MS Excelの200個のキーボードショートカット

Microsoft Excel(MS Excel)の常用のショートカットキー、ご存知ですか? MS Excel Microsoftスプレッドシートは、多くの学生又は会社員よく使うオフィスソフトウェアです。公式のMS Excelキーボードショートカットを習得できれば、仕事の効率を向上させます。

MS Excel公式認定に合計200個の常用ショートカットキーの組み合わせは、次に種類によって整理されており、すごく実用的です。 すべてのショートカットキーが需要ではありませんが、知らないより知るほうがいいです。身につけると、仕事の効率を向上させます。

Ctrl 篇

キーボードショートカット機能
Ctrl+Wアクティブなブックウィンドウを閉じる。
Ctrl+O[開く]ダイアログボックスを表示する。
Ctrl+S上書き保存する。
Ctrl+Cコピー。
Ctrl+V貼り付け。
Ctrl+Z操作前の状態に戻す。
Ctrl+Xデータや文字を切り取る。
Ctrl+B選択したセルや文字を太字にする。
Ctrl+9エクセルの行を非表示にする。
Ctrl+0エクセルの列を非表示にする。
常用

キーボードショートカット機能
Ctrl+F1リボンを表示や非表示にする。
リボン

キーボードショートカット機能
Ctrl+方向キー今のデータ範囲の端に移動する。
Ctrl+End数式バーでテキストの末尾にカーソルを移動するする。
Ctrl+Shift+End選択範囲をワークシートの最後のセルまで拡張する。
Ctrl+Home「先頭」に移動する。
Ctrl+Page Down右にシートを移動する。
Ctrl+Page Up左にシートを移動する。
Ctrl+1セルの書式設定を表示する。
Ctrl+Shift+F/Pセルの書式設定のフォントタブを開く。
Ctrl+Shift+正符号 (+)セルに空白を挿入する。
Ctrl+マイナス(-)不要なセルを削除する。
Ctrl+Shift+コロン (:)現時点の時間を入力する。
Ctrl+コロン (;)現時点の日付を入力する。
Ctrl+抑音符号 (`)セルの値と数式の表示を切り替える。
Ctrl+アポストロフィ (‘)アクティブセルの1つ上のセルの数式を、アクティブセルまたは数式バーにコピーする。
Ctrl+Xデータや文字を切り取る。
Ctrl+Cコピー。
Ctrl+V貼り付け。
Ctrl+Alt+V形式を選択して貼り付けウィンドウが表示される。
Ctrl+I / 3「斜体」の書式設定と解除を切り替える。
Ctrl+B / 2「太字」の書式設定と解除を切り替える。
Ctrl+U / 4下線の書式を設定/解除する。
Ctrl+5取り消し線の設定と解除する。
Ctrl+6オブジェクトの表示と非表示を切り替える。
Ctrl+Shift+& 記号選択したセルの周囲に外枠罫線を適用する。
Ctrl+Shift+アンダーバー (_)選択したセルの周囲の外枠罫線を削除する。
Ctrl+8アウトライン記号の表示と非表示を切り替える。
Ctrl+D下方向にコピーする。
Ctrl+Shift+波線符号 (~)表示形式を「標準」に設定する。
Ctrl+Shift+ドル記号 ($)小数点以下の桁数が2で、負数をかっこで囲む[通貨]表示形式を適用する。
Ctrl+Shift+パーセント (%)小数点以下の桁数が0の[パーセンテージ]表示形式を適用する。
Ctrl+Shift+キャレット (^)小数点以下の桁数が2の[指数]表示形式を適用しする。
Ctrl+Shift+イゲタ (#)日付、月、および年の[日付]表示形式を適用する。
[email protected] 記号時間と分を使用した[時刻]表示形式を適用し、午前または午後を表示する。
Ctrl+Shift+感嘆符 (!)小数点以下の桁数が2で、負数をかっこで囲む[桁区切り]表示形式を適用する。
Ctrl+K[ハイパーリンクの挿入]ダイアログボックスを表示する。
Ctrl+Q[クイック分析]オプションを表示する。
Ctrl+L / T[テーブルの作成]ダイアログボックスを表示する。
セル

