値を求める実数を意味します。 数式で計算出来た結果は、実数の絶対値です。次の図のようです。

ABS関数の使い方

まず、Excelを開き、列Aに絶対値を求める数値を入力してから、右側の列Bのセルに数式“=ABS(A2)”を入力します。次に、数式を下にコピーするか、またはスマホを下にドラッグ&ドロップします。結果は次となります。

このテーブルの数値リストにある数値の絶対値を偏差値リストに返すことを注意してください。上記で説明したように、列Aのデータの絶対値を計算するには、列Bに数式“=ABS(A2)”を入力して、スマホを下にドラッグ&ドロップして計算過程が完了です。

ここまで読んで、ExcelにあるABS関数をすでに了解しましたか?実際、この関数には他の使用範囲があります。この関数は、部品のサイズ誤差を計算する場合、統計分析に使用できます。是非、この関数を使用してみてください。新しい使い方を見つけた場合にはぜひ教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です