27 September, 2020

ダイナミックディスクとは何ですか? 設定方法は?

ホストからハードディスクを取り外して別のホストに取り付けると、ハードディスクがダイナミックディスクであることが示されます。ディスク上のデータにアクセスするにはどうすればよいですか?

ハードディスクには通常普通のパーティションするだけで、ダイナミックディスクはめったに使用されません。ダイナミックディスクの意味は何ですか?

ダイナミックディスク(Dynamic Disk)はディスクのパーティション管理の方法です。通常のディスクパーティションでは使用できない機能を提供します。物理ディスク上にパーティションされた複数のスペースにまたがる単一のディスプレ空間にするか、または ミラーディスクやRAID-5などのディスクアレイを作成し、ディスクをフォールトトレラント能力を備えさせます。 これにより、ディスクアクセスのパフォーマンスが向上したり、データバックアップやその他の機能が提供されます。

2つのハードディスクを1つに設定できるダイナミックディスクも良いようですが、一般的には、ダイナミックディスク(に分割する人はほとんどいません。その理由は、言及しませんが、ディスクのパーティション分割は基本的には普通パーティション分割は主流です。

ダイナミックディスクとそのパーティションを設定する

ダイナミックディスク設定は、ディスク管理のオプションにあります。 [PC]を右クリックし、右クリックメニューの[管理]をクリックして、「コンピュータの管理」に入ります。左下にある「記憶域」に「ディスクの管理」があります。 ほかに、Win+Rキーを押して、「ファイル名を指定して実行」にcompmgmt.mscと直接入力して、「コンピューターの管理」設定ウィンドウをすぐに開くことができます。

[ディスクの管理]アイテムで、最初に物理ディスクをクリックし、次に右クリックしてメニューを開きます。ダイナミックディスクに変換するオプションがあります。 ディスクが既にパーティションされている場合、システムはそのパーティションをボリュームとして直接設定します。パーティションが作成されていないディスクの場合は、そのディスクにダイナミックパーティションが作成できます。 ダイナミックディスクは元のブートセクターを破壊します。変換するディスクに2つ以上のオペレーティングシステムが含まれている場合、ダイナミックディスクに変換した後、そのオペレーティングシステムを起動することはできません。 一部のディスク接続方法では、ダイナミックディスク変換ができません。たとえば、USBまたはIEEE 1394を介して接続されたディスクは、ダイナミックディスクに変換できません。

ダイナミックパーティショニングは普通のパーティショニングとは異なります。後者はディスクをメインボリュームまたは拡張ボリューム、論理ボリュームなどに分割するもので、前者は機能に応じてシンプル、スパン、ストライプ、ミラーリング、 RAID-5などの5つのパーティションに分割されます。最後の2つはサーバーバージョンのWindowsオペレーティングシステムでのみ作成できるため、Windows XPのダイナミックパーティション設定にはこれらの2つの設定はありません。

上記の2つはサーバーバージョンでのみ使用可能なダイナミックパーティションに加えて、シンプル、スパン、ストライプの3つのボリュウームもあります。 シンプルボリュウームは、特別な機能なしで最も基本的なディスクパーティションのみを提供します。スパンボリュウームは、複数のダイナミックディスクパーティションを単一のディスクスロットに結合でき、最大32のダイナミックパーティションを1つのディスクスロットに結合できます。 ストライプボリュウームはRAID-0に似ています。ファイルを分割し、ディスクファイル転送を高速化するために異なる物理ディスクに保存されます。 このうち、スパンストライプとストライプボリュウームの設定には、2つ以上の物理ディスクが必要です。

使用中のベーシックディスクをダイナミックディスクに変換することはできますが、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換すると、ディスク上のすべてのデータが失われます。 ダイナミックディスクからベーシックディスクに変換するには、変換前にディスク上のすべてのパーティションを削除する必要があります。パーティションを削除すると、ディスク上のすべてのデータが消えます。

Windowsシステムにダイナミックディスクをインポートする。

ダイナミックディスクを別のWindowsオペレーティングシステムに転送する場合、まず外部ディスクにインポートする必要があります。 外部ディスクにインポートする手順:最初に[ディスクの管理]を開き、物理ディスクを右クリックして[外部ディスクにインポート]をクリックし、インポートするディスクを再度確認します。 外付けディスクにインポート機能は、ダイナミックディスクの変換時にディスクの接続方法が限ると異なり、USB外付けディスクを使用しても、通常通りダイナミックディスクをインポートやアクセスが可能です。

ダイナミックディスクを別のコンピューターのWindowsシステムに移動すると、アクセスできなくなる場合があります。 また、ディスク管理設定では、ディスクが外部ダイナミックディスクであることが表示されます。 ダイナミックディスクのデータにアクセスする前に、外部ディスクにインポートする必要があります。

Windows XP Home バージョンなどの一部の古いオペレーティングシステムはダイナミックディスクをサポートしていないため、ダイナミックディスク管理機能はありません。ダイナミックディスクをWindows XP Home バージョンに接続すると、ディスク管理に外付けディスクにインポートする機能がありません。 Windows XPのホームバージョンでこのディスクを使用する場合は、ベーシックディスクに変換するしかありません。

記事の冒頭の質問に戻り、ダイナミックディスクのデータを保存するにはどうすればよいですか?

解決策は、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換することです。どうすればよいのですか?

私のやり方は:

1.新しい2 TBハードディスクを取り付けます。(またはモバイルハードディスクもいいです)。
2.古いハードディスクの2TBのデータを新しいハードドライブに手動でバックアップします。
3.古い2TBハードディスクをベーシックディスクに分割します(この操作により、古いハードディスクのデータがすべて消去されます。)4.新しい2TBハードドライブから古い2TBハードドライブにデータを転送します。

上記の方法は手間がかかります。別のハードドライブを準備し、2 TBのデータをコピーするのに数時間も費やしますが、この方法が最も安全な方法です。

2TBのデータを確保することが一番大事です。過去の経験によれば、ハードディスクに重要なデータがある場合、操作が急がず、最も安全な方法を使用するのは一番良いです。

他の人の操作は一見簡単に見えますが。いざ自分で操作して、間違えてデータが消えてしまった場合は大変なことになります。

結論:

ハードディスクの操作については、スピードを求めずに、時間がかかっても、最も安全な方法を選んでください。

後述:

お客様の古い2 TBハードディスクを2つのパーディションに分かれています。

一つ目のパーティションが使用済み741G→実際のコピーは440Gのみ。

2番目のスロットは558Gが使用済み→実際のコピーはわずか4.5Gです隠しファイルとシステムファイルを表示しましたが、実際のコピーは上記のようです。ハードディスクは故障していませんが、コピーの容量と「使用済み」の表示には実際の違いがあり、その差が非常に大きくなっています。どうすればよいですか?

プランA:
COPYの量に関係なく、古い2TBハードディスクを再度パーディションします。

プランB:
別の1TBまたは2TBハードディスクを購入し、Dドライブとして取り付けた後、元の古い2TBハードディスクをパーティションしません。

元の情報が非常に重要な場合は、プランBを選択することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です