キーボードショートカット機能
Ctrl+A / Ctrl+Shift+スペースキーワークシート全体を選択する。
Ctrl+Shift+Page Downブック内の現在のシートと右のシートを選択する。
Ctrl+Shift+Page Upブック内の現在のシートと左のシートを選択する。
Ctrl+Shift+方向キー入力しているセルの見えない範囲までの範囲を選択する場合に、いっぺんに選択する。
Ctrl+Enter選択したセル範囲に、アクティブセルと同じ値を入力する。
Ctrl+スペースキー列全体を選ぶ。
Ctrl+Shift+スペースキーワークシートにデータが含まれている場合、アクティブなセル領域が選択される。
Ctrl+Shift+Home選択範囲をワークシートの先頭のセルまで拡張する。
Ctrl+A / Ctrl+Shift+スペースキーワークシートにデータが含まれている場合、1回押すとアクティブなセル領域が選択され、2回押すとアクティブなセル領域とサマリー行が選択され、3回押すとワークシート全体が選択される。
Ctrl+Shift+アスタリスク(*)アクティブセルの周りのアクティブなセル領域を選択する。
Ctrl+Y直前のコマンドまたは操作を繰り返す。
Ctrl+Z操作前の状態に戻す。
選択

キーボードショートカット機能
Ctrl+Shift+アスタリスク (*)アクティブセルの周りのアクティブなセル領域を選択する。
Ctrl+Shift+U数式バーを折り畳むかまたは展開する。
Ctrl+End数式バーでテキストの末尾にカーソルを移動するする。
Ctrl+Shift+End選択範囲をワークシートの最後のセルまで拡張する。
Ctrl+Alt+F9最後の計算の後で変更したかどうかに関係なく、開いているすべてのブックを計算する。
Ctrl+Alt+Shift+F9要計算とマークされていないセルも含め、開いているすべてのブックを計算する。
Ctrl+Aカーソルが関数名の右にある時、関数の引数ダイアログボックスが表示される。
Ctrl+Shift+Aカーソルが関数名の右にある時、引数名とかっこを挿入する。
Ctrl+E[フラッシュ フィル]を呼び出し、隣接する列のパターンを自動認識して正しい列を入力する。
Ctrl+Shift+引用符 (“)アクティブセルの1つ上のセルの値を、アクティブセルまたは数式バーにコピーする。
データ、関数、数式バー

Alt 篇

キーボードショートカット機能
Alt+H[ホーム]タブを開く。
Alt+H,H塗りつぶしの色を選ぶ。
Alt+N[挿入]タブを開く。
Alt+H,A,Cテキストの中央揃え。
Alt+P[ページレイアウト]タブを開く。
Alt+A[データ]タブを開く。
Alt+W[表示]タブを開く。
Alt+H,B罫線を作成する。
Alt+H,D,C列の削除。
Alt+M[数式]タブを開く。
Alt機能領域のマークを選択し、ショートカットキーを有効にする。
Alt+Q,検索語句を入力するリボンの [操作 アシスト ] または [ 検索 ] フィールドに移動し、アシスタントまたはヘルプコンテンツの検索語句を入力する。
Alt+F[ ファイル ] ページを開き、Backstage ビューを使用する。
Alt+H[ ホーム ] タブを開き、テキストと数値の書式を設定して、検索ツールを使用する。
Alt+N[ 挿入 ] タブを開き、ピボットテーブル、グラフ、アドイン、スパークライン、図、図形、ヘッダー、またはテキストボックスを挿入する。
Alt+P[ ページレイアウト ] タブを開き、テーマ、ページ設定、拡大縮小、および配置を操作する。
Alt+M[ 数式 ] タブを開き、関数や計算を挿入、トレース、およびカスタマイズする。
Alt+A[ データ ] タブを開き、データへの接続、並べ替え、フィルター処理、分析、および操作を行う。
Alt+R[ 校閲 ] タブを開き、スペルチェック、ノートとスレッド形式のコメントの追加、シートやブックの保護を行う。
Alt+W[ 表示 ] タブを開き、改ページとレイアウトのプレビュー、枠線と見出しの表示と非表示、ズーム倍率の設定、ウィンドウとウィンドウ枠の管理、マクロの表示を行う。
Alt+Page Downワークシート内で 1 画面右にスクロールする。
Alt+Page Upワークシート内で 1 画面左にスクロールする。
Alt+Enterセル内編集時:セル内で改行する。
Alt+Shift+F10[エラー チェック] ボタンのメニューまたはメッセージを表示する。
Alt+F1現在の範囲のデータから埋め込みグラフを作成する。
Alt+M,M,D参照で使用する名前を定義する。
Alt+F8マクロを作成、実行、編集、または削除する。
Alt+F11Microsoft Visual Basic For Applications エディターを開く。

