ホーム > >

Elm 変数

定義によって、変数は「メモリに格納する命名空間」です。 言い換えれば、それはプログラム内の値のコンテナとして、変数はプログラムが値を格納および操作することに役立ちます。

Elmの変数は、特定のデータ型に関連付けられています。データ型は、変数のメモリサイズとレイアウト、メモリに格納できる値の範囲、および変数で実行できる一連の操作を決定します。

Elm変数の命名規則

この記事では、Elm変数の命名規則について学習します。

変数名は、文字、数字、および下線符号で構成できます。
変数名を数字で始めることはできません。 文字または下線符号で始まる必要があります。
Elmでは大文字と小文字が区別されるため、大文字と小文字は異なります。

Elm変数宣言

Elmで変数を宣言するための型構文は次のとおりです。

構文1

variable_name:data_type = value

構文(型のコメントと呼ばれます):「:」は、変数をデータ型に関連付けるために使用されます。

構文2

variable_name = value-- no type specified

Elmで変数を宣言する場合、データ型はオプションになります。 この場合、変数のデータ型は、変数に割り当てられた値から推測されます。

この例では、VSCodeエディターによってelmプログラムを作成し、elmreplで実行します。

ステップ1:プロジェクトフォルダ(VariablesApp)を作成します。プロジェクトフォルダーにVariables.elmというファイルを作成します。

次の内容をファイルに追加します。

module Variables exposing (..) //Define a module and expose all contents in the module
message:String -- type annotation
message = "Variables can have types in Elm"

プログラムはモジュール変数を定義します。モジュールの名前は、elmプログラムファイルと同じファイル名である必要があります。 (..)構文は、モジュール内のすべてのコンポーネントを公開するために使用されます。

プログラムは、String型に属する変数メッセージを宣言します。

ステップ2:プログラムを実行します。

VSCodeターミナルで次のコマンドを入力して、elmREPLを開きます。

elm repl

REPLターミナルで次のelmステートメントを実行します。

> import Variables exposing (..) --imports all components from the Variables module
> message --Reads value in the message varaible and prints it to the REPL 
"Variables can have types in Elm":String
>

ElmREPLを使用して次の例をやってみてください。

C:\Users\F2er.com\elm>elm repl
---- elm-repl 0.18.0 ---------------------------------------
--------------------
:help for help, :exit to exit, more at <https://github.com/elm-lang/elm-repl>
-------------------------------------
------------------------------------------
> company = "ceodata.com"
"ceodata.com" : String
> location = "Tokyo"
"Tokyo" : String
> rating = 4.5
4.5 : Float

ここで、変数companyとlocationは文字列変数であり、ratingはFloat変数です。

elm REPLは、変数の型のコメントをサポートしていません。

変数を宣言する時にデータ型が含まれている場合、次の例はエラーが発生します。

C:\Users\F2er.com\elm>elm repl
---- elm-repl 0.18.0 -----------------------------------------
------------------
:help for help, :exit to exit, more at <https://github.com/elm-lang/elm-repl>
----------------------------------------
----------------------------------------
> message:String
-- SYNTAX PROBLEM -------------------------------------------- repl-temp-000.elm
	 
A single colon is for type annotations. Maybe you want :: instead? Or maybe you
are defining a type annotation, but there is whitespace before it?
 
3| message:String
^
 
Maybe <http://elm-lang.org/docs/syntax> can help you figure it out.

elm REPLを使用する場合、改行記号を挿入するには、\を使用します。

入力方法は次のとなります。

C:\Users\F2er.com\elm>elm repl
---- elm-repl 0.18.0 --------------------------------------
---------------------
:help for help, :exit to exit, more at <https://github.com/elm-lang/elm-repl>
------------------------------------------
--------------------------------------
> company \ -- firstLine
| = "ceodata.com" -- secondLine
"ceodata.com" : String

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です