Shift 篇

キーボードショートカット機能
Shift+F10コンテキスト(右クリック)メニューを表示する。
Shift+Tab左のセルに移動する。
Shift+F2セルのコメントを挿入または編集する。
Shift+方向キー選択範囲を 1 セルずつ上下左右に拡張する。
Shift+F8方向キーを使用して、隣接しないセルまたは範囲を選択範囲に追加する。
Shift+Enterセルの入力を完了し、1 つ上のセルを選択する。
Shift+スペースキーワークシートの選択範囲を行全体に拡張する。
Shift+F9作業中のワークシートを計算する。
Shift+F3関数を挿入する。

F〇キー篇

キーボードショートカット機能
F1[Excel ヘルプ] 作業ウィンドウが表示される。
Ctrl+F1リボンの表示と非表示が切り替わる。
Alt+F1現在の範囲のデータから埋め込みグラフが作成される。
F2アクティブ セルを編集し、セルの内容の末尾にカーソルを移動する。 または、セルの編集がオフの場合は、数式バーにカーソルを移動する。 数式を編集する場合は、方向キーで参照を作成できるように、ポイント モードのオン/オフを切り替える。
Shift+F2セルのメモを追加または編集する。
Ctrl+F2Backstage ビューの [印刷] タブの印刷プレビュー領域が表示される。
F3[ 名前の貼り付け ] ダイアログが表示される。 ブックで名前が定義されている場合のみ使用できる。
Shift+F3[ 関数の挿入 ] ダイアログが表示される。
F4直前のコマンドまたは操作を繰り返す (可能な場合)。
数式内のセル参照またはセル範囲が選択されている場合、F4 キーを押すと、絶対参照と相対参照のすべての異なる組み合わせを順に切り替える。
Ctrl+F4選択したブック ウィンドウを閉じる
Alt+F4Excel を終了する。
F5[ジャンプ ] ダイアログボックスが表示される。
Ctrl+F5選択したブック ウィンドウが元のサイズに戻る。
F6ークシート、リボン、作業ウィンドウ、およびズーム コントロール間で切り替わる。 分割されているワークシートでの F6 キーは、ウィンドウとリボン領域を切り替えるときに分割されたウィンドウも対象になる。
Shift+F6ワークシート、ズーム コントロール、作業ウィンドウ、およびリボン間で切り替わる。
Ctrl+F62 つの Excel ウィンドウの間で切り替える。
F7[ スペル チェック] ダイアログが開き、作業中のワークシートまたは選択した範囲内のスペルがチェックされる。
Ctrl+F7キーを押すと、ブック ウィンドウが最大化されていない場合、[移動] コマンドが実行される。 方向キーを使用してウィンドウを移動する。移動が完了したら Enter キーを押す。または、Esc キーを押してキャンセルする。
F8拡張選択モードを切り替える。 拡張選択モードでは、ステータス行に [拡張選択] と表示され、方向キーで選択が拡張される。
Shift+F8方向キーを使用して、隣接しないセルまたは範囲をセルの選択範囲に追加できる。
Ctrl+F8ブックが最大化されていない場合は、[サイズ] コマンドが実行される。
Alt+F8[マクロ] ダイアログが表示され、マクロの作成、実行、編集、または削除を行うことができる。
F9開いているブックのすべてのワークシートを計算する。
Shift+F9作業中のワークシートを計算する。
Ctrl+Alt+F9最後の計算の後で変更したかどうかに関係なく、開いているブックのすべてのワークシートを計算する。
Ctrl+Alt+Shift+F9依存する数式が再度チェックされ、要計算とマークされていないセルも含め、開いているすべてのブックのすべてのセルが計算される。
Ctrl+F9ブック ウィンドウが最小化される。
F10キー ヒントのオンとオフを切り替える (Alt ーを押しても同じ操作を実行できる)。
Shift+F10選択しているアイテムのショートカット メニューが表示される。
Alt+Shift+F10[エラー チェック] ボタンのメニューまたはメッセージが表示される。
Ctrl+F10選択したブック ウィンドウが最大化されるか、元に戻る。
F11現在の範囲からグラフを作成して、別のグラフ シートに表示する。
Shift+F11新しいワークシートが挿入される。
Alt+F11Microsoft Visual Basic for Applications エディターが開く。Visual Basic for Applications (VBA) を使用すると、マクロを作成できる。
F12[ 名前を付けて保存 ] ダイアログボックスが表示される。

上記以外の常用のキーボードショートカット

キーボードショートカット機能
Deleteセルの内容を削除する。
セルの書式、スレッド形式のコメント、メモなど、選択したセルからセルの内容 (データと数式) を削除する。
セルの編集モードで、カーソルの右の文字を削除する。
Tabダイアログ内の次のオプションまたはオプショングループに移動する。
方向キーワークシート内で、上、下、左、または右のセルに移動する。
Enter / Space選択したボタンを開く。
←キーサブメニューを開くか選択しているときに方向キーを押すと、メイン メニューとサブメニューが切り替わる。
End,方向鍵End キーを押すと、End モードのオンとオフが切り替わる。 End モードでは、方向キーを押すと、アクティブなセルと同じ列または行内の空白ではない次のセルに移動することができる。 方向キーを押すと、End モードは自動的にオフになる。 次の方向キーを押す前に、必ず End キーをもう一度押す。 オンになると、End モードがステータス バーに表示される。
Home+Scroll Lockスクロールロックがオンの場合は、ウィンドウの左上隅のセルに移動する。
Page Down1画面下にスクロールする。
Page Up1画面上にスクロールする。
Ctrl+Alt+5,の後、Tab キーを繰り返し押すテキスト ボックス、画像などのフローティング シェイプを切り替える。
Escフローティング シェイプのナビゲーションを終了し、標準のナビゲーションに戻る。
Homeワークシートの最初の行に移動する
常用

キーボードショートカット機能
Escセルまたは数式バーの入力を取り消す。
Enter数式バーの入力を完了し、下のセルを選択する。
Enterデータフォームの次のレコードの最初のフィールドに移動する。
データ、関数、数式バー

Altリボンにキー ヒント (新しいショートカット) が表示される。
次に例を示す。
Alt、W、P キーで、ワークシートはページ レイアウト表示に切り替わる。
Alt、W、L キーで、ワークシートは標準表示に切り替わる。
Alt、W、I キーで、ワークシートは改ページ プレビュー表示に切り替わる。
Ctrl+方向キーワークシート内の現在のデータ領域の先頭行、末尾行、左端列、または右端列に移動する。
Shift+方向キー選択範囲を上、下、左、または右に拡張する。
Ctrl+Shift+方向キーアクティブ セルと同じ行または列にある空白以外の最後のセルまで選択範囲を拡張してアクティブ セルにする。次のセルが空白の場合は、選択範囲を次の空白以外のセルまで拡張する。
backspace数式バーで、左にある文字を 1 文字削除する。
アクティブなセルの内容を消去する。
セルの直接編集モードでは、カーソルの左側の文字を削除する。
EndEnd モードのオンとオフが切り替わる。 End モードでは、方向キーを押すと、アクティブなセルと同じ列または行内の空白ではない次のセルに移動することができる。 方向キーを押すと、End モードは自動的にオフになる。 次の方向キーを押す前に、必ず End キーをもう一度押す。 オンになると、End モードがステータス バーに表示される。
End+方向キーセルが空の場合は、End キーを押してから方向キーを押すと、行または列の最後のセルに移動する。
Ctrl+Endワークシートの最後のセル (右端の使用されている列の、最も下の使用されている行のセル) に移動する。 カーソルが数式バーにあるときに Ctrl + End キーを押すと、カーソルはテキストの末尾に移動する。
Ctrl+Shift+Endセルの選択範囲がワークシートの使用されている最後のセル (右下隅) まで拡張される。 カーソルが数式バーにあるときに Ctrl + Shift + End キーを押すと、数式バーのカーソル位置から最後までのすべてのテキストが選択される。これは、数式バーの高さには影響しない。
Enterセルまたは数式バーの入力を確定し、下のセルを選択する (既定)。
データ フォームで、次のレコードの最初のフィールドに移動する。
選択したメニューを開く (F10 キーを押してメニュー バーを選択)、または選択したコマンドの操作を実行する。
ダイアログで、ダイアログボックスの既定のコマンドボタン ( [OK ] ボタンなど、太枠のボタン) の操作を実行する。
Alt+Enterセル内で改行する。
Ctrl+Enter選択したセル範囲に、アクティブ セルと同じ値が入力される。
Shift+Enterセルの入力が確定し、すぐ上のセルが選択される。
Escセルまたは数式バーの入力を取り消す。
開いているメニューまたはサブメニュー、ダイアログ、またはメッセージウィンドウを閉じる。
または、全画面表示モードになっている場合はそのモードを閉じ、通常表示モードに戻してリボンおよびステータス バーを再度表示する。
Homeワークシートの最初の行に移動する。
スクロール ロックがオンの場合は、ウィンドウの左上隅のセルに移動する。
メニューまたはサブメニューが表示されている場合は、そのメニューまたはサブメニューの先頭のコマンドを選択する。
Ctrl+Homeワークシートの先頭に移動する。
Ctrl+Shift+Home選択範囲をワークシートの先頭のセルまで拡張する。
Page Down1 画面下にスクロールする。
Alt+Page Down1 画面右に移動する。
Ctrl+Page Downブック内で次のシートに移動する。
Ctrl+Shift+Page Downブック内の現在のシートと次のシートを選択する。
Page Up1 画面上にスクロールする。
Alt+Page Up1 画面左にスクロールする。
Ctrl+Page Upブック内で前のシートに移動する。
Ctrl+Shift+Page Upブック内の現在のシートと前のシートを選択する。
Spaceダイアログで、選択したボタンの操作を実行するか、チェックボックスをオンまたはオフにする。
Ctrl+Space選択範囲が列全体に拡張する。
Shift+Space選択範囲が行全体に拡張する。
Ctrl+Shift+Spaceワークシート全体が選択される。
ワークシートにデータが含まれている場合、Ctrl + Shift + Space を押すと、アクティブ セル領域が選択される。 Ctrl + Shift + Space を 2 回押すと、アクティブ セル領域とサマリー行が選択される。 Ctrl + Shift + Space を 3 回押すと、ワークシート全体が選択される。
オブジェクトが 1 つ選択されている場合は、Ctrl + Shift + Space を押すと、シートにあるすべてのオブジェクトが選択される。
Alt+SpaceExcel ウィンドウのコントロール メニューが表示される。
Tabワークシート内の右のセルに移動する。
保護されているワークシートで、ロックされていないセル間を移動する。
ダイアログ内の次のオプションまたはオプショングループに移動する。
Shift+Tabワークシート内の前のセルに移動する。または、ダイアログ内の前のオプションに移動する。
Ctrl+Tabダイアログ内の次のタブに切り替わる。
Ctrl+Shift+Tabダイアログ内の前のタブに切り替わる。
その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です